« 鉄研会長の凄さ | トップページ | 終戦 »

親の責任

年明けに子供たちとの沖縄旅行を予定している。

いちばん下の娘が大学卒業…就職(のはず)を記念して。

じゃなくて…子育て終了の記念だな(笑

よ~く、頑張った。

そのご褒美だべ。

そう…子育て終了ですよ。

親の責任も終わりですよ…そうじゃないの?

騒がれてるみのもんた次男事件。

31歳だって?

こんなん…親がどうのこうのって話なの?

正直言いますよ…おいらはみのもんたに同情してこんな話をするわけじゃない。

自分が怖いんです。

成人して社会人となった我が子供たち…真面目でいい子であるなぁとおいらは自負してるけれども、この先とんでもない事件を起こさないとも限らない。

何か事を起こした時…親としての責任をおいらにも突きつけられるんですかね?

それはいくつまで?

彼らが何歳になれば免除されるんですかね?

一生ですか…死ぬまでですか?

もしそうであるならば…子供をもつってのは人生のなかでもかなりのリスクを背負うことになりますなぁ。

子育てに正解はないって言うでしょ。

誰だって子育てなんて初心者なんだ。

どうすれば問題を起こさないまっとうな子に育つかなんてわかりっこない。

だのに、「親がわるい」になっちゃうんですか(おいらもついつい親の顔が見てみたいなんて思うけどさ)。

だったらさ、子供なんかもたないで自由気ままに生きてった方がいい。

って結論に至りかねない。

それでいいのか。

みのもんたの沈黙を自分に重ねあわせ、そんな風に考えさせられたニュースであった。

ただし、ひとつだけ。

みのもんたが「みのもんたの子供じゃなければこんな大騒ぎにはなっていなかった」と言ってたが、みのもんたの子供だからこそ良い想いもいっぱいしてきたんじゃないのか?

いい会社にお勤めだけれども、それは本当に彼の実力?

世の中…良いこともあれば悪いこともある…プラスが大きければマイナスも大きいってことですよ。

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへ にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« 鉄研会長の凄さ | トップページ | 終戦 »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/58211803

この記事へのトラックバック一覧です: 親の責任:

« 鉄研会長の凄さ | トップページ | 終戦 »