« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

ドキュメント…あの人に会いたい

「雨止んで人、傘を忘る。とかく人間は時の流れに過ぎし日のことを忘れがちなものです」とその昔ドキュメント番組で口上していた。

歳をとればとるほどなつかしい人に会いたくなるもの。

先だって娘のコンサートの帰りに親父を連れて築地に夜飯を食べに行った時の話し。

もんぜき通りを歩いていると小さな看板…その看板にするどく反応する親父。

「庄ちゃんの店がまだあるよ!」

日本料理の料理人だった親父は小僧の頃から築地にはお世話になっていた。

結婚してからも続けていた横浜伊勢佐木町の店にも品物を届けてくださったのがこの“庄ちゃん”であるらしい。

言ってもね…50年も前の話ですよ。

ぶっちゃけ話半分だったわけ…聞く方とすればさ。

ところがその庄ちゃんのお店に電話しちゃったりしてるわけ(3度電話して通じなかったらしい)

わかった…そこまで本気ならおいらが桂小金治になってやろうじゃないか。

奥とディズニーシーに向かう途中、朝食を築地でとってから出かけようとなった。

朝食をすませ7時半頃だったかな…その庄ちゃんのお店をたずねてみた。

市場のなか…どこがどこの店なんだか…探してたら「なんかお探し?」お兄さんが声をかけてきた。

『はい、○○さんってお店を…』答えれば「それならそこだよ」教えてくれた。

お店にはひとりのご老人がお片付け中。

『大変申し訳ないです。買い物じゃないのですが…うちのおじいちゃんが昔こちらのお店にたいへんお世話になったらしいんです。先日外の看板を見て興奮しちゃってどうしても元気であられるのか気になって電話もさせてもらったらしいんですが…もう50年も前の話なんですが…』ここまで一気。

Dsc01414 すればこのおじいちゃん「お名前は?」

『ホッシーと言います』

言ったとたん「あぁ~横浜の」

この瞬間おいら一気にこみ上げてきた。

『そうです。そうです。』

50年前の話が生き返った。

82歳の親父と79歳の庄ちゃんの点と点がつながった。

写真撮ってもいいですか…おじいちゃんに見せてあげたいんでとパチリ。

すぐに親父に電話…庄ちゃんは元気だったよ…こないだの50年前の記憶は本物だったよって。

家に戻りこの写真を見せてあげればもう泣いちゃって「うれしいねぇ~」

こないだ7時半頃片づけをしてたから今電話してみな…させてみれば

50年の歳月が吹き飛んだような語り口。

「こないだ息子さんが来てくれてね、すぐにご馳走でもしてあげようと追いかけたんだけど見つけられなくて申し訳なかった」って言ってくれたらしい。

親父の笑ってるような半分泣いてるような顔を見て、桂小金治のおいらも目頭が熱くなった。

来月の5日、会いに行くんだって。

50年前に戻って語り合うんだろうか。

良かったね…じいちゃん。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんとなく釈然としないこと

ディズニーシーにいましてね…行列したりしてわりとボォ~っとしてる時間が長くてね…スマホを見て時間をつぶしてたりしてたわけですよ。

誰々に新恋人ができたとかさ、誰々と誰々が離婚したとかさ、誰々ができちゃった婚するとかさ…ぶっちゃけそんなのどうだっていいわけ。

だけれどもあんまりヒマなんでスマホニュースを見ちゃったりしてたらさ…「あれれ?」

時間的に変じゃんってことが見つかっちゃったんで、ついつい気を惹かれちゃいました。

長谷川理恵って姉さんね。

モデルさんでしょ…きれいな…かつて石田純一と恋仲(いまどき恋仲言うか?)だった人。

これが石田と別れてから神田正輝とお付き合いを始めた(おっさん殺しか)

この神田と別れたのが今年2月。

だのにさ…新しい恋人とできちゃった婚をするとか。

出産予定日が今年の11月。

赤ちゃんって何ヶ月お腹にいんの?

しかもさ、その結婚相手の男がやはり同じように2月に離婚したばっかりだそうじゃん。

いや…やらしいよ…そんなこと計算してるおいらも。

だけどもなんだか…何だかだよなぁ。

そのおめでたい(のか?)話をかつての恋人の石田純一にコメントを求めた。

アホか…マスコミ。

石田はもう違う相手と結婚してるじゃねえか…しかも奥さんが妊娠してんだべえよ。

デリカシーがないよなぁ。

少子化少子化と騒がれてる世の中だからさ…誰の子でもいいから元気な子を産んでよ。


総理大臣の野田さんさ。

消費税増税を成就させるため掟破りの党割を行おうとしている。

同じ党の小沢一郎よりも野党である自民党の谷垣の言いなりになろうとしている。

あのさ…ぶっちゃけるけどさ、好き嫌いはあるにしても民主党に政権もたらしたのは小沢一郎でしょ?

だったらさ。

自分たち(野田とか前原とか枝野とか藤井とか)が党を出て自民党に入党するべきでしょ?

それで好きなようにやりなよ。

今のまんまじゃまったく区別がつかなくて選挙があったってどこに入れていいのかわかんねえよ。

でさ、選挙の時には消費税の値上げに賛成した人なのか反対した人なのかはっきり提示して臨んでいただきたい。

白黒は国民がつけるわ。

それにしても小沢一郎は運のない人だなぁ。


もういっこ。

例の芸人の生活保護の話し。

またひとり出てきたな。

生活保護を受けてる母親にマンションを買ってあげて、月々40万円以上のローンを払ってるからこれ以上の金は出せない…だから税金から母親に金を出して。

だってさ。

よく言うわ。

んでもってこの梶原さんだっけ?

息子が3人もいらっしゃるんだとか。

なにもそんなかの一人が代表して母を養えって話じゃなかんべ?

3人チカラを合わせて面倒見りゃあいいんじゃねえの?

受給してるのが表に出たから今後の受給は見送る…先だっての河本もそうだけど生活に困ってるから受けるべき生活保護を、バレたからってどうしてやめられるんだ?

今日からの生活はどうなされるのか。

本当は必要なかったってこと認めてちゃってるってこと?


なんてことをさ“夢が叶う場所”にて考えてたですよ。

アホですな…おいらがいちばん。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生会

今日はおいらのお誕生会

主催は奥。

参加者も奥。

つまりは奥とふたりでのお出かけ。

よく言われるデートっつーやつだな。

会場はディズニーシー。

昨年まったく楽しめなかったリベンジだ。

なんもない平日の火曜日。

さすがにすいてんべ~~思ったんだけど、天気予報では「本日ひょうが降るところも!」ってな風雲ただよっちゃってるし、昨日起こった事故によりレイジングスピリッツは運休しちゃうし、大好きなセンター・オブ・ジ・アースはシス調で運転見合わせ中。

どうにもうまくいかんのでさっきタートルトークに行きクラッシュに『人生ままならないんですけど』と愚痴をこぼそうかと手を挙げたんだけど妖気でも出ているのか当ててくれなかったわん(笑)

現在インディージョーンズをスタンバイで並び中。

ファストパスをもらいに来たんだけど、タワー・オブ・テラーのをもらってからまだ2時間たってないらしく発券機に拒否られたんでやむなくスタンバイ。

こうしてるあいだにもセンター・オブ・ジ・アースが動き出し全てが後手後手に回っております。

さっきから愚痴ばっかり綴ってますが、実はそんなにくら~くなってるはずもなく、朝早くから仕事をしてる柴田さんやモリックさんに比べれば天と地ほどの差で幸せを噛みしめている次第です。

あ~ぁ、朝寄ってきた築地の寿司はうまかった~♪

お昼には目の前にヴェネツィアンゴンドラが流れるイタリアンに寄りましてレジェンド・オブ・ミシカを鑑賞したあとホテルにチェックインし2時間ほどお昼寝したのち再びシーで遊ぶ算段です。

おいらってば幸せですわね~

まあ、たまにはいいよね。

たまには?

ま、いっか。

お仕事中のみなさん、ごめんなさいね…こんなブログで。

やんなっちゃった?

き き き き(o^m^o)

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

痛切な想ひ

「こないだのホッシーさんのブログに名前を載せてあげてほしかったですよ…」

横光さんが朝からそんなことゆうから、仕事前だというのにおいらの目は赤く濡れた。

うちの会社はこの営業所だけでも200人近い従業員がいる。

ともなれば、誰々の父上が母君が亡くなられましたと掲示されることもしばしばある。

だが今回のはいけない。

年齢のその若さに絶句した。

Aさんの奥様が亡くなられた記されていた。

若い人の死ほど辛いものはない…Aさんはおいらよりも10才は若い…当然その奥様も然りだ。

横光さんと住職の話しを聞けば会社行事のキャンプやバーベキューに参加した折のお二人はとても仲むつまじく奥様はいつもAさんの傍らに寄り添っていたという。

そんな姿を見るにつけ上の言葉となったわけだ。

昨夜お通夜に参列した横光さんはこうも言っていた。

眠る奥様のお顔を見ていたら帽子をかぶって笑顔であったあの時のお顔そのままであったと。

Aさんは穏やかで心優しい。

いつも笑顔と印象の残る人。

その反面、妻が長く苦しい闘病生活にありながらもそれをおくびにも見せることなく奥様の最期のその日まで仕事をされていた強い人。

だからね、奥様もあとのことを心配することなく心安らかに旅立たれていかれたんじゃないだろうか。

そして、横光さんと住職が気にかけていたのがまだまだ母親の愛情を必要とする残されたお子さん二人。

昨夜も人目をはばかることなく悲しみにくれていたと。

でも大丈夫。

今は悲しきお別れだけど、周りもうらやむ仲のいいお父さんお母さんだもの…また生まれかわっても二人は出逢い結ばれる。

そしてもちろん君たちも誕生する。

お母さんの子供として再びお母さんに会えるよ。

悲しむ子供は見ててつらい…たとえ慰めにならなくたって、そんな言葉でも掛けてあげたい。

運命(さだめ)にて

たとえ別れがきようとも

母の想いは永遠(とわ)に残るよ

深く深く 強く強く

御冥福を祈らずにいられない…合掌。

追記 仲良きことは美しき哉

仲が良ければ良いほどやがてくる別れも辛くなる。

自分は耐えられるかな

しかしそれでも尚、仲の良いほうがいいに決まっている。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無駄遣い

「母親が今年の4月まで生活保護を受給していた」会見で話してた。

4月?

