« キャバクラ商法 | トップページ | クリぼっち »

意地

もう何年も競馬なんかやってない。

だのに、なぜか。

今年に限って買ってみようかなって。

競馬を知る友人に「今年の有馬記念はどんな?」訊いてみれば口をそろえて『オルフェーヴル』。

へぇ~そんなに強いんだ。

調べてみればオルフェーヴルの強さはもちろん、相手がいない強みもある。

スポーツ紙は無理やりオルフェーヴルを倒す相手を探しているが、無理なものは無理。

大穴を当てたことのある芸能人やマンテツなどとおだてられたバカな記者がオルフェーヴルは負けるのだと…。

あり得ないし。

ケガさえなければ…事故さえなければ…完走するならばオルフェーヴルの勝率は100パーセント。

こんなおいしい博打はそうあるもんじゃない。

友人にオルフェーヴルの単勝は110円つくのかな?訊いてみればもうちょっとつくだろうと。

前日の発表オッズでは単勝180円。

「えっ?おいらは甘いのか??」確実に勝つ馬に180円もつけるの?

奥に言う「100万円買えば180万円に!200万円入れれば360万円になる。こんなに楽して瞬時に100万以上儲かるなんて話はそうない。金出してくれ」言ってみたが今までさんざん辛酸をなめてきた奥はおいらなんか信用するわけもない。

おじいちゃんに言ってみれば「じゃ、1万円だけ買っておくか。正月用のカニでも買おっと」。

どうにもここいちばんの勝負処ってことが通じない。

しょうがない…おいらの貯金を全額つっこむか。

2年以上やってなかったのでインターネット投票もクビになっていた。

手続きがめんどくせぇー。

それもこらえて新しく入り直す。

これも小遣いを手に入れるためだ。

そしていざ購入ってところまできて…賭け事に100パーセントはないのだと思い直す。

もし…あっちゃならんことだが…もしオルフェが故障でもしたら…おいらの来年の野望は泡と消える。

う~ん…ここは有り金勝負ったって今手元にある有り金にしよってことで12000円(しょぼ)。

そしてレース開始。

オルフェーヴルはひとり次元の違う走りを見せ圧勝した。

まるでおいらの弱っちい心をあざ笑うかのごとく。

「かぁーーーやっぱり楽勝だったか」大金(おいらにとってよ?)を逃したおいらは熱くなりそのあと行われた阪神競馬場12Rに手を出しオルフェがくれたわずかばかりの小遣いも無駄に捨てた。

ま、これが博打よ。

これがおいらよ。

ああ…そうそう…タイトルは「意地」だった。

024_01_sample勝利ジョッキーの池添謙一 騎手ね。

なかなかの饒舌っぷりで騎手にしとくにゃもったいないくらいだった。

インタビューのなかで彼が言っていた。

「僕はオルフェーヴルが世界でいちばん強いと思います」。

オルフェーヴルは競馬界の最高峰凱旋門賞に二度チャレンジして二度とも銀メダルとなっている。

その凱旋門賞に騎乗したのはこの池添ジョッキーではなかったんだな。

海外での競馬ということでそこに精通したジョッキーを乗せオルフェーヴルの力を100パーセント発揮させたいという陣営の思いだったんだろう。

が、主戦ジョッキーとして彼は寂しかっただろう。

そして…ひょっとして自分が乗っていればオルフェが世界一になれたのじゃないだろうかと思ったはずだ。

そんなモヤモヤをこの有馬記念ですべて払拭したのか…その顔は晴れ晴れとされていた。

影をも踏ませぬその勝ち方に彼の意地を見たような思いだった。

あぁ~それにくらべておいらの土壇場での弱さよ…。

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

Twitter https://twitter.com/hossy5

|

« キャバクラ商法 | トップページ | クリぼっち »

●スポーツなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/58805128

この記事へのトラックバック一覧です: 意地:

« キャバクラ商法 | トップページ | クリぼっち »