« 負けてもいいけど愚痴は出る | トップページ | 愛しの座敷わらし »

審判差し違え

大相撲のレフリー…すなわち行司にもランクがある。

花形…立行司木村庄之助まで登りつめるのは大変だ。

立行司は結びの一番だけを取り仕切る。

「この相撲一番にて、千秋楽にございまする~」(千秋楽以外は「本日の打ち止め~」)

一日一番だけを判定するわけだから万が一誤審をするともなれば切腹ものとも言われている。

死ぬ…は、大げさだけれども協会に進退伺を出しその判断を待つことになる。

立行司の懐に小刀をはさんでいるのはやっぱり切腹覚悟で判断してるとの決意の表れだ。

命を懸けて闘ってる二人を判定するわけだから自分も命を懸けるって意味だな。


野球はどうですか?

野球の審判は。

『退場!』えっらそうに…暴言を吐いたと言っては選手や監督に退場命令を出す。

その選手を見るために金を出してるファンだっているわけだ…その場にいるわけだ。

そのファンの想いをも封じてしまうほどの権限を持ってるんだってさ。

だったらば…自分らも判定に命を懸けてくれよな。

今日の横浜ベイスターズ対千葉ロッテマリーンズ。

投げるはロッテのエース成瀬。

打てないベイスターズからすれば1点を奪うのも大変なことだ。

2回の裏ベイの攻撃…先頭のラミレスがレフトポール際に大飛球。

これを3塁審判がファールと判定した…それに対し即座にベイ側からフェアだろと抗議。

4人の審判が協議に入り「ホームラン」と判定を覆すだろうと思った。

だってさ…明らかにホームランだもんよ。

だのに奴らは「ビデオ判定をする」といったん引っ込んだ。

テレビでは何度もボールの行方をスローで流している。

横浜スタジアムのポールは黄色く色づけされており、ボールがポールの前を通りファールグランドに行けば黄色の中に白がはっきりと浮かぶ。

何度も流れるビデオの中にはそれがない…つまりはボールはポールの右側から巻いてスタンドに入ったってことだ。

ビデオを見るまでもない。

ボールが叩きこまれたレフトスタンドのファンの位置…避けているファンは明らかに外野スタンドの人たちで左にフックしている打球がポールの左側を通って突然スライスしてその彼らのところに行かない限り落ちない位置だ。

ビデオ判定には長い時間を要した。

そりゃそうだ…ファールと宣告しちまったものよ…ビデオ見たら入ってる…間違ってましたと言うにはそれなりの理由が必要だ…それを考えているんだと思った。

約10分後「もう少し時間がかかります」と告げ、その数秒後「ファールと判定します」と放送された。

はぁ???

10分間どんなビデオ見てたんだ?

4人の目…8つの目だ。

どんな会話がなされてたんだ?

結局先制点は幻と消え、ベイスターズはまた負けた。

あれがホームランであれば勝てたのか?

勝てたとは言えないけれどもさ…もうちょっと違う展開にはなってたと思うよなぁ。

人はミスをする…間違える。

だからこそ取り入れたビデオ判定でさらに見誤る…ならば、やるなそんな無駄なこと。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« 負けてもいいけど愚痴は出る | トップページ | 愛しの座敷わらし »

●スポーツなこと」カテゴリの記事

●ベイスターズのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/54750354

この記事へのトラックバック一覧です: 審判差し違え:

« 負けてもいいけど愚痴は出る | トップページ | 愛しの座敷わらし »