« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

さよなら厳しき愛読者

「コンビニのおにぎりも食べたいものが三日ないと行かなくなるらしいですよ」

話しかけてくる。

「ブログも一緒ですよ。三日更新してなければもう行く気にならない」

なるほど…うまいこと言うな。

ただ、自分を擁護するとすれば『同じじゃない』

コンビニは儲けに繋がるが、おいらがブログを更新したって一銭たりとて利益になるわけじゃない。

だから…更新しようがしまいがおいらの自由なのさ。

とは言うものの…おいらのブログの愛読者。

「更新楽しみにしてますよ」と声を掛けてくれる数少ない人。

先だって退職され九州に帰って行かれた横光さん…そして今夜のネタ主ABE10。

彼もまた退職していった。

う~ん…残念だなぁ。

今どきお世辞のひとつも言えない貴重な男だったのに。

いろいろ事情もあるのでしょうが、おいらはわりと言いたいことを言う彼が好きだったのにな。

でもまあ、今の世の中…彼のようなタイプが活躍するには難しい。

半沢直樹の作者も言ってるでしょ。

半沢のようになっちゃいけないってさ。

長いものには巻かれろ。

でなければなかなか行きづらい世の中だ。

おいらのブログを楽しみにしてくれていたレアな存在。

厳しき愛読者。

新しくおかれた場所でも元気でご活躍されますよう。

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセス

「御殿場のアウトレットに行ってみる?」に

「御殿場線で?」

なんでやねん…青春18きっぷボケじゃねえの?

どうして文明の利器ともいうべき自家用車を持っていながら一日一本しか走ってないような電車を頼らなきゃならんのだ?

だいたい車なら30分で行っちゃうべ。

それをバスに乗り電車を乗り継いでさらにバス…2時間コースじゃねえか。

しかも電車を利用すれば安くすむってなら話はわかる。

実際は車で行くよりも倍の料金がかかる。

どうすれば御殿場線って発想が出てくんのか…不思議でならん。

先だっての沖縄行き。

羽田まで車で行けば旅行期間中の駐車場料金がかかる。

これに燃料代と高速代か。

いつもであれば4人だからその代金も4ぶんの1…しかしふたりで行くとなると割高だな。

そんな話をすれば「電車で行きませんか?」

う~ん…基本大反対だ!

それでもたまには言う通りにしてやっかとした(実際はバスを利用)

しかし…公共の乗り物を利用するとなれば時間の規制がある。

羽田空港からの早朝便は利用できない(間に合わない)。

この弊害が宿に出た。

竹富島でもゆんたくがあり楽しそうな民宿…電話をするも「4時までに来れますか?来れないならお断りです」と拒否された。

朝の早い便を利用できないとなれば竹富に4時着は無理だ。

これによって宿泊代6千円だったところが1万円オーバーとなった。

これが最初の後悔。

続いて羽田までの道のり。

大きな荷物を持っての出立で…さてどうやって行くか…通勤ラッシュでさぞかしおいらの存在はみなさんの迷惑になるだろうな。

田村車庫からのバスに乗るか…しかし田村車庫までどうやって行くんだ…バスを2回乗り継ぐか…それとも3千円払ってタクシーで行くか。

どっちもやだってことで奥に頭を下げた。

そして帰り(これが最悪だった)

羽田着が夜遅い便…どうやって帰る?

モノレールに乗り東京まで乗り継いで東海道線に乗るか。

それともYCATで横浜まで出てそこから東海道線に乗るか。

どっちにしてもお土産がプラスされさらに膨らんだおいらの荷物。

これはひんしゅくを超えるぞ。

「あ、藤沢までバスが出てる…藤沢からなら平塚まですぐだ」

この考えが大失敗。

きっぷを買っちゃったはいいが羽田で35分の待ち時間。

さらに藤沢まで一時間以上かかる。

そして藤沢駅といえどとんでもないところで降ろされ、そこから歩道橋を上って下りてさらに駅の階段を上る。

腕がひきちぎれそうだ。

東海道線に乗り平塚まで…すでにバスはなくタクシーを利用する。

う~ん…結局往復で6千円以上かかった。

本当に車で行くより得だったのか?

