« いよいよ投票か | トップページ | ご当選おめでとうございます »

衆院選の感想

勝たせすぎだろ…自公に。

負けすぎだろ…民主党。

おいらの予想では自公で290。

民主100。

維新30。

未来とみんなが20ずつ。

その他で20ってとこだと思ってたんだけどなぁ。

小選挙では壊滅的な敗北をする民主も比例では80くらいあるかと思ったのに。

国民は許さなかったね…野田を。

鳩山や菅がね…あるいはその他の閣僚が、「やると言ったことをやらなかった」ってな時まではね、初の政権獲得でそりゃ思うようにもいかないだろうよと思えたさ。

だけどもさ、「やらないと言ってたことをやった」野田に関しては絶対容赦できない。

歴代の総理のなかでいちばん卑劣な総理大臣だ。

小選挙区で当選したきたことが信じられないくらい。

民主は笑って許せても野田だけは絶対許さないってのが国民感情じゃないの?

野田を許したのは千葉県のどこだ?

絶対行かないは…そんなとこ。

しかしまあ…戊辰戦争のあとの会津藩のようだな。

会津藩は松平容保公だけが容赦されその後も生き延びた。

他、会津を支えた面々たちは討ち死に加え戦後の自害。

民主党も野田だけは生き残ったがそれを支えようとした閣僚の面々はそろって討ち死に。

負けるとわかっていてもやらなければならない戦もあるが、負けるともわからなかった民主はその恥を後世に残すことになったな。

そして生き残った野田公だけは生き恥をさらすわけだ。

会津と民主の違いはそこに“正義”が存在してなかったってことだろ。

さてさて我が神奈川15区は…。

民主の候補が立つこともなく河野太郎と共産党新人のお姉さんの一騎打ち。

一騎打ちと言ったって勝負になったわけじゃない。

おいらは投票用紙に「期日前投票の場所が不便、手続きが面倒」と書いてきた。

自民に入れたいわけじゃないが、かといって共産党に入れる気にもならない。

だから白紙票…白紙という意思を示してきたわけですよ。

太郎さんは19万票余りを獲得し楽勝。

しかし、おいらの注目したのは共産党の新人に4万5千もの票が入ったこと。

これは何を意味するか。

海のものとも山のものともわからない共産党の新人にそれだけの票が入ったってのは尋常じゃないよ?

19万を獲ったと喜んでる場合じゃないよ…相手にそれだけの投票をさせたってところを太郎さんには考えていただきたいわ。

ほんじゃまあ…安倍さんのお手並み拝見とまいりましょうか。

応援してやってください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« いよいよ投票か | トップページ | ご当選おめでとうございます »

●ニュースなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/56366053

この記事へのトラックバック一覧です: 衆院選の感想:

« いよいよ投票か | トップページ | ご当選おめでとうございます »