今年の4月って…

先月じゃねえか!

ついこないだじゃねえか!

まどろっこしい言い方してないで、最初っから先月までと言えよ。

不正受給じゃないって言うけどさ…ならば何で今さら返納するなんて言うわけ?

その母親…「息子は悪くない。国民の皆さんは誤解している」と言い放ったとか。

もういいよ…河本なんて…つまんねえ芸人なんだから遅かれ早かれ消えるべよ。

人を笑わす職業なやつが、あれだけ神妙な顔をして国民に頭を下げたんだ…もう奴を見て笑えねえよ。

それよりさ。

その母親の発言だよ…生活保護を受けて何が悪い!って感じ。

噂に聞いたところによると河本のお姉さんもおばさんも生活保護受給者って言うじゃん。

家族親族ぐるみ?それが事実なら由々しき事態だ。

おいらもさ、強烈な貧乏生活したよ。

電気代も払えなくって真っ暗な部屋で過ごしたりもした。

だけどもさ、生活保護なんてことまったく頭によぎらなかった。

こんなこと言っちゃいけないけど生活保護を受けるなんて恥ずかしいことだと思ってたもんよ。

借金まみれで苦しんでる人間の下が生活保護受給者って考えだったからな。

いろんな事情でやむなくって人も確かにいるだろうよ?

だけどもさ、それだって人様の税金からまわってきたお金…もらって当たり前と思っちゃいかんだろ。

その金持ってパチンコ行くなんざもっての外!

いんの?そんな人。

昔、中臣さんが言ってたよ。

「お金を貯めるには稼ぐことが大事なんじゃない。使わないことが大事。」

その通り。

日本はいま借金大国で厳しい状況の国民にも更なる増税を強いる方向に話がいっている。

しかしさ、ないから集めよう…ならアホでも考える。

ないなら使わない…ってことこそ暇な政治家連中の考えるところだろうよ。

無駄な税金を遣わないってことが大事だなんてさ、小学校の低学年だってわかるべよ。

収入が増えたって出費が減らなきゃ借金は減らねえんだよ。

誰か教えてやってくれよ…消費税増税に政治生命を懸けるとか言っちゃってるあのどじょう男に!

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京スカイツリーに行ってみたよ

どうしよ…ひとりで…大混雑のスカイツリーに行くのか。

半分帰りてえなぁ~思ってたところを背中を押された感じ。

なんとなぁく出かけてみました。

行ってわかるの?

人がすごくて大変なんじゃないの?

マスコミが煽るからね…行かず嫌い(こんな言葉ないか?)となってる人の参考になればと何の下調べもせずに行ってみました。

まずはスマホで今いるお台場から押上までの道のりを調べる。

東海道線新橋駅から行くとすれば地下鉄都営浅草線に乗って15分くらい…乗り換えはないよ。

押上の駅からは地下からスカイツリータウンまで雨知らずで行かれる…看板出てるんで迷うこともないでしょう。

エスカレーターをひとつ乗れば左側がもうソラマチ。

Dsc05979

右側に折れれば押上の駅前に出られます。

工事中何度か駅前には訪れてるけど、こんな風になっちゃったんだね~驚いた!

おいらは基本スカイツリーの夜景を撮りたいと思い出かけたのでソラマチは二の次…まずはスカイツリーがきれいに見れるところを探すため外に出ました。

Dsc05987

あ~ぁ…ここだけは工事中の時のまんまだ。

スカイツリーを訪れる観光客を見込んでるようだけど…う~ん。

ここまで出てくるかなぁ…ってか、集客するだけの魅力があるのかなぁ。

めぐから夜7時からの点灯だってとメールが入る…ならばここで待つか…と選んだのが工事中からフォトスポットとなっていた橋。

Dsc06005

紙を敷いて座ってるとヘリコプターが…マスコミかな?

一瞬だけスカイツリーの真上を飛んだんで激写!

Dsc06017

7時になって上から順に点灯。

わぁ~~っと歓声があがる。

ここにいて良かった~♪

なかなかの感動だった…が、ここだと逆側なイメージだ。

本日のカラー“雅色”もちょっとしか見えないじゃん。

ってことで場所移動。

Dsc06033

「正面を、正面を、と歩き回ってたら東武鉄道のスカイツリー駅に到着。

とりあえず…記念に一枚。

さらに正面から見える場所を求めて歩きはじめる…向島ってとこか。

1時間くらい歩き回ったかな…これ以上離れると帰るのが嫌になると戻る。

Dsc06059

そしたらばここに出た。

正面じゃないけれど、ここがいちばん写真写りが良いと思いましたよ。

場所は押上駅のA3出口の前。

それにしてもどこにいても上を見上げる人ばかり。

携帯を掲げてね…何となく映画「ALWAYS三丁目の夕日」を思い出した。

暗い日本の希望の灯りだ。

ソラマチに戻り4Fにあるスカイアリーナに出てみる。

Dsc06093

思い思いに過ごす人々。

マスコミで騒がれるほどの人出じゃない。

の~んびりしてます。

この先がツリーに上がる人の入り口。

お姉さんたちがスカイツリー柄のワンピースを着てお客さんをお出迎え。

その更に先にすみだ水族館などがあります。

最後にスカイツリーの真下に行ってみましょうかね。

ど~~~~~~ん!!!

Dsc06106

大迫力だ。

もうね…自分は明らかにタワーの手前から見上げてるのに展望台は自分の頭よりさらに外側に行っちゃってるような。

倒れ掛かってくるような圧迫感がある。

600メートルってすんごいんだなぁ…実感するわ。

ショッピング街も言われるほど混雑してないし、興味のある方は旬なうちに出かけるといいですよ。

おいらとしてみれば今度はお腹を空かして行ってみたい。

魅力あるお店がいっぱいあるわ。

いやぁ~それにしても人間ってすごい。

これを直接見ると宇宙エレベーターもまんざらホラとも思えなくなるわ。

魅力的…また行きたい!

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

仲良きことは美しき哉

結婚生活を継続させるは、なかなかに難しい。

最近周りを見るにつけシミジミ思う(嫌みじゃないよ)

大嫌いな仕事を終えながらそれでも尚、家に帰りたくなくて会社に留まるなんぞは見てて切なすぎるわなあ…。

おいらいつも言うんだけんどもさ、60億もいる人間の中で結ばれたふたり…奇跡ですわな。

そしてそれだけの人間がいようとも、自分ごときの子供(間違いなく俺の子だよな?)を産んでくれようなんて思うは女房だけだし、自分ごときに汗水たらして働いた報酬をそっくりそのまま(多少疑念もあるが…うまくやってんじゃねえの旦那さんよ)渡してくれるのは亭主しかいないってことな。

大事にせにゃいかん。

かの武者小路実篤先生も仰ってる『馬鹿な者は、独身の間は結婚した時のよろこびを空想し、結婚すると独身の時のよろこびを空想する』

間違っても、もうひとつの人生があったんじゃないだろうか…なんてな幻想を見ないように。

ないです!

あなたの大切な人は、ほれそこ…隣で幸せそうな寝息をたててるその人です。

『今どこにいると思う?』柳川さんからメール。

聞けば、おいらが日々是で紹介しました江ノ島のカフェにいるんだとか。

誰と?

もちろん大好きな奥様ですよ。

この人…口では女房とはケンカばかりしているみたいな事を言うが実は愛妻家。

お子さんが学校に行かれているあいだプチデートを楽しんでおられる。

おいらもビックリするくらいあちこちのお店を訪問されている。

日々是を開いて『なんでこの人は京都ばっかり行ってんのよ!』は、余計なお世話だがおいらの書いてるブログがお二人のあいだで役に立っているのであれば、これ以上に嬉しいことはない。

他にも、休みの日街で見かけると必ず隣りに奥様がいられる松浦さん。

奥様が大好きであられるディズニーリゾートに夫婦ふたりで年に何度も出かけられる小島さん。

本当にほのぼのとした"幸せオーラ"が出てんのよ。

『家庭が円満なら概ねあなたの人生は成功です』ゲーテだっけ?

間違ってないと思うわ。

それとさ…夫婦仲のよい以上の人たちの特徴として奥様が専業主婦でいらっしゃるってところが重要。

不規則な休日をおくられてる我が社の旦那達と付き合うには奥様が自由でいられなければならない。

我が家も上のご夫婦に負けないほど仲は良いが、奥が働きづめに働いているというところがネック。

だからね…

これもまた仲良しである友人と今日はお台場に行ってきます。

ひじょ~にまわりくどい言い方をしたが、つまりはそれを言いたかっただけ(笑)

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

最低なオンナだな(怒

Wakuif 西武ライオンズの湧井投手がひどい目に遇っている。

自業自得と言うなかれ。

脇が甘いと言うなかれ。

おいらは湧井の相手した女を最低な奴だと思うわ。

西武ライオンズもこんなことで無期限登録抹消っておかしくね?

