« ご当選おめでとうございます | トップページ | ホッシーのクリスマスプレゼント »

名乗らないというプライド

イブですな。

今年はイブもクリスマスも平日だ…ざまぁみろ!

思ってたら振替休日って手に出たか。

こちとら仕事でクリスマスどころじゃないのに。

ところで…恋人たちはクリスマスにプレゼントをいくらぐらいの物を用意されてんですかね。

ご夫婦になると?

女子は男子へのプレゼントに悩むんじゃないでしょうか。

そこで、プレゼントに最適なお話をしましょう。

おいらは以前から言ってるように革・小物製品道楽。

「そんなに財布ばっかり持っててどうすんのよ!」奥にも言われますが…右手左手右足左足に持てばですよ、出かけるのに4つは必要でしょ。

最近どっぷり浸かってる革製品メーカーが万双さん。

ここのポリシーにすっかり魅せられてるわけですわ。

例えばね…。

Dsc03159 普通であれば写真のようにブランド名をどっぷし入れるわけですわ。

それはね…そうしないと売れないから。

財布を持ってるんじゃない…ブランド名を持って歩くからですわ。

だからさ巷には「C」だの「H」だの「LV」だのってさ…そんなマークであふれてる。

いや、気持ちはわかります…すっごく。

プレゼントにするにはブランドを前面に出したいってのもあるでしょうから。

Dsc03158 Dsc03156 ところがおいらのおすすめの万双さんはまったくそういったことをしません。

包む袋にさえ名前がない。

どうですか…かっこよくないですか!

そして…何がかっこいいかってさ、値段が有名ブランドのものにくらべ格段に安い。

この万双さんのような製造メーカーに発注し、できあがったものに自社ブランドを打つ。

そうすると有名ブランドの販売価格となるわけですな。

その万双さんの店舗が実は東京にもある…しかも御徒町のアメ横の中に。

Dsc09293 だったら行ってみましょうよ!

たずねてみましたがなかなか見つからない。

ウロウロしてようやく見つけたのが左の店舗。

写真ではわからないけれども激安のお店に囲まれた間口一間ほどの本当に小さなお店。

信じられなかったですわ。

これが一流の商品を発信するお店なのか。

Dsc09359 すっかり万双さんにハマってるおいらは大切にしてる時計にもその万双さんの革ベルトを付けたい。

そんな思いで出かけたのですがお店の人(二人のうちの一人)とすっかり話が合っちゃいまして、その業界の話をたっぷりと聞かせていただきました。

○○の製品を作ってるのは埼玉で工場やってる僕の友達です…とかさ。

マジですか…その話ちょっと辛いんですけど…おいらもけっこう持ってるんで。

それにしても次から次…おいらと同年代の人を中心に飛ぶように売れていく。

何だこの店は…おいらと話してないもうひとりの店員さんがひとりでレジやったり袋に入れたり大変そう。

『もうちょっと大きい店舗にして店員さんも増やしたらどうなんですかね…おしゃれなお店にして』余計なこと言いましたがね「手作りでやってたらこのくらいのお店に製品並べるのが精一杯なんですよ」って返事。

メールでも万双さんから「商品できあがりました」ってメールをいただきますが、すぐに売り切れちゃうもんねぇ。

さすがの実力ですわ。

どうですか…彼に旦那にプレゼント。

わかる人であればすっごく喜ぶと思いますよ。

Dsc03155 中でもおいらのおすすめはこのシモーネのトートバッグ。

これめっちゃくちゃかっこいいんですわ。

普段使いであればこのバッグよりも少しサイズの小さい方が使いやすいかも。

店舗に行っちゃうと「あの店本物ですか」と疑問に思う方も多いようですが、大丈夫…100%間違いのない商品です。

それでは…メリークリスマス♪

応援してやってください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« ご当選おめでとうございます | トップページ | ホッシーのクリスマスプレゼント »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/56384020

この記事へのトラックバック一覧です: 名乗らないというプライド:

« ご当選おめでとうございます | トップページ | ホッシーのクリスマスプレゼント »