« 無駄遣い | トップページ | お誕生会 »

痛切な想ひ

「こないだのホッシーさんのブログに名前を載せてあげてほしかったですよ…」

横光さんが朝からそんなことゆうから、仕事前だというのにおいらの目は赤く濡れた。

うちの会社はこの営業所だけでも200人近い従業員がいる。

ともなれば、誰々の父上が母君が亡くなられましたと掲示されることもしばしばある。

だが今回のはいけない。

年齢のその若さに絶句した。

Aさんの奥様が亡くなられた記されていた。

若い人の死ほど辛いものはない…Aさんはおいらよりも10才は若い…当然その奥様も然りだ。

横光さんと住職の話しを聞けば会社行事のキャンプやバーベキューに参加した折のお二人はとても仲むつまじく奥様はいつもAさんの傍らに寄り添っていたという。

そんな姿を見るにつけ上の言葉となったわけだ。

昨夜お通夜に参列した横光さんはこうも言っていた。

眠る奥様のお顔を見ていたら帽子をかぶって笑顔であったあの時のお顔そのままであったと。

Aさんは穏やかで心優しい。

いつも笑顔と印象の残る人。

その反面、妻が長く苦しい闘病生活にありながらもそれをおくびにも見せることなく奥様の最期のその日まで仕事をされていた強い人。

だからね、奥様もあとのことを心配することなく心安らかに旅立たれていかれたんじゃないだろうか。

そして、横光さんと住職が気にかけていたのがまだまだ母親の愛情を必要とする残されたお子さん二人。

昨夜も人目をはばかることなく悲しみにくれていたと。

でも大丈夫。

今は悲しきお別れだけど、周りもうらやむ仲のいいお父さんお母さんだもの…また生まれかわっても二人は出逢い結ばれる。

そしてもちろん君たちも誕生する。

お母さんの子供として再びお母さんに会えるよ。

悲しむ子供は見ててつらい…たとえ慰めにならなくたって、そんな言葉でも掛けてあげたい。

運命(さだめ)にて

たとえ別れがきようとも

母の想いは永遠(とわ)に残るよ

深く深く 強く強く

御冥福を祈らずにいられない…合掌。

追記 仲良きことは美しき哉

仲が良ければ良いほどやがてくる別れも辛くなる。

自分は耐えられるかな

しかしそれでも尚、仲の良いほうがいいに決まっている。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« 無駄遣い | トップページ | お誕生会 »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/54817517

この記事へのトラックバック一覧です: 痛切な想ひ:

« 無駄遣い | トップページ | お誕生会 »