こりゃ…スキャンダルを嫌う西武グループだけにスキャンダルまったくオッケーの横浜ベイスターズに“移籍”もあり得るな。

しょうがない…湧井も横浜高校出身だし、うちで引き受けることにすっか。

それにしても湧井…おまえは石井琢朗か!

オンナの話題が多すぎる。

もうちょっと上手に遊べ。

さてさて…湧井の話はいい。

許せないのがこのバカオンナ…そしてこのバカオンナの交際相手だと自称するバカ男。

Wakuin ←なにこの写真?

事がすんで疲れきって寝てしまった湧井とツーショット。

なんでこんな写真撮る?

この女、にやついてる?

最初っから売るつもりだったって…そうゆうことだよな。

こんな写真を買うフライデーも最低だけどさ。

この女の交際相手はこの写真を持ってまず西武球団を脅したのかな?

「おたくの選手が俺の女を寝取ったんだ」と。

みっともない…男としての体裁ってもんがないのかね。

「おれ、寝取られちゃったんですけど」いちいち報告すんな!

んで、西武が相手にしないとわかったとたん写真誌に売り込んだか。

この女が福岡は中洲の高級クラブのホステスだってよ。

笑わせるわ。

古くは時の総理大臣であった宇野宗佑。

神楽坂の芸者の三本の指をつかみ「俺の女になればこれだけ用意する」と言ったとか。

芸者は300万円、宇野は30万円のつもりだった…これがこじれて芸者が暴露した。

O0240031611268567493 最近でも、かの後藤田正晴氏の血を受け継ぐ放蕩政治家後藤田正純が銀座の高級クラブのホステスに手を出し、マスコミに売られてる。

いや…男のやってることを肯定してるわけじゃない。

じゃないけれど…これが一般の女であるのならばいざ知らず、金で時間を売っている女たちがそんな恥ずかしいことするのかね。

プロとしてのプライドってもんはないんですか?

少々の金に目をくらましてかっこ悪いことすんじゃないよ。

もっと生き方に誇りを持ってくんなよ。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

東京スカイツリーの開業日

金環日食で大騒ぎだった翌日の今日は朝から東京スカイツリー一色。

P1090689 思えば…東京スカイツリーの存在をおいらに教えてくれたのが当時仙台に住まわれてたもんちゃんだった(笑

あの時は200メートルちょっとだったね?

おいらもスカイツリー開業日の今日のチケットをネットで申し込んだ。

もちろん…外れたからこうして憂さ晴らしにブログを書いてるわけだ。

そのチケットの倍率…355倍だとか。

ただ残念ながらこの天気。

果たして今日スカイツリーに登ってる人はついてるんだろうか?

外れたおいらは?

むしろついてたんじゃねえか?(笑

このチケットは7月10日までは完全予約制。

予約が取れれば確実に上がれるわけだけど、今日のように天気の悪い日だって行かなきゃいけない。

キャンセルはできないよ。

クレジットカードでの前払いだから…しっかりしてるわTOBU鉄道め。

さてテレビでは、

チケット抽選に外れた方でも7月10日までのあいだに昇れる手があるよと裏技を教えている。

裏技って言えるのか?

フロア345にあるレストラン634で食事をする。

このレストランの食事がランチで4200円から。

4200円のランチにサービス料が入って4620円か。

これにチケット代が2000円…併せて6620円がいちばん安いランチとなるな。

それから旅行会社が提供してるスカイツリーツアー。

一般の人間には355倍のくじ運を必要とさせておきながら旅行会社には枠を設けてるのか。

大相撲の世界と同じだな。

この東武トラベルが出してるツアーがスカイツリーを楽しんだあとに鬼怒川温泉で一泊させるんだとか。

東武といえば鬼怒川だけどもさ…ちょっとひどくねえか?

もうちょっと近場ですませられないもんだろうか。

地元の人が言ってたな…家からすぐそばにスカイツリーがあるのに鬼怒川で一泊しなきゃならない…ってさ。

まあそれも旅行だと思えばいいべよ。

表舞台をずっと歩いてきた西武鉄道にくらべるとちょっと地味な感じだった東武鉄道だがこれで一気に大逆転だな(笑


おいらは6月初旬に会社の仲間でちょこっと見に行くつもりだったのを、これだけ見どころが多いと言われれば一日そこで過ごすのもいいかなと思えてきた。

水族館やプラネタリウムも行っちゃう?住職。

夕飯も赤坂のお店と決めていたんだけどスカイレストランにどうしても行ってみたいお店が見つかった…予約必携らしいけど。

タワーにこそ上がれないが、ちょっとドキドキしてきた(笑

ともあれ…明るい話題が嬉しいね。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひとりぼっち

金環日食一色の一日だったなぁ。

神奈川県では見れたの?

おいらは見れなかった。

見なかったじゃない…見えなかったじゃないよ。

見れなかった。

日食は見れなかったおいらだけれども、不思議なものが見れた。

おいらはボウリング場にいる。

一投目を投げ終わり二投目を投じようかというところらしい。

らしいって他人事みたいだけどもね、それもそのはず。

まったく筋書きのない夢だから。

これがね…厳しい状況。

6番ピン、7番ピン、10番ピンが残るスプリット。

確実に6、10番を取るのか…6番に薄くいれて7番も取るのか…考えどころだ。

おいらは勝負に出た…6番の右端に薄く入れて10番も取り、6番を飛ばして7番も倒す。

いつもより遅いボールでコースを狙う。

ボールは上で説明した通り6番の右側をかするように当たり10番をも倒す。

ゆっくり倒れた6番ピンが吸い込まれるように7番ピンに向かう…こつん。

当たった…7番もゆっくりと倒れる。

スプリットメイクだ…奇跡だ。

「よしっ!」ガッツポーズを決め後ろを振り返る…仲間たちとハイタッチだ!

の、はずが…誰もいない。

そうか…おいらはひとりでボウリングをしてたのか。

夢の中までひとりぼっちかよ。

寂しいじゃねえか。

この夢が予兆だったのかな。

スマホのメール…ここ数日、相手先がいつもの名前ではなくメアドになってる。

「なんでだろ?」とは思ってたが深く気にしない。

今日になって原因をつきとめた。

それは意外なほど簡単な理由だった。

アドレス帳を完全に消去してあった…なんでやねん!

電話の着歴もなくなってる。

メールの着歴だけは残っていて、メールの内容からこれが誰々のようだと見きわめ登録した。

う~ん…なんだかひとりぼっち感が増すわ。

明日はスカイツリーのオープンか…関係ないけど。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛しの座敷わらし

我が家は今、ちょっとした読書ブーム。

じいちゃんは昔から本ばかり読んでるような人。

そして娘も暇さえあれば活字を追ってる。

おいらも読む本にだいぶ偏りがあるのだが、常に本を持ってないと気がすまない。

んで、ここへきての奥の本あさり…どうしたんだべか…寝ることも忘れて本に没頭してたりする。

そんなわけで奥と出かけると、ひょいと本屋さんを覗くってなことが当たり前となった。

おいらは元々待ち合わせ場所に本屋を選ぶことが多い。

もし相手が遅れてきても、本さえあればそれも気にならない。

新しい本を開くときはドキドキする…新しい出会いにね。

文章ってさ、相性があるんだよね。

上手下手よりも相性…好きな文章だと中に入り込める。

小説の裏表紙にある内容の説明よりも軽くペラペラとめくって『あ、この本好きになれそう』思うわけ。

だからおいらの読む本はかなり偏っている。

今回読ませてもらった荻原浩さんの「愛しの座敷わらし」

映画になってることも知らなくて、でも手に持った感じがよろしくて購入とあいなった。

本屋さんの「この本イチオシです」的な置き方にも弱いんだけどね(笑

座敷童子の話は以前旅した遠野で語べさんから聴いたことがある。

その家を盛り立ててくれるって伝説の一方で、悲しい口べらしの話も聞いた。

さてこの小説はどちらに重きをおくかな?

タイトルに“愛しの”とあるから、暗い話にはなりそうもないな。

そんなイメージでページを開く。

内容はいつものように語らないけれども、荻原浩さんってのはとても表現のしかたが上手い。

例え…が、ちょっとわざとらしくて鼻につくところもあるけど総じて文章も上手い(あたりまえか)。

ユーモアたっぷりでありながら、我が身におきかえて痛烈に考えさせられるところもある。

誰に感情移入するかで受け方は変わるのだろうけど、家族それぞれに自然な物語が用意されていて読んでて飽きない。

特においらはバァバの座敷わらしと家族への表現の仕方が好きだったな。

なるほど…これは映画にしてみたくなるだろうな。

(映画の)ラストシーンが目に浮かぶようだ。

本のなかのラストシーンはね…最後のひとことさ…文庫本ではたった一行(一言)をめくった最後のページに書かれてるんだけども、これは計算?

だとすれば、見事!

そして、これから読む人はそれこそその一行を先に読んではいけません(笑

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

審判差し違え

大相撲のレフリー…すなわち行司にもランクがある。

花形…立行司木村庄之助まで登りつめるのは大変だ。

立行司は結びの一番だけを取り仕切る。

「この相撲一番にて、千秋楽にございまする~」(千秋楽以外は「本日の打ち止め~」)

一日一番だけを判定するわけだから万が一誤審をするともなれば切腹ものとも言われている。

死ぬ…は、大げさだけれども協会に進退伺を出しその判断を待つことになる。

立行司の懐に小刀をはさんでいるのはやっぱり切腹覚悟で判断してるとの決意の表れだ。

命を懸けて闘ってる二人を判定するわけだから自分も命を懸けるって意味だな。


野球はどうですか?

