« 真に受けちゃった | トップページ | 親ラブ族 »

やいま

朝、目を覚ませば奥が洗濯物を干している。

そうか…平塚だったか。

昨深夜…帰ってきたんだったな。

はぁ~。

毎度のことながらおいらの残念な症状が…。

魂はまだ「やいま」に残してきてるようだ。

今回はまだ奥が一緒じゃなかったぶん症状は軽いんだけれど。


竹富島の散歩道。

Dsc01572

時間を忘れてシンタローときょろきょろしながら歩いた。

白砂の道は踏みしめてこそ。

自転車で走りすぎちゃうのはもったいない。

頬をかすめる風も心地よく。

新しくないその島の景色がなにもかも新鮮に映る。

Dsc01461

時間になれば自然に皆の足が向かう西桟橋。

誰もが一点を見つめて同じ時間を過ごす。

雲の多い夕景だけれども、降水確率にあきらめてた奇跡の一瞬に皆で感謝するんだ。

朝起きてコンドイビーチへお散歩。

Dsc01550

人を恐れないネコたち。

現在91匹のネコたちが暮らしているのだとか。

どこの街にも野良猫はいるんだけれども、この島のネコたちはとても穏やかな顔をしている。

ネコといえば西表島。

亜熱帯を思わせるジャングルの島だ。

Dsc01684

もはや西表を代表するスポット水牛車。

唯一俗っぽさの否めない観光地だが、水牛の存在感と三線の音色がそれらを許すのか。

この景色はやっぱり外せない。

今回おいら達は初体験をした。

それは…

Dsc05283

シュノーケリング。

沖縄の海の底はグラスボートで二度ほど見たことがあるが、やっぱり直にこの目で見るものは美しさと感動が違う。

不安もいっぱいだったけど、ご指導のもと何とか写真を撮るまでに至った。

シンタローもこの旅最高の思い出になったと言っていたな。

それから思わず微笑んでしまった出会い。

Dsc01814

平塚の街を走る神奈中バスがいた。

聞けば神奈川県の条例では走れなくなった年式のバスを二台もらい受けてきたのだとか。

そうか…第二の人生を頑張ってるんだな。

やいまの中心石垣に戻ればこの旅初めての晴天。

Dsc01895

レンタカーを借りて島を一周。

海の美しさに目が釘付けとなった。

やっぱり青い空あっての海の輝きだ。

Dsc01826

新装なった石垣空港。

正直いえばありがたくない。

市街地から遠くなってしまったから。

そのぶん余計な時間と金がかかるようになってしまった。

が、空港内の施設はとても充実していてぎりぎりまで楽しめる。

今回は3つの島を巡ってきた。

どの島も特徴的で魅力的だ。

島に憧れ移住してくる人たちの気持ちもわからないではない。

されど、竹富島の宿のお母さんの話がとても印象的だった。

「島に移住してくる人の話題はとりあげるが、夢破れて帰っていく人たちのことは誰もとりあげない。島の生活はたいへんだよ。ここは住むところじゃない遊びにくるところ」

おいら達観光客はついつい島の優しさややわらかさばかりに目をやってしまうが、その強さを知らない。

都会の生活に疲れたものたちを癒すふところの大きさというのは、島の生活に耐えうるだけのパワーを持ってる人たちだからこそ。

そんな風に感じたわ。

便利な都会でなければ暮らせない我々は、またつかの間「やいま」で時間を過ごしその風に癒されたいとこの地を訪れる。

そう…今の生活があってこそ「やいま」を想えるのだな。

だからまあ…明日から頑張んべぇ。

最後に4日間お付き合いしてくれたシンタローにただただ感謝。

ありがとうございました。

(旅行記はまた旅する好奇心で近日公開(の予定))

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« 真に受けちゃった | トップページ | 親ラブ族 »

◆お出かけのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/57545123

この記事へのトラックバック一覧です: やいま:

« 真に受けちゃった | トップページ | 親ラブ族 »