« メインディッシュはHKT48? | トップページ | 全ての高校球児の想いを乗せて… »

横浜の執念

横浜の勝利への執念が上回った。

もちろん…ベイスターズじゃないよ。

横浜高校。

いやぁ~見事であった。

「松井を中心に甲子園へ行こう!」漠然とした目標の桐光学園よりも「どうやって松井を倒すか!」の横浜高校の執念がもってる力を十二分に発揮できたということだ。

神奈川県の準々決勝…ベスト8だよ。

だのに、だ。

あの緊張感。

甲子園大会でもかなり勝ち上がった8月中旬以降の試合のような完成されたチーム同士の戦い。

何でもないダブルプレーひとつも、送球の正確さ、ボール周りの速さ。

どれだけ練習してんだと唖然としてしまうくらい。

松井はよく投げた。

夏の横浜高校はシード順位など関係ない。

春とくらべ毎年チカラが数段あがる。

もう一度言う…松井はよく投げた。

あの球威、あの角度、あのキレ。

どれをとっても一級品だった…おそらくは今ベイスターズにいる全ての左投手よりも上の位置にいると思う。

桐光が負けたのは…横浜が勝ったのは…ひとつに横浜の執念。

それだけ。

高校生のレベルであの球威に振り遅れてない。

見逃し方も見極めていた。

2回を終わった時点で『これは横浜の勝ちだな』思った。

桐光は序盤の相手投手攻略に無策だったな…ベイスターズの攻撃を見てるようだった。

そして決定的なターニングポイントとなったのが8回表の桐光の攻撃。

三塁ランナーに松井…そこでライトライナー。

同点のタッチアップだ…思ったが松井は三塁を動けなかった。

ここだ。

松井は横浜高校の名前の前に動けなかったような気がする。

横浜高校の外野手のホームへの送球を思い描いてしまった…そして動けなかった。

走っていれば同点となった確率は五割。

あったかな?

これが横浜高校というブランド力の凄さなんだよ。

いやぁ…期待に違わぬ好ゲームだった…素晴らしかった。

そして夜。

対中日との試合で延長に入ったベイスターズ。

毎回チャンスを迎えたが、勝利への執念がまったく感じられずサヨナラ負けを喫した。

12球団でいちばん練習しないチームでありながら、12球団でいちばん甘い球団。

中畑監督は昨シーズン最終戦に「ベイスターズに足りないものがわかった」と言っていたが、まだまだわかっていないような気がする。

残念だ。

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« メインディッシュはHKT48? | トップページ | 全ての高校球児の想いを乗せて… »

●スポーツなこと」カテゴリの記事

●ベイスターズのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/57863834

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の執念:

» ジンクスは生きていた。 [mingoh's観戦レポート]
大会に入る前「2年生の優勝投手は夏は無い」と載せ、今大会注目の「松井祐樹の夏」「桐光学園の連覇は無い」と予想しましたがやはり「現実」となりました。昨日25日、神奈川大会準々... [続きを読む]

受信: 2013年8月 4日 (日) 23:48

« メインディッシュはHKT48? | トップページ | 全ての高校球児の想いを乗せて… »