野球の審判は。

『退場!』えっらそうに…暴言を吐いたと言っては選手や監督に退場命令を出す。

その選手を見るために金を出してるファンだっているわけだ…その場にいるわけだ。

そのファンの想いをも封じてしまうほどの権限を持ってるんだってさ。

だったらば…自分らも判定に命を懸けてくれよな。

今日の横浜ベイスターズ対千葉ロッテマリーンズ。

投げるはロッテのエース成瀬。

打てないベイスターズからすれば1点を奪うのも大変なことだ。

2回の裏ベイの攻撃…先頭のラミレスがレフトポール際に大飛球。

これを3塁審判がファールと判定した…それに対し即座にベイ側からフェアだろと抗議。

4人の審判が協議に入り「ホームラン」と判定を覆すだろうと思った。

だってさ…明らかにホームランだもんよ。

だのに奴らは「ビデオ判定をする」といったん引っ込んだ。

テレビでは何度もボールの行方をスローで流している。

横浜スタジアムのポールは黄色く色づけされており、ボールがポールの前を通りファールグランドに行けば黄色の中に白がはっきりと浮かぶ。

何度も流れるビデオの中にはそれがない…つまりはボールはポールの右側から巻いてスタンドに入ったってことだ。

ビデオを見るまでもない。

ボールが叩きこまれたレフトスタンドのファンの位置…避けているファンは明らかに外野スタンドの人たちで左にフックしている打球がポールの左側を通って突然スライスしてその彼らのところに行かない限り落ちない位置だ。

ビデオ判定には長い時間を要した。

そりゃそうだ…ファールと宣告しちまったものよ…ビデオ見たら入ってる…間違ってましたと言うにはそれなりの理由が必要だ…それを考えているんだと思った。

約10分後「もう少し時間がかかります」と告げ、その数秒後「ファールと判定します」と放送された。

はぁ???

10分間どんなビデオ見てたんだ?

4人の目…8つの目だ。

どんな会話がなされてたんだ?

結局先制点は幻と消え、ベイスターズはまた負けた。

あれがホームランであれば勝てたのか?

勝てたとは言えないけれどもさ…もうちょっと違う展開にはなってたと思うよなぁ。

人はミスをする…間違える。

だからこそ取り入れたビデオ判定でさらに見誤る…ならば、やるなそんな無駄なこと。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

負けてもいいけど愚痴は出る

また負けた。

ベイスターズの試合があればどんな用事も入れないじいちゃん…試合中もテレビの前に鎮座し必死に応援する。

ラミレスがライトフライに打ち取られた瞬間「いいよ負けたって…損するわけじゃない。競輪で負けるんじゃ損しちゃうけどな」と笑いながらテレビを消す。

笑ってるけどさ…即座にテレビを消すとこあたり…やっぱり悔しいんだろう。



今朝も会社で広島ファンの柴田さん。

「もう野球の話はやめて」ってさ。

考えると機嫌が悪くなっちゃって人にあたっちゃうから考えないようにしてるって。

おいらはもう負けることに慣れてしまってるからね、人にあたることはしなくなった。

でも広島はちょっと期待もたすところもあるからね…がっかりすることにもなるでしょう。

でもまあ、4年連続最下位のベイファンからすればちょっとだけ夢が見れるだけうらやましいわな。

まったくあれだ…強いチームのファンは毎年楽しくて、弱いチームのファンは毎度つらい。

それでいいのか?

今日のTVKは“Y6”横浜高校出身の6人の当時のユニフォーム姿を紹介していた。

みんな巧かったんだよ…横浜高校の頃は。

渡辺監督はベイスターズの試合なんか見ることあるのかな?

教え子たちをどう見てるのかな。

「ベイスターズに入って、どうしてこんなにヘタクソになっちまったのかなぁ…」思ってんじゃないだろうか。

昨日の試合…1点を追う7回裏の攻撃…藤田がスリーベース、金城がフォアボールを選んでノーアウト1、3塁。

おいらの理想ではスクイズをし同点としたあと尚一死二塁でイケイケに持ち込む…だったが。

中畑監督は代打に下園を送り、こいつはいつものように簡単に凡打した。

横浜高校であれば…あの回に逆転している…と、思っちゃう。

先日観に行った横浜高校対桐蔭学園の試合。

2点を追いかける横浜高校の攻撃はそりゃあ見事であった。

きちっとした送りバントをして1点を取ったと思えば次の回は内野手を引きつけといてバスターで三遊間…これをサインじゃなくって選手が守備体形を見て自分の判断でしてるようだった。

さらにはスクイズも一二塁間に転がすバントをさせてから三塁ランナーがホームに突っ込む。

素晴らしいですよ…とにかくすべて考えながらやっている。

選手に考えさすことをしてるんだな…渡辺監督は。

だからこそ一流の選手を育てあげてるわけ。

だのに…そうやって育ってきたはずの選手がただ打つ、ただ守る、ただ走る。

ベイスターズというぬるま湯の中で数年間いただけで培ってきたものをすべて台無しにしてしまってる。

もったいないねぇ。

今日のビデオ…石川だって泥くさくボールに飛びついてたじゃんか…プロ野球選手になったらかっこいいとこしか見せちゃいかんのか?



中畑監督も悪い人じゃないけど、どっちかといえば二軍監督にあってねえかな?

若い子と一緒になって泥まみれになって根性論を焚きつける。

そして…一軍は渡辺監督にお願いする。

百歩ゆずって中畑監督、渡辺ヘッドコーチでもいいわ。

それでダメならおいらもあきらめがつくんだけどな。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

戦わざる者食うべからず。

ベンチに座らされた国吉の顔はどうだ。

とても戦うことでお金をもらってる人間の顔じゃなかったぞ。

そりゃそうだろな…そんな顔にもなろうって。

打ち込まれたのであれば悔しい!って顔もできるが、逃げ回っての結果じゃあんな顔にもなる。

夢遊病者みたいだったなあ。

国吉は今シーズン、期待されたのが仇となったか開幕からヨレヨレのピッチングを続けていた。

確かに先日一勝を挙げたが、あれがいっぱいいっぱいの力であろう。

昨シーズン終盤の外連身のなさが消えている。

色気が出ちゃったんだろうなぁ。

残念だ。

試合終了後、即刻の二軍落ちが言い渡されたようだが今シーズンは一年間精神的な修行をし、戦える心を作り上げてもらいたい。

少なくとも…ベンチに下げられたくらいで敵にあんな顔を見せちゃダメだ。

吉村と筒香が上がってからベイスターズの打線もにわかに活気づいてきた。

だけどもだけど、

筒香の3番は荷が重いんじゃなかろうか。

天賦の才で大仕事をやってのけることは確かにあるが、所詮は一軍経験の乏しい若手。

一流どころの投手が出てくれば、そのスピードとキレにまったくついていけてない。

ここは我慢して吉村と二人、6番7番を気楽に打たせてやりたい。

さすればオールスター明け頃には実力で3番打者をもぎ取ろう。

好調な荒波を1番に固定し、2番に長打も打てる梶谷…強行してもゲッツーの確率が低く攻撃の幅が出てくる。

3番中村ノリ、4番ラミレスで得点する。

若手とベテランが混じりあってひじょうにいいバランスのような気がする。

まあ、それはいいとして。

ベイスターズの若手投手は相手が誰であろうと憶することなく堂々立ち向かっていってもらいたい。

給料を比べてみなさいよ!

打たれたって当たり前なんだから。

使った監督が悪い…それでいい。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱ好きやねん

母の日に…。

子供たちから奥へプレゼント。

いつもピーピー言ってる娘もいろいろ工夫して…大金をかけなくったって母が好きなものをよく知ってる…うれしいね、お母さん。

ナルピーは「2千円以内で好きなもの買ってきて」。

いっぱし社会人のユーピーは、おいらと買い物に出かけようとする母に「これで好きなの買ってきて」と2万円を差し出した。

母は「こんなに貰えないよ…じゃあ5千円だけ貰う」しばし押し問答の末、1万円をありがたくいただいた。

おいらは子供たちに「お父さんは日ごろ好き勝手生きてるから誕生日だとか父の日だとかいっさい何もいらないから」と言っている…もちろん奥にもね。

ただしそのぶん、「お母さんだけは大事にしてあげて」と子供たちにお願いしてる。

そりゃそうだ…自分の事より子供の事を考えて生きてる奥だものな。

おいらとは子供に対するスタンスがまるっきり違う。

だから我が家では母の日は毎年にぎやかだ。

その母の日とほぼ時を同じくしてやってくるおいらの誕生日。

ひっそりと…ただひっそりと…例年過ぎてゆく。

そう自分が望んだんだものよ…これでいいのよ。

ところが誕生日の今日…お昼についつい声を出して笑ってしまった。

Dsc_4404 おいらのお弁当。

ここんとこ作らなかったのに今日にかぎって…思ってたらこんな小細工してやがって。

いろんな顔のおにぎりが「おめでとう」の旗を持っている。

そっか…言葉に出さずとも忘れちゃあいなかったわけだ。

思わずほろっと…危うくなっちまうところだったぜ。

Dsc_4410_2 我が家族なんでしょうか。

であれば、さしずめメガネかけてるこれがおいらであるか?

