« docomo地獄 | トップページ | シーズン終了 »

あの人はスーパーヒーローであった

おいらは持ち物が多い。

一緒に旅行へ行く人と見くらべても…どう考えても異常だ。

1日だけなら人の2倍。

2日ならば4倍。

3日間ならば8倍。

今回の旅のように4日間であれば16倍。

そりゃオーバーだろ。

最近はほとんど…メインの荷物は宿泊先に送ってしまう。

なるべく身軽に。

そう思いながらも東京散策をして成田で一泊するだけの荷物が、ほぼ4日分くらいの大きさ。

なんでこうなるかなぁ。

「どうせゲームなんかする時間はないんだから置いてったら?」奥が言う。

確かに…5人で出かけるわけだからペチャクチャペチャクチャ話してるだけで終わっちゃうべよ。

そうなんだろうけどね…もしも…もしもだよ?

他の4人が全員寝てしまっておいらだけ起きてたら?

ひまつぶしに何か持っていなければ…。

それが本2冊。

ゲーム機にゲームソフト2本。

ってな具合にどんどん増えていくな。

コンパクトカメラにデジタル一眼レフ…etc

それを今回は初めて使うバッグに入れて旅に出た。

このバッグ…かっこいいんだけどなぁ…財布とか免許証とか…小物を入れておくところがないんだよなぁ。

バラバラに持っていけばまたどこへいったかわからなくなっちゃう…みんなに迷惑を掛ける。

それらを入れておく小さなバッグをさらに持ち、それをバッグの中に入れる。

そんなんしながら(前置きが長くなったがここから本編)

Dsc07669 浅草寺を見終わってJR上野駅方面から京成上野駅へ歩く。

駅前の横断歩道を渡りきった時、誰かがおいらの腕を叩く。

振り向けばサラリーマン風の白髪の男性。

なんだ…キャッチセールスか?!

ってな顔をその方に向けたと思う(とんだ失礼なはなし)

ところがですよ…おいらの腕を叩いたその方は黙って免許証やら財布やらが入った小さなバッグをおいらに差し出してスピードを緩めることなく京成上野駅方面へ歩いて行かれた。

『やばい…落としたか』知ったおいらは『あ、すいません』ひとこと言ったっきり。

子供かっ!

なんて情けない…命の恩人とも言っていい人相手に…お礼もまともに言ってない。

すぐさまバッグをおろし他に落としたものはないだろうか…そっちの方に気がいっちまった。

これから4日間の旅をしようという初日に財布を落としたおいら。

あの人が良い人でなかったら、その後どうなっていたんだろうか。

考えただけで恐ろしい。

Dsc07670 そうそう…思わず持ってたカメラで写真を撮ったんだよなぁ。

ちょうど真ん中あたりに写るスーツの方です。

まあ、まさかこのブログを読んでくれているはずもないが、本当に助かりました。

あの時まともなお礼も言えず申し訳ないです…恥ずかしいです。

このお返しと言ってはなんですが…おいらも必ず誰かに親切にしたいと思います。

一回だけ。

応援してやってください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« docomo地獄 | トップページ | シーズン終了 »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/55831132

この記事へのトラックバック一覧です: あの人はスーパーヒーローであった:

« docomo地獄 | トップページ | シーズン終了 »