« 二年越しの大シナリオ | トップページ | 空撮 »

喪中はがき

思いのたけをこのブログにぶちまけてきた。

それでストレス解消してたんだな。

ところが今は…。

Twitterって便利なものがあって、思ったことをすぐに文章にできる。

それを読んでもらえる…時に喰いついてもらえる。

パソを立ち上げられない旅行期間だけ…思ってたんだけど今や日常のものとなってきている。

そうなるとねぇ…あらためてブログにって気分にならんのよねぇ。

二重に書いてるみたいで。

ま、こっちもやめないけど。


今年は叔母が亡くなったので、その兄弟であるじいちゃんばあちゃんは喪中となった。

「喪中はがきを作ってくれ」と頼まれ作ったんだけど、逆に今年も例年通り数枚その喪中はがきを受け取った。

『タツヤんとこはまた喪中かよ』

新潟のど田舎に住む知人だが、なんとなく喪中といえばタツヤってくらいイメージが付いちゃってる。

田舎の人って人付き合いをとても大切にしてるんだろうけど、どこまでを喪中の範囲としてるんだろうか。

何ぼ何でもこんなに親戚いないだろ…思うくらいの割合で喪中はがきが届くんだ。

自慢じゃないがおいら。

今までの人生の中で喪中としたのは2年間だけ。

それ以外は毎年『おめでとうございま~す』と年頭あいさつしてきた。

もしもだよ…親戚の叔父叔母の不幸を喪中とするならば毎年そうだ。

おいらには母方の叔父叔母が11人、父方の叔父叔母が4人。

その叔父叔母の結婚相手…つまりは血のつながっていない叔父叔母まで含めれば30人近い。

加えて結婚してからは奥の叔父叔母も親戚となるわけだから年賀状を出す年なんかなくなるわ。

だからね…おいらは祖父母などの時も喪中にしなかったよ。

喪中は同じ屋根の下に住んでたものに不幸があったらとしている。

今までそれが一度だけ。

おめでたいことを避けちゃダメ。

運気も逃げる。

毎年々々喪中はがきを送ってる人は雰囲気までもど~んよりとした空気が流れてる。

ような気がするわ(笑

いかんでしょ…みすみすめでたさを手放しちゃ。

新しい年を迎えられた喜び。

あなたにもおいらにも喜びに満ちた一年を迎えられるよう…おくれるように…喜びは放棄しちゃダメって思う。

お気楽か?(笑

この世でいちばん大切なことは生きてる者が幸せでいられること♪

でしょ。

応援してやってください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« 二年越しの大シナリオ | トップページ | 空撮 »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/56302078

この記事へのトラックバック一覧です: 喪中はがき:

« 二年越しの大シナリオ | トップページ | 空撮 »