豆しばってキャラクターからとったんだって。

Dsc_4412 ベイスターズの帽子かぶった子もいんの。

なんだろ。

文章が出てこない…言葉にならん。

出てくんのはね…やしきたかじんの歌「やっぱ好きやねん」

早朝から起きてこんなことしてたのか。

自分だって忙しいのに。

これ以上ない記念日となりましたですよ。

やっぱ…この人でよかったんだなぁ…思ったですよ。

はい…のろけですわ…いい歳してアホですか?



仕事から帰ってきて、娘も「出席カード書くときに日付見て『はっ!』としたよ」

そか…おまえも一応思い出してくれたのね(笑

やっぱ好きやねん♪

お誕生日祝いにワンクリックを⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (3) | トラックバック (1)

南房総へ小旅行~3~

Dsc01295_2 プチ山登りで汗かいた身体をさっぱりと。

には、やっぱりお風呂。

ここは安房自然村薬師温泉

琥珀色したやわらかな温泉です。

お風呂はせまいけど、休憩室は広い(笑

逆のがいいだろ。

そうそう…ここで爆笑劇。

Dsc01287 ローズが髪を洗って流し始めた後ろから、モリックさんと岩下さんがシャンプーをプシュプシュっと掛けている(良い子はマネしないでね)

洗い流そうと一生懸命髪の毛を流してるローズだが一向に泡が消えない。

どころか…増えてる。

ここのお風呂は泡切れが悪い…ってか。

いやぁ~岩下さんのいたずら小僧のような顔が何とも言えませんわ。

Dsc01300 風呂上りには予定通り木村ピーナッツ店。

昨年暮れにはいられなかったお母さんが今回は店番。

よ~くおしゃべりされますなぁ。

試食もいっぱいさせてくれたけど。

ソフトクリームはやはり美味しい。

これ以上ないくらいのなめらかさ。

ピーナッツの香りと香ばしさ。

見事なくらいの配合です。

近くならば毎日でもいいわ。

Dsc05831 おみやげもいっぱい購入しましていよいよ帰途。

高速を飛ばして17時20分発のフェリーにぎりぎり間に合った。

このフェリーが旅気分を盛り上げてくれて大好評。

少し割高になるけれども行き帰りアクアラインを使うよりも楽しい。

Dsc05838料金もシンタローの持ってるJAFカードで10㌫引き。

乗船料だけであれば630円…たとえばこの間を電車に乗ったとすれば3時間2650円。

フェリーの圧勝ですわな。

写真は金谷港を出たところ。

後ろはお昼に登った鋸山一帯だ。

Dsc05843で?

このふたりは何してんの?

あれでしょ…あまりにベタなやつ。

船に乗るとすぐやりたがるやつ…タイタニックのジャックとローズのまね。

そこで付いたニックネームがローズ青木。

心なしか髪の毛がきれいだわ…じっくりシャンプーした人みたいだ。

Dsc05850外でのんびり景色を眺めていたかったんだけどね。

なにせ風が強い。

コーヒーを買って客室に。

35分の短い船旅だけど、ずっと運転をしてきたおいらにはいい休息。

それに楽しい♪

久里浜に到着後は横横を使って鎌倉へ。

Dsc01307 中井貴一が紹介してたつけ麺屋さんで夕食。

カレーが服に飛んじゃいけないよと紙エプロン。

ローズ~エプロンする時は裸にエプロンだろ~~!

ここもモリックさんの食べないぶんまでがっつり食べて終了。

そうやってその体を維持してんのね。

あとは平塚に戻るだけ。

今日は楽しかったね~これもローズが参加してくれたおかげ。

人数が埋まったってだけじゃなく、君のおかげでめっちゃくちゃ楽しかったです。

「ねえ、今日は楽しかった?また参加する?」モリックさんが何度もローズに質問していたのは、モリックさんもやっぱり君が気に入ったからだよ。

ぜひぜひまた一緒に遊ぼうね。

モリックさんも長井さんも岩下さんもシンタローも一日オツカレサマでした。

仕事は嫌いだけど、良い人たちに巡り会えておいらはとても幸せです。

≪終≫

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南房総へ小旅行~2~

「腰にコルセット巻いてきてよかったよ~これしてきてなかったら間違いなく腰やっちゃったわ」モリックさんの泣き言なんか知ったこっちゃない。

行くもんは行く。

Dsc05769 地獄めぐりの途中で左に折れる。

百尺観音です。

交通安全の守り本尊だそうですが…これを彫ったってのがすごいわなぁ。

プチ登山にとにかく「聞いてないよ~」のメンバーも、さすがに「これはすごいわ」と携帯を向けていました。

再び元の道に戻り地獄めぐりをめざす。

かなり急登な階段を登って行く。

Dsc05781登りきって一息…自動販売機は…ないね。

売れると思うんだけどなぁ…商売っ気ないわ。

地獄めぐりでもお約束の記念撮影。

しかし、百尺観音もそうだけれどもさ物が大きいから人が小さすぎて顔もわからんわ。

わずかに腹でローズが識別できるくらいか。

高所恐怖症の方にはさすがに厳しいだろうけどね…突端に立ってみると意外に怖くない。

Dsc05779

景色は素晴らしい。

東京湾フェリーがこちらに向かってくる。

久里浜と金谷を35分で結んでいる…そう、近いんだよなぁ…こう見ると神奈川県も。

Dsc05775 それと鋸山一帯の緑が新緑できれいだった。

緑の中を走る富津館山道路がいいアクセント。

この道路を走ってる時に岩下さんが日本じゃないみたいと言っていた。

この道路を走ってる時もモリックさんはローズ青木をいじくり倒していた(笑

あとは日本一といわれる日本寺の大仏を見るだけ。

いったん西門に戻り有料道路を下り、無料道路を上がって東門へと向かう。

手間だがこの方が歩く時間が短くなってラクだとあったから。

Dsc05793 これが石でできた仏像としては日本最大と言われる日本寺の大仏。

高さ31メートル。

鎌倉の大仏が13メートルだからその圧倒的な大きさには驚かされる。

しかし…先日奈良の大仏も見てきたけど、鎌倉の大仏はやっぱりいちばん男前だと思う。

あれ…写真に4人しかいない…ローズがいない…どこ行った?

Dsc05804売店で線香を買ってたようです。

「あ、聖火ランナーが来た」でポーズをとった瞬間。

このあと煙を一生懸命あびてました…特にア・タ・マ。

いつものように御朱印もいただきまして(日本寺の御朱印はものすごく上手)駐車場に戻る。

も、出たのが西門。

西門からわざわざ車で下ってさらに上って東門まで来たってのに、間違えて西門まで歩いちゃった…な~んにもならん。

無駄な往復を済ませ車で館山方面へ向かう。

安房自然村にある日帰り温泉に行くんだ。

Dsc05823_2 そのまえに…

とんねるずの番組にも紹介された「道の駅とみうら」に寄ってみる。

ここは枇杷(びわ)が有名で別名枇杷倶楽部。

びわのソフトクリームが絶品ということなんでみんなでいただく。

びわの実入りのプレミアムだぜ~ワイルドだろ~

Dsc05827これ…枇杷。

じゃ、なかった。

びわ大福(笑

よくできてんでしょ…中は白あんです…びわの香りはするけれど

6個750円…長井さんのおごりで~す。

≪つづく≫

 

たまにはいっこ押してくんなよ⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南房総へ小旅行~1~

年末にうかがった木村ピーナッツ店があまりに印象的で、ぜひともみんなに体験させてあげたい。

そこからこの話は始まった。

どうせ行くなら車の定員人数6名で。

ところが「やっぱり行く」「やっぱり行かない」と振り回され、もうめんどくなっちまったおいらは(他にもいろいろ抱えているため)『メンバーが集まらないため今回は中止です』と連絡しちまった。

ところが締切間近…あれは確か叔母の告別式の日であったなぁ。

モリックさんが「大型新人が参加意思を示してますが!」とメールをくれた。

だったらば!

他の3人も中止を残念がっていたので話を復活させますかとなった。

Dsc05803 これがその人…ローズアオキ。

普段会社ではとてもおとなしいのにTシャツ姿になれば驚異の存在感。

「いやぁ~キャラが立ちますなぁ」口をそろえて驚かされましたですよ。

あ…このTシャツね…長野って書いてあるでしょ…長野って人ではありませんし、長野県出身でもありません。

わざわざ通信販売で買ったらしいが、特に理由はないらしい。

しいて言うのであれば「父親が長野出身だから」

すっかりモリックさんと岩下さんのおもちゃとなっておりました。

朝6時40分にモリックさん宅に集合…おいらの車に乗りまして会社の駐車場に7時ちょうど。

長井さんも合流しまして東名からアクアラインを目指しました。

Dsc05708 目だった渋滞もなく予定通り8時20分アクアライン海ほたるへ。

トイレが大好きな岩下さん…そのトイレもシャレてんのね。

目の前が海。

そしてディズニーランド方面の景色。

トイレ横のゲームセンター前には数えきれないガチャコンのコレクション。

モリックさんが選んだのはなぜかダチョウ倶楽部のやつ…なんで~KARAなんかの方がずっと旬なのに。

Dsc057194階にあがると今日は良い天気…スカイツリーもはっきり見えた。

風が強いんで「ズラが飛ばないように気をつけてよ」って。

わざわざこんな薄毛のズラなんかつけないべえよ~と言ったとか言わないとか(誰が?)。

このあとお土産コーナーを覗いたりしたんだけど、いつも通りこらえ性の無い岩下さんがお腹すいたんで何か食べようかなって。

ダメェ~って…あと1時間もしないうちにお昼ご飯!

