« ベイスターズのキャンプに… | トップページ | 天使と悪魔 »

災難は車

今回の沖縄旅は初日と最終日で車トラブルに見舞われた。

初日は…。

これはトラブルとは言わないのかもしれない。

前回沖縄に入った時には空港へタクシーでお迎え…そのままレンタカー会社へ行き手続き。

そうだなぁ…40分くらいで乗車できたか。

沖縄に限らずレンタカーは何度も使ってるが大概は受付をして数分から十数分ってとこだろ。

20130204_131417それが今回はひどかった。

いや、実はこんな話が当たり前なのかもしれない。

だって…誰も文句言ってなかったし。

ぶっちゃけ…「お待たせしました」って言葉はあったけども、それほど悪いと思っちゃいないって感じだったし。

普通なのかもしれない…ってこと前提で。

JAL903便が遅れて那覇空港に到着したのが11時05分(10時50分到着予定だった)

そのあと荷物を受け取り空港を出て道路を渡りレンタカー各会社の送迎バスが来るところまで歩く。

『あ、来てる来てる』当たり前のように乗り込もうとすれば「並んで受付をしてください」と。

気づかなかったが列ができている…送迎バスに乗るための列だ『まじかよぉ』

二台目の補助席に乗せてもらい約10分ほどでレンタカー会社に到着。

ツアー会社からもらった書類と免許証を提出し「順番をお待ちください」と言われる。

これが…ちょっと普通じゃない人数。

どの人が受付を待ってる人なのか…受付を済ませ車を待ってる人なのか…あるいは返却し空港行きのバスを待ってる人なのか…ごっちゃごちゃ。

若い子たちは近くのコンビニに行きおにぎりを買ってきたりおでんを買ってきたり。

さっさと昼食を済ませている。

そりゃそうだ…すでに12時を回っている。

おいら達と言えば…行ってみたいお店があったものだからお腹が空いてもぐっと我慢。

これが大失敗。

ランチを済ませ14時頃には宜野湾のベイスターズキャンプに行きたい…思ってたわけだが、結局車に乗れたのが13時40分。

那覇空港に到着してから2時間半後のことだった。

いやぁ~驚いた。

それでも誰ひとり文句を言ってる者などおらず…誰もが「普通でしょ」って感じであった。

おいらは…さすがに参りました。

金があまってて言うわけじゃないが…時は金なり…確かに安く借りれるのだが次はごめんです。

続いて最終日…ってのも羽田に着いてからのお話し。

今回はお昼の便で帰ってきた。

というのも、暗くなってから羽田に到着するとすっごく寂しい気分になるわけ。

明るいうちに帰ってきて夕方には家に着き明日からの仕事に備える…そんな予定。

15時15分JAL910便は羽田に到着。

荷物を受け取り『飛行機見てかなくていいの?』余裕のコメント…ここまでは。

4日ぶりに会う愛車。

ドアを開け荷物を積み込み、さてエンジンを…きゅきゅきゅきゅきゅ。

セルが空回りするばかり。

なんだ?

数回やってこれはただ事じゃないと思い始める。

まずはトヨタに電話「それはJAFでも呼んでもらった方がいいと思うよ」

あ、そ。

だったら保険会社に電話…今の保険はロードサービスが付いている。

事情を話すと直接ロードサービス担当に電話してくれと言われる。

そして名前だのナンバーだのを教え、サービスマンが来てくれたのが1時間15分後。

バッテリーにつなぎながらエンジンボタンを押せば一発でかかった。

「見たところライトをつけっぱなしていったわけでもないようなのでバッテリーの寿命ですね。通常は3~4年で交換ですから6年以上も同じバッテリーを使ってるってのは稀ですよ」だと。

そうなんだ…今までついてたわけね。

しかしそのタイミングがこの日であったか。

結局、真っ暗になった羽田空港を後にし、明日のことを考え凹みながらの帰宅となった。

いやほんと今回は参った。

応援してやってください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« ベイスターズのキャンプに… | トップページ | 天使と悪魔 »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/56724524

この記事へのトラックバック一覧です: 災難は車:

« ベイスターズのキャンプに… | トップページ | 天使と悪魔 »