« 物知り…いえいえ知らな過ぎ | トップページ | 教科書のような湘南デート~前半~ »

ドラフト戦略

この時期になれば弱い球団のファンの関心事はすでにストーブリーグ。

手始めがドラフト会議だ。

広島ファンの柴田さんも会えば「ドラフトを楽しみにしましょ」

もう口癖(例年の)

そのくらいドラフト会議って楽しみなんだよ。

ってか…すがりたい藁みたいなもの。

強い球団も弱い球団も金のある球団もない球団も人気のある球団もない球団も…平等に権利を持ってるはずのドラフト会議。

そりゃあ各チームの戦略ってものもあるでしょうよ。

いま活躍してる選手全てがドラフトの時から騒がれてたってわけではない。

隠れた逸材を探し出すのも力ってもんだ。

だけれどもね…指名される側の小僧らが戦略を使っちゃいかん。

小僧らの選択肢はひとつ。

日本のプロ野球に入るのか入らないのか。

その意思をドラフト前にNPBに伝える「僕はプロ野球選手になりたいです」

その意思表示をした選手たちをふるいにかけるのがドラフト会議ってもんだ。

かつてPL学園時代の桑田と清原。

巨人は清原指名を公言しておきながら「プロには行くつもりはない」と早稲田進学を決めていた桑田を単独指名した。

汚いな。

これにはアマチュア側も怒り心頭で、こうゆうことを許しちゃいかんってことで上のルールができた。

当たり前すぎる当たり前だ。

1億5千万円を上限とする契約金…入団交渉で10億円を阿部に払った巨人。

それはまあいいですよ。

でも他を欺くようなことはしちゃいかん。

大正力の「巨人軍は紳士たれ」の言葉をも欺く仕打ちだ。

巨人ってドラフト会議で好きな球団に行けないんだからFA制度をつくれとごり押ししたんだよな。

だったらさドラフトくらい正々堂々やろうよ。

強いんだからいいじゃん。

一流の選手になってから大金積んでまた引っ張ればいいじゃんよ…得意技持ってんだから。

それをさ…今年も。

あの暴力団に口止めとして1億円を払った原監督の息子…あ、いや…甥っ子か。

これに「巨人以外の指名なら海外へ行く」と言わせた。

まあはっきりと「巨人」と言ったわけじゃないらしいが言ってるも同然でしょ。

もうひとりの目玉、亜細亜大学の東浜も意中の球団以外は社会人に行くと言っちゃってる。

行けよ…プロ志望を出さないで。

それはあなたの権利なんだから。

甥っ子もさ、メジャーに行くなら行けばいいじゃん…そんでさアメリカに帰化して助っ人外国人として巨人に入れば?

それならルールにのっとってんよ。

ドラフト前に好きな球団を言ってはいけないってのがルールでしょうが。

スポーツマンなら爽やかにルールにのっとってやろうよ。

それにしても巨人ファンってこんな汚い球団をよく応援できるよなぁ。

余計なお世話だけど。

日本人ってこうゆう汚いことをいちばん嫌う国民性だったでしょうよ。

それでいいの?

応援してやってください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« 物知り…いえいえ知らな過ぎ | トップページ | 教科書のような湘南デート~前半~ »

●スポーツなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/55909280

この記事へのトラックバック一覧です: ドラフト戦略:

« 物知り…いえいえ知らな過ぎ | トップページ | 教科書のような湘南デート~前半~ »