Dsc05744

9時半「ばんや」さんに到着。

ちょっと早いお昼ご飯。

でも人気店なので早く来なければ混むし売り切れる。

多くのメニューから選ばなきゃならない…う~ん悩む…本当に悩む。

それぞれ取ってシェアしながら食べようか…おいらもイカのかき揚げ丼とアジフライを頼んでみる。

するめいかのお刺身…なんてのもあって独身組が金を出すってことでオーダー。

それにしてもローズアオキの食欲はすごい。

食後は鋸山へ。

鋸山へのアクセスは3つ。

ロープーウェイか有料道路か無料道路か。

Dsc05748 どの方法を選んだにせよ、鋸山すなわち日本寺をすべてまわろうとすればアップダウンを克服する必要がある。

最初から厳しい階段が待ってると言っちゃえば反対されるのでね、ここはだまし討ち(笑

がんばって登りましょうね。

Dsc05758 頂上まであがれば素晴らしい景色が待ち構えてくれている。

横浜のみなとみらいまでも見える。

帰りに利用しようと決めている東京湾フェリーの様子も。

それにしてもお天気で良かった。

Dsc05761頂上まで登らせておきながら言いづらいんだけれども、これからが本番で行きたいのはあそこ!

地獄めぐりと言われる展望台。

あちらの方に行けば百尺観音といわれる石の芸術も見られるよ。

ここが見どころだからね…もうちょっと頑張って。

Dsc05763

頂上を下ろうとした時に「なんだこれっ!」と誰かが気づいた。

『こ、こ、これは!?』

日本一の大仏まで往復90分もかかるってゆう看板じゃないか(そっちかい)

それにしても黒々と…そりゃ家内円満にもなろうってもんだ

≪つづく≫

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お宝本

引っ越しの時に出てきた本。

Dsc01234 20年以上前に購入したと思われる本。

古い人はお世話になったべな…GOROって雑誌から出た小冊子のようだ。

ヌード満載でさ、捨てられないけれども子供に見られたら困るからどっかに隠しておいてそのまんま忘れてたってなところだべ。

それを今さらなんだ…なんだけれどもさ、載ってるメンバーを見れば「えっこの人がヌード??」ってなところもあるんでさ、言ってみればお宝本じゃねえの?でブログにしてみました(笑

メンバー知りたいでしょ?

この世代にお世話になった人は!

Dsc01236 こんな人たちですよ(クリックして大きくして見てみてね)

GOROはさ、当時びっくりするような人を脱がしておいら達を喜ばせてくれたんだよなぁ。

いちばん衝撃的だったのは石野真子かな。

その次が竹下景子。

絶対脱ぎそうもない人だったもん。

今はさ、映画なんかでも「必要性があれば」ってわりと簡単に見せちゃったりする女優さんも多いけど、当時はブラセンが写っただけでもNGだったりしたからね。

さて…気の多いおいらですがね。

このメンバーの中…どの人がお気に入りでこの本を買ったのか。

おそらくは…

Dsc01239 この人じゃないだろうかね。

青山学院の女子大生でもあったし憧れたなぁ。

今でこそ血管にワインが流れてる勘違い女になっちまったけれども、あの頃は人気あったですよ。

女子大生なら川島なお美、女子高生なら森尾由美。

(ちなみに森尾由美も載ってます)

あと…こんな二人も。

Dsc01237当時の二大アイドル。

わかんない人もいんべ(笑

松田聖子と中森明菜ですわ。

このふたりもいろいろお騒がせしたな。

あのあたりからだろ…アイドルが平気で恋をしたのは。

ファンの夢をぶち壊しやがって…好きだったけど(笑



今日はね、会社の同僚と千葉南房総へドライブ小旅行をしとります。

んなもんでね…こんな記事でお茶を濁しましたです。



あ、剛力彩芽って子…可愛い子だねぇ。

でも19才…娘より下か…やっぱ無理だな(そうゆう問題じゃない)

たまにはいっこ押してくんなよ⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ローマの風呂って映画

Terumae1 テルマエ・ロマエって映画を観てきましたよ。

えっとねぇ…広告を観たですよ。

んでね…阿部ちゃんがめっちゃおもろそうだったもんで。

タイトルを見ただけじゃ何の映画かさっぱりでしょ?

要するにね…阿部ちゃんが風呂をつくる人…らしい。

ロマエってのはローマのことね。

どうしてローマにお風呂?

よく考えたらさ、ローマ風呂って昔からよく言うよね。

熱海にもあんじゃん…ローマ風呂の大野屋さん。

内容はね…特筆すべきもんはないな。

うちの息子がよく使う言葉で「普通」

ただちょいちょい笑うところはあるよ。

Terumae出演者はなかなか味がある。

特にねぇ…日本側のお風呂に出てくるおじいちゃんたちがいい!

すっごくいい(笑

北村一輝もはまり役だし、市村正親さんもうまいね…さすがに。

んでもって…「上戸彩ってどこがいいの?」思ってたおいらだっけど今作はチャーミング(死語?)であった。

それとね…昨年行った奥那須の北温泉が使われてたのがなつかしかった。

あぁ~ここの大きなプールみたいな風呂でオガピーが浮き輪を使って笑ってたっけってね。

おいら的にはこの映画よりも広告の方に魅かれた。

新作スパイダーマン…やっぱり映画館の大きな画面で見るとビル群の夜景がきれいだなぁ。

それから綾瀬はるかが出演してる映画…これもイタリアを舞台としてるんで興味ある。

Dsc01241 んでもってさ…これ。

3D貞子。

ちょー怖すぎんべよ。

この看板だけでもちょっときたわ。

映画館で観てみたいな。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

適正価格…またまた

以前も同じタイトルで書いたことあったな⇒適正価格

焼肉屋でありえない値段のユッケを提供し、死者を出した時だった。

生の肉を提供しようと思えば、それ相当の肉を仕入れなければならない。

当然カルビやロースといったところよりは割高となる。

だのに…280円だったか…ユッケが。

これを何の抵抗もなく食べてた人たちが食中毒となり死亡者までを出したというニュースの時だった。

商売はね…利益を出さなきゃならない。

伊達や酔狂でやってるわけじゃない。

標準価格より安く提供するにはそれなりにどこかを削らなければ利益は出ないわけだから無理が生じる。

「安全」を軽視した結果ニュースとなるような事故が起こるわけだな。

おいらであれば!

500㌔の夜道をひとりで運転し続ける長距離バスに乗ろうとも思わないし、また家族が乗るとすれば絶対に反対する。

ま、このことは何度かこのブログでも言ってきた。

安く行きたい…すなわちどこかでリスクを伴うも覚悟のうえ…だろ?

安全は二の次のバスを敢えて選んだんじゃねえか。

事故が起きてから会社を非難するのはおかしい。

ま、家族を失った人たちからすれば当然そうはとれないだろうけど。

おいらは吉野家の280円でさえ、どこで利益を出してるんだろ?

考えながら食べてますよ。

この金額のどこに利益があるんだろ…まったく考えない?



ベイスターズのゴールデンウィークサービスチケット。

負ければ全額が…勝っても半額が返金可能なチケットってのを販売した。

その日の試合内容で判断し、自らがそのチケット代を決めてくれって主旨。

1円の価値もないと思えば4000円全額請求できるし、例え負けたにしても「よくやった」と思えば返金請求しないでねってこと。

このチケットはあっという間に売り切れたそうだね。

前半…相も変わらずのていたらくでいいとこなしの負けに全額返金が殺到した。

それはやむなし。

しかし後半…首位をいく中日を相手に2勝1引き分けと大健闘。

今のベイスターズにそれ以上を望むべくもない。

だのにだ…勝ったのにだ…返金希望者が列を作ったんだと。

ベイスターズ側も返金請求するのであればその理由を書いてくれとアンケートを頼んだんだそうだ。

すると理由が…「今まで負け続けたから」

自分が金払ったその日の試合内容の価値をつけてくれって球団が言ってるのに主旨をまったく理解しようとしない。

あきれたのは「トイレの列が長いから」

もうこんなのは最初から払う気ないね。

レストランで食べたけどトイレが汚いから金は払わないと言ってるようなもの

負ければ全額返金、勝つと半額返金…だったらば是非負けてくれ…そう願ったんじゃないかな?

おいらであれば例え負けたにしろ筒香の二打席連続ホームランが見れたら4千円も惜しくないですわ。

プロの仕事をただにしろとは言えないもんよ。

もうこんなくだらない企画はやめましょ。

どうせ適正価格なんて見定められないんだからさ。

どうせなら。

チケットに数字をふっておいて…どっかの大型スーパーマーケットよろしく下二桁(三桁?)○○番の方は本日チケット代を全額お返しします…てな方が楽しくね?

