« 不平不満 | トップページ | 我が憧れの甲子園の星さま »

ヒーローは哀しいまでに気高かった

ミニマム級世界統一戦…だってよ。

なんだ…ミニマム級って。

そんなクラスの世界チャンピオンをつくる必要があるのか。

WBCもWBAも世界チャンピオンは日本人…そりゃそうだろ…こんなクラス、日本人しかいないんだべ

とは言え、テレビ中継を観てしまいました。

格闘技好きなんでね…放映されればどうしたって観ちゃう。

だけども今日のは…かつて行われた日本人同士の統一戦。

薬師寺保栄VS辰吉丈一郎。

18年前に行われた試合を二人のコメントを織り交ぜながら放映した。

これに夢中となった。

二人は黄金のバンタムといわれる正真正銘の世界チャンピオン。

どちらが強いのか…いや…辰吉がどのようなカタチで勝つのか。

そう思いながら試合を待ったのを覚えてる。

元々は辰吉がチャンピオンであったのだが網膜剥離を患ったためJBCの決まりでは引退しなければならない…辰吉のタイトルははく奪された。

それに従えない辰吉は海外で試合を続けた…その一方で空位となったそのチャンピオンの座を射止めたのが薬師寺。

ファンはこの二人の対戦を熱望した…折れたJBCが特例として辰吉の日本での試合を認めた…ただし負けたら引退という条件を付けてだ。

試合前から舌戦が繰り広げられ大いに盛り上がった。

薬師寺がどのくらい善戦できるのか…ところが幕をあければまったく互角。

いや…確かに薬師寺のパンチの方が的確に辰吉を捉えていたと思う。

辰吉はあまりにパンチを受けすぎた…「打つなら打て」

今日のコメントの中にあったけれども辰吉はプライドが手術した左目のガードをすることを許さなかった…と。

薬師寺は歴代の日本人世界チャンピオンの中でも優秀な人であった。

それでもまともにやれば今でも辰吉にはかなわなかったであろうと思う。

いやいや…勝ったのは薬師寺なのだからおいらの言い方は間違っているが、もし辰吉が網膜剥離を患わなければ…辰吉は辰吉のまま薬師寺を圧倒していたんじゃなかったか。

勝つことがプライドと、あんなノーガードの試合をしなければ…今でも少し残念に思う。

まあ、勝負は時の運…薬師寺も勝利者インタビューでそのように言っていた。

ただ…この番組の最後で言っていた…試合終了直後の辰吉の薬師寺への耳打ち。

「今までいろいろ言ってごめん。本当に強かった。ありがとう」

18年間辰吉はあの時なにを言っていたのだろうか…その疑問が解かれそして救われた。

試合前マイクパフォーマンスでいろいろ言うけれども、いつだって相手をリスペクトしていたと辰吉は言っていた。

哀しいほど高いプライドを持ったヒーローはやっぱり気高きチャンピオンであった。

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« 不平不満 | トップページ | 我が憧れの甲子園の星さま »

●ヒーローのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/55014018

この記事へのトラックバック一覧です: ヒーローは哀しいまでに気高かった:

« 不平不満 | トップページ | 我が憧れの甲子園の星さま »