« ヒーローは哀しいまでに気高かった | トップページ | 娘の差し入れ »

我が憧れの甲子園の星さま

読売ってのは本当裁判が好きだなぁ。

いくつ抱えてんだ?

中日新聞が圧倒する名古屋を切り崩そうと大手新聞社もあきらめるなか強引に食い込もうとしたあの頃からなんも変わらんのね。

読売のごり押し。

いいよ…読売なんかどうでも。

過去も大嫌いだったし、これからだってずっと大嫌いだ。

ただ…王貞治と原辰徳だけは別でしょ?

読売の人だったけども、この二人に関しては読売の壁を越えて特別な想いを持ってる人がたくさんいる。

特に…原辰徳に関していえば…このブログでも前に言ったけどもさ…東海大相模の縦じまのユニフォームを着て甲子園で躍動していた姿は神奈川少年野球子供たちの憧れそのものだったじゃん。

津末も村中もすごかった…だけれども原辰徳への少年の眼差しは別格のものがあった。

東海大学を経て読売ジャイアンツに入団した後もその爽やかさは消えず、あの頃の面影を持ったままの人だった。

よね?


しかし、

人は間違う。

人は誰もが過ちを犯す。

原辰徳とはいえ、やはり人間だったってことでしょ?

だけどもさ…そこは別格だった原辰徳だもの。

例えば今回のこと…読売グループが得意のごり押しで消し去ろうとしたとしてもさ、守ろうとしてもさ、あの少年たちの憧れの的だった原辰徳ならば。

ここは自らの意思でけじめをつけていただきたい。

あなたは書面にて何ら証拠もないまま今回のことを他人様の仕業とすり替えようとしている。

「まだ間に合います」などと結んで。

それはダメでしょ?

誰がバラしたのか…誰が記事としたのか…そんなことはもうどうでもいいことでしょ?

事実が判明してしまい、あの少年たち(おいらも含まれんよ)の眼差しを裏切るようなことをしてしまったのだからここは一線から身を引いていただきたい。

原さん…今ならまだぎりぎり間に合います。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« ヒーローは哀しいまでに気高かった | トップページ | 娘の差し入れ »

●ニュースなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/55021626

この記事へのトラックバック一覧です: 我が憧れの甲子園の星さま:

« ヒーローは哀しいまでに気高かった | トップページ | 娘の差し入れ »