毎日毎日7回とか8回終了時あたりに発表すんの。

なかなか燃えると思うけど。

しかしね、

20歳の若者が一生懸命投げて、20歳の若者が一生懸命打って、

そして勝利した試合を「トイレ」のせいにして金払いたくないだなんてな…よく言えたもんだな。

たまにはいっこ押してくんなよ⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりおいらはアホやった…2

免許の更新なんですわ。

これが…優良ドライバーであれば地元の警察署で簡単にできちゃうところも、おいらは違反者。

後日講習を受けに来なさい…みたいな面倒なのはイヤだなぁ…ってことで二俣川の運転試験場で一日で済ませてしまおう。

予定しといたんだけれど、みさこりんが「GW明けの日なんて殺到するんじゃないですか~」脅かすもんだから行く気も失せた。

ところが…新聞を見れば神奈川県高校野球春季大会の準決勝がこの日に行われる。

対戦カードが横浜高校対桐蔭学園…黄金のカードじゃんよ…行くでしょ…こりゃ。

朝6時に起きて二俣川までバイクを飛ばす。

ちょいと迷いながらも一時間半ほどで到着。

8時半の受け付け…最初の講習に間に合った。

2時間きっちりの講習を終え無事免許更新…11時。

第一試合は12時試合開始。

これから中華街で昼飯食って、あわてずスタジアムに行けばいいや。

ところが中華街の目的のお店が定休日…月曜日と木曜日って…歯医者じゃないんだからそんなお休みすんなよ~。

やむなく他のお店へ。

銀行にもちょっくら寄りまして13時スタジアムへ。

ここまでだって苦労したんよ…なにせバイク置き場がない。

しかし…静かだ…高校生特有の太い応援団の声とかしない?

なんで?

なんでだと思います?

そりゃね簡単ですよ…やってないからですわ。

おっかしいなぁ…どうゆうことよ…神奈川新聞の間違い?

よくよく調べたら間違えてたのはおいらだったようで横浜スタジアムではなく神奈川新聞スタジアム。

以前の保土ヶ谷球場ですよ。

さすがにこのミスは凹みまして、もう帰ろうとしたんだけども…よくよく考えれば保土ヶ谷なら帰り道じゃねえか。

今から行けば13時半には着くか…ってことで頑張りました…アホやけど。

Dsc05657 着いた時には横浜高校のエース柳君が大ピンチ。

1点を追う桐蔭が攻めたてる。

して…一挙3点をあげ逆転に成功した。

ライトのミスも痛かった…2対4.

Dsc05661ところが百戦錬磨の渡辺監督。

あわてない。

1点ずつ返していこうって作戦…残す攻撃は8回9回。

作戦通り8回に1点を返し1点差。

Dsc05697 さらに9回には2点を挙げ再逆転。

最終回は昨年の夏の甲子園で苦い思いをした相馬君が登板。

粘る桐蔭をなんとか振り切った。

やっぱり強いんだなぁ…横浜は。

Dsc05687このユニフォーム見てるだけで強そうだもん。

結局7回裏の桐蔭の攻撃からだったけど、得点ボードを見れば試合が動いてたのがその辺りだけだったんで十分楽しめました。

なにより渡辺監督の元気そうなお顔が見れただけでも嬉しかった。

元気なうちにベイスターズの監督をやってくれないかなぁ。

第二試合の東海大相模も見ていきたかったけど疲れちゃったのと時間が遅かったのでまたの機会としました。

帰りはとんねるずの番組に出てた戸塚のソフトクリーム屋さんに寄って帰宅しました。

それにしても早とちりはいかんなぁ。

ベイスターズ観たさに甲子園まで行ったけれども実際は横浜スタジアムで行われてた…なんてさやりかねないよ…おいらじゃ(笑

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほんわか、ほのぼの

永遠の0(ゼロ)で衝撃デビューされた百田尚樹氏。

知識はすごいが意外に平凡であったなぁのモンスターを読み終え、彼への口コミを調査すると51rudgn7zyl__ss500_ 「輝く夜のがいい」ってな感想が多数あったので、そちらもかじってみました。

「クリスマスの夜に起きた5つの奇跡」そんなコピーだったっけ?

これが素直に入り込めて理屈抜きにいい。

「こんな話ありえない」言いますか?

ありえないことが起こるから奇跡なんですよ。

そんな奇跡を起こすのがクリスマスの夜なんですわな。

屁理屈言わないでさ、たまにはこうゆう優しさに包まれる時間もいいと思うよ。

最近読書に目覚めてる我が奥にも紹介。

夜中2時半まで一気に読み切ったようで(すげえな)

口コミでもそれぞれ好きな話が別れていたけど、おいらのベスト1は…奥にも訊いてみれば文句なしに「タクシー」

『おいらも!』偶然だねぇ。

それぞれの話を誰かがベストワンに選ぶ。

各々の希望や生きてきた過去にてらし合せて選べる…甲乙つけがたいってことだね。

でもね…総じて言えるのが主人公の彼女たちの願い。

多くを望まない…平凡な幸せを望む…そこが奥ゆかしくてまたグッとくる。

あいた時間にさっと読める。

良かったら奇跡の扉を開いてみてくださいませ。

読み終わったその時から「やっぱりサンタクロースはいるかもしれない」とその存在を信じたくなることでしょう。

おいらは元から信じてるけどね⇒サンタクロースはいる


話変わって映画「阪急電車」がテレビ放映されていた。

この小説は娘イチオシでね…おいらも読まされた。

展開が上手で少しやりすぎってところもあるけど、袖すり合わす縁がほのぼのとしてて微笑ましい。

原作と映画(テレビドラマ)ってまったく違ったものになったりすることもあるけれど、この作品はなかなかの出来!

なにせ…中谷美紀が美しい。

宮本信子もはまり役でしたな。

阪急電車の中でおいらのいちばん好きなシーンは…小さな女の子たちが起こすドラマ。

小学校に入学したばかりの女の子が同級生から軽いいじめに遭う。

その交わしかたが気高くおじさんの心をもうった。

中谷演じる翔子のフォローがまた見事。

清々しい気持ちにさせられます。

そうやってね誰かが誰かを支える…その支えられた誰かがまた違う誰かを支える。

そんなささやかな人生が交差する。

こちらもなかなかの傑作です。

そうそう…作者の名前ね。

阪急電車は有川浩さん。

アリカワヒロって言うんだって…女子なんだって。

それと輝く夜の方ね…百田尚樹さん。

モモタさんじゃなくてヒャクタさんだって…間違えるとうちの娘に怒られます(笑

たまにはいっこ押してくんなよ⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベイファンは日本一と思った

交流戦で初めて見た千葉ロッテ戦。

揃った応援スタイルにすごいなぁ~と思った。

広島や阪神のファンもチームに対する愛情がとても伝わってきて素晴らしいし。

読売以外はどこの応援も素晴らしい!

でもね、

今日の横浜スタジアムを見ててさ、

4年も連続の最下位球団の…しかも今年だってダントツに弱い。

そんな横浜ベイスターズを見捨てず、スタンドを埋め尽くしたベイファンはすごいなって。

もし巨人が4年連続最下位になったらジャイアンツファンはどうなるかな?

巨人ファンどころかプロ野球ファンをやめるんじゃねえか?!

いやいや…巨人ファンだけじゃなくってさ…どこのファンだってたいがい嫌になるわ。

それを…金出してユニフォームまで買って着て、金払って球場に足を運んで。

なんとありがたいことか。

ベイファンは我慢強くなくっちゃ勤まらねえって誰かが言ってたけど、その忍耐強さには敬服するわ。

なにもさ、お上から「おまえはベイファンになれ」とあてがわれたわけじゃないじゃん。

他の球団のファンになるも自由だし、野球ファンをやめるのも自由。

好き好んでこんな文句ばかり言いたくなる球団を応援しなくたっていいのにってところだわ。

番長がお立ち台で何度も「応援ありがとう」と言ってたね。

心の底から感謝してるんだろうと思うよ。

見捨てられて当たり前のここ数年だもんよ。

チームを代表しましてファンの皆様に感謝の意を述べたいと思いますよ(なにさま?)

雨が降っても、寒くても、暑くても、弱くて無様であっても…見捨てず応援してくれてありがとう。



ようやく吉村が活躍してくれたね。

彼は例年春先だけは調子がいい。

使うなら今なんだよ…昨年の子供の日もお立ち台にあがってなかったかな?

母の日だったかな?

スレッジの代わりがラミレス。

だったらば村田の代わりは?

吉村なんですよ…彼がやらなきゃいかんのよ。

筒香と吉村と黒羽根と梶谷は我慢しても使い続けなきゃいかん。

吉村もさ…ちょっとくらい打てなくなっても落ち込んでばっかりいないで監督とバカ話しして前向きに臨んでいかなきゃいかんよ。

持ってるものは村田以上なんだから。

っつーわけでベイスターズ大勝の折、本日は内容を一部変更してお送りいたしました。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黄金週間のお台場へ~後編~

Dsc05484 ヴィーナスフォートからダイバシティ方面へ。

ね…東京から人が消えたなんて嘘八百でしょ。

果てしない車の波。

この車が一斉に出庫することを考えればぞっとすんぞ。

Dsc05481茶色い建物が新しい名所ダイバシティ。

後ろは言わずと知れたフジテレビ。

『平井ちゃんに会えないかな…』言うおいらに「真麻でさえ会えないよ」言う奥。

わかってらいっ!

しかし『カトパンには…』しつこい。

Dsc05495 ばぁ~ん!!

いきなり現れる等身大ガンダム。

等身大なの?

こんな大きいんだ…ガンダムって。

すっかりフォトスポットとなっておりましてカメラマンがいっぱいだ。

平日に行けばもう少し後ろからも撮れるでしょうけどね…週末は間近に行かないと人ばっかり写っちゃう。

Dsc05502

ガンダムのすぐ後ろの入り口から入ればグルメスタジアム。

おいら達が出向いたのは15時半くらい。

遅い昼ごはんなのか早い夕飯なのか…とにかく行列がすっごいし、お料理を手に入れたって座るところがないぞってな凄さ。

ここもしばらくは戦争だな。

Dsc05516 中でもいちばんの行列はここ。

カルビーの店舗。

なんでも揚げたてのスナック菓子が食べれるんだと。

ここから40分待ちです…ってな看板からも長い行列ができてました。

ファストパスがいるべよ…ここは。

Dsc05512 行列しないで買えたのがキティちゃんの人形焼が乗るソフトクリーム。

なるほど…行列しないわけだ(笑

奥はこの人形焼好きだと言ってました。

人酔いが重症となりそうなので脱出。

Dsc05525 もう少し人がいないところへ行こうよ。

レインボーブリッジをバックに自由の女神。

ここもお台場の中では名所じゃないの?

