« エゴイスト | トップページ | 平塚球場ファーム戦 »

だって、かっこいいじゃんか

『まったく…かっこいいな』

ついつい込みあげてきて…感情が言葉に乗った。

「お父さん、感動しちゃったの?」一緒に見てた娘が言葉を掛けてくる。

『だって、かっこいいじゃんか』


番組はベイスターズの中村のり選手が2000本安打を達成した…そこまでの苦労を取り上げたものだ。

画面のなか、のりは両手を高々と上げ子供たちにも鼓舞してみせた。

ベイスターズファンなら忘れもしない。

あのどうしょうもない前社長…加地君の唯一の功績。

シーズン途中での中村のり獲得。

ホームラン王を獲得し、日本代表の四番を打ち、メジャーにも挑戦した日本を代表するスラッガーだった彼が、楽天を最後に仕事場を失い路頭に迷ったところを映し出していた。

それでも夫を信じ支え続ける妻、気を使いながらも再びヒーローとなる日を願っている子供たち。

そして電撃的なベイスターズ入団。

そこまでならシーズンオフにもよくあるテレビ番組だ。

役者が違うと思わせるのが一時は現役引退も考えさせられた彼がレギュラーを獲得し、オールスターに選出されMVPを獲得し、超一流選手の証である2000本安打達成までを記録したことだ。

それも…家族がそろって見れるのが今日しかないって日に決めたんだよ。

千両役者ってのはこうゆう人のことを言うんだ。

どん底を知った本人と家族だからこそ分かち合える喜び。

まあ、おいら達には入り込む余地はないが、辛かった気持ちがわかるだけにその涙にもらい泣きしたわけさ。


中村のりを悪く言う人がいる。

我がままで自分勝手。

まあ、おいらはよく知らないが皆が口をそろえてそうゆうのであればそんなところもあるんだろう。

ベイスターズファンにはこれも記憶に新しいところだが、のりの打席で一塁走者の内村が盗塁死をした。

ベンチに戻ってきた内村を叱りつけた中村のりを中畑監督は即二軍に落とした。

ファン(ファンじゃない人)も「やっぱり中村のりは変わらないな」と揶揄した。

おいらも、伸び盛りにある若手の積極的なプレーを責めるなんてなんて奴だと思った。

しかし上のような物語を知るにつけ、一打席一打席に全力を傾けるのりであればこその想いがそこにあったんだろうとわかるよ。

だいたいベイスターズの選手は攻撃中ベンチでなにしてる?

のりのようにバットをずっと握りしめてるような選手が他にいるのか?

そうゆうところがダメなんだよな。

他人の失敗を責めたりせず「どんまいどんまい」と傷のなめ合いをするのも団体競技としては美しいのかもしれないが、のりのような本当のプロ意識を持った人がベンチにいてこそチームは本当の意味で変わってくんじゃないか?

ライバルの失敗を喜ぶような選手ばかりにならないとチームは強くならないよ。

そんなんを教わったような気がした。

それにしても結果を出せなかった父に「ストライクを見逃してなぜボール球を振るのか」と突っ込んだ娘さん…すごかったな。

ベンチにいてもらえばいいんじゃないか?

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« エゴイスト | トップページ | 平塚球場ファーム戦 »

●ヒーローのこと」カテゴリの記事

●ベイスターズのこと」カテゴリの記事

☆観たこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/57626025

この記事へのトラックバック一覧です: だって、かっこいいじゃんか:

« エゴイスト | トップページ | 平塚球場ファーム戦 »