例えひとりだとしても次は車で往復しようと誓った苦い思い出。

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰宅しました

関西への貧乏旅行から帰ってまいりました。

12日前に。

なんで今さらな報告か。

そりゃ…疲れたから。

毎日忙しくてブログの更新どころじゃないわけよ…次の旅の計画に没頭してるもんで。

んなことしてたら…甲子園も終わっておりました。

Dscf0470

優勝は初出場初優勝の快挙、前橋育英。

横浜を圧倒したのも伊達じゃなかったんだなぁ。

さて、今年もいろんなドラマを生んだ甲子園。

みなさんの中のナンバーワンはどんなドラマ?

おいらは目の前で見た浦和学院対仙台育英の一戦から。

Dscf0498

一回裏に仙台育英が6点取ったと思ったら三回には浦和が8点を取りかえした。

乱打戦って印象。

だけれども…おいらの注目点はそこじゃない…浦和学院の二年生エース小島君。

春センバツ優勝の立役者でもあり、県予選で完全試合を達成するほどの絶対的エース。

だのに…おいらが目の前で観たものはストライクすら取れない苦しむエース。

初回5四死球での6失点。

おそらくは自分を見失うほどの状況であったろうな。

結局彼は10点を失った。

そして浦和の監督が彼に「交代しよう」と告げた。

その時、この二年生エースは「いやいや」と首を振る。

10点取られさらにピンチのその状況でだ。

録画した熱闘甲子園を横で観てる奥が「10点も取られてチームに迷惑を掛けてるのになに言ってるの」

みんなそう思うのだろうか。

おいらは…その精神力に感動したわ。

次は…次は必ず抑えますからと言ってるその精神力にだ。

「このままじゃ終われない…このまま負けられない」彼は思ったんだろうな。

その思いが彼をさらに成長させる。

これを持ち合わせない投手が多いんだよなぁ…どこのチームだとは言わないけどさ。

小島君はきっと一冬越えて再び甲子園に出てくるだろう。

そう、きっとね。

最後に球場周りに飾られてた選手への熱いメッセージ。

Dscf0596

Dscf0597

何枚か掲げられていたけれど、写真は気にいった二枚。

『一生に一度の奇跡を今』この時に。

最初で最後の切り札をここで使っちゃうか…これから人生長いのに(笑

いや…それほどの想いが交錯するから甲子園は面白い。

お金がなくても時間がなくても…少しのあいだだけでも彼らと同じ場所にいたい。

そう思わせる甲子園が益々好きになってくる。

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界が泣いた

「昨日の夜9時から10時は日本中の人が泣いてたと思うよ」

何の話だ…娘が言いだす。

同じリビングでテレビを観ていたじいちゃんばあちゃんもボロ泣き。

なにがあったって言うんだよ。

『あぁ…ベイスターズが阪神に大逆転勝利をおさめたって話か』

もちろん違う。

どうやら救命病棟というドラマにやられたんだとか。

おいらも録画こそしてあるんだけど、いい加減にしか観てないんだよなぁ。

なんせ今回は進藤一生がいない。

松嶋菜々子だけじゃ役不足だべよ…って偏見でね。

それでも「世界が泣いた」ともなればちょっくら観てみんべえか。

内容は臓器提供の話。

松嶋演じる小島先生の甥っ子10歳が脳死状態となり臓器移植をすすめられる。

この10歳の男の子が臓器提供カードを保持してたんだな。

どうなんですか…世のお父さん、お母さん。

そのカード見たことあります?

おいらは実は見たことあるんですよ。

我が家の生意気娘がそのカードの保持者。

「目だけはね、ちょっとイヤなんだよなぁ…それ以外はオーケーにしてある」ってさ。

成人してる娘であるから、万一の場合親の承諾なしで事が進んでしまう(?)

