« 保険ときたか… | トップページ | 二年越しの大シナリオ »

明るさの裏で

年末になると訃報が続いたりする。

寒くなってくるから?

このところワイドショーでも大物俳優さんとのお別れの模様が放映されている。

しかし…勘三郎さんはもったいなかったなぁ。

なんといっても若すぎる。

歌舞伎の世界をいちばん身近に感じさせてくれた人だったし、トークもいける…芝居も上手い。

おいら的には勘九郎の時代がとても印象的だったけれども、まだまだ後世にその名を轟かせるべき人だったわ。

そんななか…ひっそりと天国に旅立たれた方の報道もあった。

横浜ベイスターズ監督中畑清夫人。

生前のその姿を見たわけでもないけど、このニュースには驚いた。

なんせ春3月…プロ野球開幕の折の紙面に中畑夫人の手記が載っていたから。

元気に亭主の晴れ姿をとても嬉しそうに書いていた。

それから間もなく発症され、シーズン終了を待つように逝かれたのだとか。

さらに驚くのは…いま思えばあの中畑清の明るさ。

胸の中にその辛さを秘め、連日の敗戦の屈辱にも明るく振る舞っていたとは。

かわいそうで…

かわいそうでたまらない。

そんなこととは露知らず…ひどいことも言った。

その状況であればおいらは笑えない…人前に出れない。

強い人だね…中畑清は。

そしてもっと言えば…ベイスターズの連日の弱さ…病は気からとも言うが、シーズン中の気苦労が病気の進行を早めた…なんてことはないのだろうか。

もしベイ戦士が少しでも意気に感ずるものがあるのであれば、来季は死ぬ気で闘ってオフに堂々奥様に報告に行ってもらいたい。

中畑清は「どうして救ってやれなかったか」と後悔してるそうだけどさ、最後に奥様のいちばん見たかった姿を見せてやることができたでしょ。

あの開幕の時の言葉の踊りようはこれ以上奥様の喜びはないってほどだった。

嬉しそうだった。

負けたのはしょうがない…でも最後に女房孝行できたのだと思うよ。

ご冥福をお祈りいたします。

応援してやってください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« 保険ときたか… | トップページ | 二年越しの大シナリオ »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

●ベイスターズのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/56287865

この記事へのトラックバック一覧です: 明るさの裏で:

« 保険ときたか… | トップページ | 二年越しの大シナリオ »