« コンサートミストレス | トップページ | 黄金週間のお台場へ~前編~ »

事故は絶対なくならない

夜遅い仕事帰り。

ゆっくりと車を走らせてるおいらの後ろは何が気に入らないのか…車を右へ左へとゆすっておいらを挑発している。

おいらも嫌がらせ…ってなわけでもないが前方の信号が黄色い点滅。

ブレーキを踏んでスピードを落とし惰性だけで交差点を抜けた。

これが奴に火をつけた(笑

黄色いセンターラインを越えておいらを追い越していく。

前に出たと思ったらブレーキを踏みゆっくりと蛇行しはじめる。

アホやな。

そのすぐあと…別の車。

T字路の交差点…前方の信号が赤になる…前車についでおいらも車を停める。

刹那…何を血迷ったかおいらの後ろの車が対向車線に出ておいら達を追い抜いた。

左側からは青信号となり車が右折してくる。

「やったな!」思ったが両者がけたたましい急ブレーキ…事なきを得た。

ついてたな…人生のツキの全てを使いきっただろ…次は死ぬぞ…おまえ。

ここ最近車の事故のニュースが多い。

何の罪もないのに事故に巻き込まれ尊い命を落とされた方には本当にお気のどくです。

が。

残念ですが…事故は絶対なくならない。

この世の中から車がなくならない限り絶対になくならない。

なぜだかわかります?


以前…大手のバス会社の運行課長さんのお話を聞いた。

その会社は保有するバスが4000台。

そのバスたちが営業をはじめれば一日24万キロを走るそうだ。

一般ドライバーの平均走行距離ってどのくらいだろ?

年間1万キロなんて走るのかな?

だとしても…その平均的一般ドライバーの24年分の走行距離を一日で走りきるのが路線バスを運行する会社。

しかも一般車とはわけが違う…一般車ではとうてい届かない標識なんかにもミラーが当たっちゃうような大型バスだ。

だのに、一件の事故もなく(もらい事故も含む)営業を終了する日もあるんだとか。

これは保険会社からすれば「奇跡」だと言ってもいいくらいだそうだ。


なぜバスの運転士さんは事故を起こさないのか。

それはね…「事故を起こすかもしれない」と思いながら運転してるから。

逆に一般ドライバーはなぜ事故を起こすのか。

それは…「俺だけは事故を起こさない」と思って運転してるから。

その違いですよ。

秋葉原で…京都で…悲惨な事故が起きている。

「怖いよね~」言ってもね、それは他人事。

自分に限ってはそんな事故に巻き込まれることはないと思ってる一般通行人。

車を運転する者も、バイクに乗る者も、自転車に乗る者も、徒歩の者も…自分には事故は無縁だと思っている。

だから事故はなくならない。

単純なことなんだよな…いや、それは仕方ないことよ。

事故に遭うかもしれないなんて思えば外に出れない。

しかたないことだから…事故は絶対になくならない…ざんねんだけどね。

たまにはいっこ押してくんなよ⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« コンサートミストレス | トップページ | 黄金週間のお台場へ~前編~ »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

●ニュースなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/54616357

この記事へのトラックバック一覧です: 事故は絶対なくならない:

« コンサートミストレス | トップページ | 黄金週間のお台場へ~前編~ »