まあ…親としてみれば複雑な気持ちだよな。

最後に小島先生が「私が…私が夕君の命を…」みたいなこと言ってたけれども、脳死を人の死と受け入れるにはかなりの覚悟が必要だろ。

近しい人間であればあるほど。

だから踏み込めない。

それをさ、臓器移植は新しい生き方だの最後まで人の役に立つだのとテレビドラマがあんまり言い過ぎるのもどうかと思うなぁ。

確かにドラマとしてはグッと来た…けれどもこれってどっかから圧力かかってんじゃねえか?

このドラマ観てその気になる人もいるだろ?

ここんとこ医療系のドラマが多くて、臓器移植の話題も多い。

臓器提供の意思はそれはもちろん尊いけれども、それが何かに影響されたものではいけないと思うよ。

おいらは基本…受け入れられません。

それにしても今回のお父さん役の俳優さん。

巧すぎです。

あなた誰?

ドラマの内容はすっごく薄っぺらかったのに、あなたの演技に世界が泣きました。

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇跡のバックホーム

夏の甲子園大会が始まった。

血沸き肉踊る…ってか。

いてもたってもいられなくなるぜぇ~。

ただ…誰でもそうなのかな?

高校野球って一時離れる時期ってのがあるね。

自分より兄さんたち…そして同級生あたりが活躍してる時には夢中になって見る(東海大相模の原や横浜高校の愛甲たち)

それからしばらく高校野球より面白いものに熱中し、またある時を境に高校野球が好きになる。

みなさんは「奇跡のバックホーム」という伝説をご存知?⇒知らない人はこちらを

おいらは甲子園に観に行くようになった数年前まで恥ずかしながら知らなかったですよ。

愛媛松山商業対熊本工業の決勝戦。

3対3の延長10回の裏熊本工業の攻撃。

一死満塁サヨナラのチャンス(ピンチ)

ここで松山商業の監督がライトを交代させる。

その瞬間、ライトへの大飛球。

ライトの矢野君がいったん下がる…しかしボールは浜風に戻され前進しながら捕球しそのままノーバウンドで本塁に送球。

熊本工業の選手たちがベンチ前で手を挙げるそのなか…矢野君の送球が三塁ランナーの本塁突入を封じた。

松山商業では外野からの返球は必ずワンバウンドで投げるよう徹底してたそうだ。

しかし矢野君の送球はノーバウンドで捕手のミットに。

この奇跡はいろんなことが折り重なって起きた。

そしてそれは奇跡と言っては失礼なほどの日常の練習の賜物であったんだな。

奇跡は偶然に(努力なくして)は起こりえない。

「それは九百九十九回の退屈な練習が千回目で開花することによって生まれたもの」

かの阿久悠先生も詠っている。

そして「最後の最後 最も重要な場で この時 ここでしか出来ないことを きちっとやってのける選手に敬意を表したい」とも言っている。

甲子園は筋書きのないドラマ。

筋書きがないからこそ魂も揺さぶられる。

おいらもちょっくら、あの熱い場所に行ってくっか。

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

低俗

福島は日本の宝。

原発の事故で苦しんでるから応援の意味ってんじゃないよ。

おいらは昔から福島が大好き。

福島は米が美味い、桃が美味い、柿が美味い、牛肉が美味い…食うもんばっかりかい(笑

いや、人もいい。

「ならぬものはならぬものです」の精神も日本人的で素敵だが、新政府軍から最後まで幕府を守ろうと義を貫き通した生真面目さも今に引き継がれてる(戊辰戦争が良いか悪いかの話は別として)

一度信じたものは最後までそれを通す…ほんと?(笑

その日本の宝である福島が風評被害で苦しんでる。

彼らはなにも悪い事なんてしてないのに。

ひどい話になると被爆者扱いで差別まで受けるとか。

故郷を失い、友人や家族とも離れ辛い日々を過ごしてる人もたくさんいるのにな。

なんとも切ない話しだ。

そんな苦しんでいる福島に更なる追い打ちをしようって奴がいた。

20130806122535_2←こいつ。

韓国の芸人だって。

持ってるのは福島産のさくらんぼ。

「日本人はこの体にいい福島産のさくらんぼを食べろ」ってさ。

韓国人の司会者が食べようとすると「韓国人は食べちゃいけない」って制する。

この低俗なコントが韓国で大喝采を浴びたんだと。

おいらんとこに持ってこい。

全部食べてやんよ。

先だって日本人と中国人の相手国に対する意識調査をした。

両国とも9割以上が相手国に対し悪しき感情を持ってるようだ。

韓国人の感情は知らんけど、おそらくは同じような結果となるだろうな。

事ここに至っても、まだ仲良くする必要があるのかな?

終戦記念日が近づいてきて閣僚の靖国参拝の話題が出ている。

まあ、毎年のことでする人もいればしない人もいる。

そんなの自由じゃねえか。

だのに…日本政府は非公式でありながら今年は公式参拝をしないと伝えたとか。

なんでそんなことすんだ?

インドに原子力の技術提供を目論んでいる日本政府の長が、原爆被爆者の御霊に献花をしていた。

不思議な話だ。

同様に…内閣総理大臣であるならば「英霊の御霊に誠を捧げよ!」

って…ネトウヨの口コミの影響を受けすぎだ(笑

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

箱根みやげ

箱根に行ったくらいでお土産買ってきてたんじゃ大変だべ。

んでも…会社休んで温泉に行こうとなると奥は仕事仲間にお土産を買っていかなければならないようだ。

たいへんなのね。

しかし箱根のおみやげって何がある?

寄木細工?

そんなもんひとりひとりに渡してたんじゃ破産しちまうべ。

かといって…大涌谷の黒玉子ってわけにもいかんべな…こっちなら手頃だけど。

そこで見つけたのが箱根SAGAMIYAさん。

Dscf0443

場所は箱根湯本駅。

送迎のバスロータリーの前。

おいらの狙いは「ナッツヴェセル」という焼き菓子。

Dscf0444

いんやぁ~写真が良く撮れてるわ。

これがンまいっ!

かりかり、さくさく、あっというまに食べきっちゃいますわ。

Dscf0442

お店に入ると大きさの違うナッツヴェセルが置かれている。

おいらの買った写真のサイズは3分の一のやつ。

これだと390円。

奥に持たせたのはミニと言われる150円のやつ。

ホント美味しいです。

もし箱根湯本に行かれるようなことがあったらホッシーブログを思い出して試しにひとつ食べてみてください。

今日は日々是完食でした。

さがみやさんのホームページ⇒HP

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛してやまない

5連敗?

それが?

慣れてますから(笑

おいらベイスターズファン歴長いから。

怒ってる人はちょっくら3位になったりしたもんだから勘違いしちゃったんだろ。

残念な人だ。

おいらこのブログでも何度も言ってるけど、今年だってベイスターズは最下位予想だよ?