わりかし静かに感じました。

このあとディズニーストアでウィークデーパスポートを購入しまして娘のコンサートへ向かいますか…と。

来るまで歩いてきたのに帰りは駐車場までゆりかもめで。

Dsc05535 お台場駅まで向かう途中ロックンローラーが踊りまくってた。

ちょっと写真撮ってくる…近づいてったらちょうど音楽が終わっちゃって…続けざまに踊ってよ…思ったんだけど、どっかり休憩に入っちゃいました。

一曲踊ると相当堪えるようですよ…年齢的に(笑

しかし…この烏骨鶏のような髪型は…すごいな。

どんどん進化するお台場。

一日じゃぜんぜんまわり切れないね。

たまにはいっこ押してくんなよ⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄金週間のお台場へ~前編~

奥がさ…「東京は人が消えちゃったようだってよ」って言うからさ。

娘のコンサートで東京まで行かにゃあいかんし、せっかくだから新しいガンダムでも見に行くべぇかとお台場行きを決めた。

ダイバシティって新しいショッピングモールもできたみたいだしね。

ところがですよ…奥の情報なんて当てにならんね。

お台場行くのに東名を使ったのが失敗だったか…用賀から霞ヶ関まで1時間を要する大渋滞。

これはいかんと環八へ…ここもダメ。

もう勘を頼りにわけわからん道を走り12時ようやくお台場へ。

Dsc05427 12時にこちらのホテルのレストランを予約してましたですよ。

リゾートトラストが展開するTOKYO BAYCOURT CLUB - 東京ベイコート倶楽部ってな会員制ホテル。

ここが…レストランだけは会員でなくても利用できるってことでね。

まぁ~優雅なひととき。

Dsc05426 そうそう…このホテル周辺に不思議な人たちがあふれててね。

なんかのイベントでしょうか。

緑の髪の毛や赤い髪の毛。

まるで少女漫画の世界から抜け出てきたみたいな人たち。

Dsc05420 カメラを向けるとね、笑顔でポーズすんの。

可愛いでしょ(笑

お互いにポーズを取り合って写真撮影をされてました。

ちょっとおじさんにはわからん世界だわ。

さて、あけみ橋を渡るとパレットタウン。

Dsc05440 ハワイアンのイベントをしてるヴィーナスフォートに入り込みました。

とにかくすっごい人で…人酔いしそう。

そんななか一大ペットショップもあり、小さいワンコ達にしばし癒されました。

さらに奥へ進みますれば…

Dsc05448 おいらこの人の存在を知らなかったのだけれども。

モーターレース界では伝説のドライバーらしい浮谷東次郎という方。

彼のヒストリーが車と共に展示されてました。

23歳の若さでこの世を去る彼は後のモータースポーツ界にも大きな影響をもたらした。

父親に「人だけは傷つけてくれるな」と教えられ、鈴鹿サーキットでの練習中にコースに入り込んできた人を避けるため自分が障害物に激突し死に至ったということです。

Dsc05469 この二階に上がってみればTOYOTAのイベント会場。

驚いた!

初代ソアラにセリカリフトバック。

なつかしすぎてうるうるきそうでありました。

いやぁ~セリカLBで中学生の女の子をナンパしてた岡本君を思い出す(笑

佐川急便でバイトして貯めこんだお金でようやく買えたセリカであったなぁ。

Dsc05473 さらにイタリアンであったり、アメリカンであったりする街並みを再現し

それぞれのお国の車も展示中。

乗車し写真を撮ったりもできるんで子供たちも喜んでおりました。

なつかしい車のミニカーも販売してたりして車好きにはたまらない空間となっている。

Dsc05480あ、そうそう。

ヴィーナスフォートでこんなの見つけた。

バナナの自動販売機。

全部バナナ(笑

買う人いるんだろうか…後半へ続く。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事故は絶対なくならない

夜遅い仕事帰り。

ゆっくりと車を走らせてるおいらの後ろは何が気に入らないのか…車を右へ左へとゆすっておいらを挑発している。

おいらも嫌がらせ…ってなわけでもないが前方の信号が黄色い点滅。

ブレーキを踏んでスピードを落とし惰性だけで交差点を抜けた。

これが奴に火をつけた(笑

黄色いセンターラインを越えておいらを追い越していく。

前に出たと思ったらブレーキを踏みゆっくりと蛇行しはじめる。

アホやな。

そのすぐあと…別の車。

T字路の交差点…前方の信号が赤になる…前車についでおいらも車を停める。

刹那…何を血迷ったかおいらの後ろの車が対向車線に出ておいら達を追い抜いた。

左側からは青信号となり車が右折してくる。

「やったな!」思ったが両者がけたたましい急ブレーキ…事なきを得た。

ついてたな…人生のツキの全てを使いきっただろ…次は死ぬぞ…おまえ。

ここ最近車の事故のニュースが多い。

何の罪もないのに事故に巻き込まれ尊い命を落とされた方には本当にお気のどくです。

が。

残念ですが…事故は絶対なくならない。

この世の中から車がなくならない限り絶対になくならない。

なぜだかわかります?


以前…大手のバス会社の運行課長さんのお話を聞いた。

その会社は保有するバスが4000台。

そのバスたちが営業をはじめれば一日24万キロを走るそうだ。

一般ドライバーの平均走行距離ってどのくらいだろ?

年間1万キロなんて走るのかな?

だとしても…その平均的一般ドライバーの24年分の走行距離を一日で走りきるのが路線バスを運行する会社。

しかも一般車とはわけが違う…一般車ではとうてい届かない標識なんかにもミラーが当たっちゃうような大型バスだ。

だのに、一件の事故もなく(もらい事故も含む)営業を終了する日もあるんだとか。

これは保険会社からすれば「奇跡」だと言ってもいいくらいだそうだ。


なぜバスの運転士さんは事故を起こさないのか。

それはね…「事故を起こすかもしれない」と思いながら運転してるから。

逆に一般ドライバーはなぜ事故を起こすのか。

それは…「俺だけは事故を起こさない」と思って運転してるから。

その違いですよ。

秋葉原で…京都で…悲惨な事故が起きている。

「怖いよね~」言ってもね、それは他人事。

自分に限ってはそんな事故に巻き込まれることはないと思ってる一般通行人。

車を運転する者も、バイクに乗る者も、自転車に乗る者も、徒歩の者も…自分には事故は無縁だと思っている。

だから事故はなくならない。

単純なことなんだよな…いや、それは仕方ないことよ。

事故に遭うかもしれないなんて思えば外に出れない。

しかたないことだから…事故は絶対になくならない…ざんねんだけどね。

たまにはいっこ押してくんなよ⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンサートミストレス

Dsc01217 娘です。

どれが?

ひとり立って腕を振ってるのが娘。

コンサートミストレスという大役をこなしてるらしい。

コンサートミストレスってのは“コンミス”とも言われそのステージの責任者だそうです。

男子でいえば“コンマス”、コンサートマスターって言うんだって。

どうりでね…半年も前から「来てくれ来てくれ」言うわけですわ。

じいちゃんなどはコンサート会場で「本日のコンサートミストレスは3年ホッシーむすめです」と名前を呼ばれ紹介されただけで感激して涙ぐんでおりました。

おいらもわりかしジーンときちまいました(笑

Dsc05541 しかし。

おいら的にはですね…この兄さんの方に気がいっちまいました。

第三部で指揮をつとめた兄さんですわ。

家族の説明によれば我が家にも2度ほど来たことがあるそうですわ。

『君は娘の何なの?』

まあ、訊ねるわけにもいきませんが。

笑顔で彼を見つめる娘は…左からふたりめに座っておりまして。

その娘の後ろに座ってる姉さんがまた、気になる存在でもあるわけですわ。

「ホッシーむすめ先輩!」とマンドリンの腕は自分の方がずっと上でありながら娘を慕ってるということでした。

Dsc05558 マンドリンを弾いてる姿もアップしておきましょうかね。

見てますねぇ~指揮者を。

堂々たる姿。

広い背中。

羽田野さんっぽいな(笑

彼のご両親も来られてたそうで…いつもお土産を持たせていただいてるのでご挨拶でもしたかったわん。

まあ…仲良くしてやってくんなよ。

2時間のうち50分が休憩であるコンサートも上々の出来で終了し夜8時半。

お腹すいたってことで夕飯を。

おいらはお気に入りの築地の寿司屋へ車を向けました。

安くて美味しいと大好評。

Dsc01232 それよりも久しぶりの築地にじいちゃんが大興奮!

小僧の頃築地で育った人だったから。

あの店あるのかな…あの人元気かな…思い出話が次々に出てくる。

残念ながら築地は営業してない時間なのでその確認はできなかったものの、60年以上も前の思い出話しの中に出てきた店名の看板を見つけてまたボルテージが上がる。

「あったよ!あったよ!」大興奮でしたわ。

翌朝起きてもその興奮冷めやらず、築地も正解だったなと思った。

翌日帰宅した娘にもご機嫌でお小遣いをあげていた…よっぽど嬉しかったんだろ。

また寿命が延びたんじゃねえか(笑

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »