« 遅きに失したなあ | トップページ | キャバクラ商法 »

ドラマ漬け

連続ドラマってのは、あんまり見なかったんだけどな。

忙しくて一週見逃しちゃうと一気に熱が冷めたりしたし。

火曜サスペンス劇場とか土曜ワイド劇場とかね…短編のやつはよく見てた。

人が死ぬやつ。

ところが…

ここ最近は人を生かすやつにハマってる。

「救命病棟」でしょ「医龍」でしょ「最強のドクター」でしょ…そして「ドクターX」

すごいね…創ってる人が。

よく勉強されてるわ。

これこそがプロフェッショナルなお仕事なんでしょうねぇ。

年明けからは、あの朝田龍太郎が帰ってくるようでわくわくですわ。

その前に…

終わっちゃいましたね…大門未知子。

続編もないとされてるし…寂しいわ。

今回もすごい視聴率で…おいら的には今年の流行語大賞には「私、失敗しないので」「いたしません」が選ばれると思ってたくらいだったのに。

米倉涼子のカッコよさと可愛らしさ…上手に描かれておりました。

彼女失くしてこのドラマは語れない。

そりゃそう。

だけれども…このドラマも脇を固める俳優陣がなんともいい。

西田敏行・岸部一徳は当然のことながら鷹野教授を演じた浅野和之。

第一話で早々飛ばされて画面から消えちゃったんだけど終盤戻ってきて…大門の敵かと思いきや最後にはいちばんおいしいところを持ってっちゃった。

「ここいらで私 ケツ、まくらせていただきます」

あの淡々としたセリフまわしがステキだった。

うまいね…あの人は。

でもでも、今回いちばん味のある役を演じたのが海老名教授の遠藤憲一。

見事でしたね~「顔がこわぁ~い」。

見てる人が「早く、早く海老名も行けよ!」思ってるところでもどっちつかず。

「なにやってんだ 俺 なにやってんだよ」ってつぶやきね。

生きてればさ、みんなそんな風に思うよ…自分の気持ち殺して…切ないセリフだったなぁ。

全9話か。

短かったなぁ。

どうして米倉涼子は「もうやらない」宣言しちゃったんだろ。

彼女はテレビ朝日に育てられたんじゃないの?

同局と決別したいのだろうか。

最後に第一話から浮きっぱなしだった三田佳子。

大女優なのにね…ちょっと設定に無理があったなぁ。

「もうこの世で私を抱けるのは…」

う~ん…痛い。

W000527131217


あ、蛭間の愛人役を演じてた笛木優子ね。

きれいな人だね。

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

Twitter https://twitter.com/hossy5

|

« 遅きに失したなあ | トップページ | キャバクラ商法 »

▲ひとりこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/58793077

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ漬け:

« 遅きに失したなあ | トップページ | キャバクラ商法 »