ヤクルトがどっぷり最下位に浸かっちゃってるようだけど、開幕から怪我人続出でまとまに戦えてないからでしょ。

負けはじめると中畑清を責めはじめるけど、この投手陣でよくやってるわ。

他の人だったらもう投げ出してるよ。

ただし。

加賀美君はダメ。

ようやくつかんだ一軍のマウンドで気持ちは出てる。

ところがボールがまるっきり来てない。

現状ね…先日高校野球神奈川の決勝を観てきたけど、平学の熊谷君の方がずっとボールがいってる。

つまりは、加賀美は横浜高校を3点じゃ抑えられないよ。

これ、冗談じゃないよ。

あの球威とボールのうわつきじゃ横浜高校打線の餌食になるわ。

準決勝で東海大相模がコールドで負けたけど、そのマウンドに加賀美が立ってても不思議じゃないくらい。

どうしちゃったのかなぁ。

指導者に能力がないのかな。

今年はもうボールを投げない方がいいくらい。

走り込んでカラダ鍛えて来年の春のキャンプに備えた方がいいよ…後がないつもりで。

あのレベルのボールを投げてる加賀美を使った首脳陣も悪いが、上にあげようと判断したファームのコーチ陣もどうかしてるわ。

さてさて。

今宵行われた横浜スターライト2013

Finale1

5連敗したあとのセレモニーでみっともないったらありゃしない。

しかもかかるBGMがゆずの「栄光の架け橋」

恥ずかしぃ~~思ってたけどさ、流れる動画を観ていたら不思議に涙が出てきた。

頑張ってんだよなぁ…彼らも。

出てきちゃ打ちこまれるリリーフ陣もブルペンを出る時には多くの仲間に拍手で送られてるんだね。

仲間を信じるみんなに。

期待に応えて欲しいよねぇ。

プロの意地を見せてほしい。

おいらはいくら負けても何度負けても応援することをやめない。

我が家のリビングは家族でベイスターズ観戦をしてる。

負けだすとひとり…ひとり…リビングから自らの部屋に帰っていく家族たち。

しか~し…おいらはあきらめない!

ゲームセットのその瞬間まであきらめない。

選手があきらめたっておいらはあきらめない。

あきらめるのは簡単。

あきらめれば楽。

でも、あきらめたら終わり。

おいらは信じる…愛してやまないこの子たちを!

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶対自分は悪くない

まあね、なかなか自分の非を認められない。

そんな人もいますよ。

プライド高くてね。

自分にミスはないってさ。

だけれども…それも過ぎると滑稽ね。

周りの人間は笑っているよ?

笑われてることに気付いてないあなたは残念な人だねぇ。

いかにもおいらの知る誰かの悪口に思えるだろうけど、今回の標的は韓国

先だってのサッカーのゲーム。

例によって日本を中傷する横断幕を掲げたんだと。

20130730_higashiasia1_sei

「歴史を忘れた…」なんだって?

あんまり興味ないけどさ。

これをね…なぜそんなことをしたのかとの理由が、日本が旭日旗をスタンドで掲げたからだって。

日本人サポーターが旭日旗を掲げたからあわてて横断幕を作ったって?

へえぇ…そうなんだ。

いい仕事しますなぁ(笑

それより面白かったのが今日のニュース。

人が亡くなってる話だから面白いは不謹慎か。

昨今韓国でも中高年を中心とした登山ブーム。

ところが韓国国内には高山といえる山脈がない…そこで目をつけたのが隣国日本のアルプス連峰。

今回のニュースは韓国人パーティが遭難して数人の死亡者を出したという話し。

彼らが目指した宝剣岳はその日最悪の天候。

しかし彼らは強行…勇気ある撤退ってのをしなかったのね。

そして事故は起きた。

韓国メディアはこぞって日本を非難。

なんで?

誰を非難するの?

非難の矛先は日本政府。

観光誘致に積極的でありながら無責任だということだ。

山登りは危険でしょ…だったら外国人登山客に対して緊急用の携帯電話を持たすべきだったんじゃないか?

だって。

さらに…天候がわるかったのだから入山を拒否するなどの危険予知をなぜしてくれなかったのか?

だって。

彼らの宿泊した山小屋のご主人は必死になって止めたらしいじゃん。

それを振り切って強行したくせに…なにゆえ日本政府の責任につながるのか。

こんな子供の言い訳のような話を堂々主張する。

誰か…第三者の立場でもの言ってあげられる人いないのかね。

あぁ…そうそう。

おいらは旭日旗を否定するわけじゃないけど、訪れた国の人々が見てイヤだと言ってる物をわざわざ持ちこんで掲げた日本人。

どうしてそんなことするかな。

どっちが先に掲げたって問題じゃないよ。

日本人は!

そんなくだらないことやめようよ。

笑われてる人たちと同じレベルになっちゃうよ?

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »