« バックアップはこまめに | トップページ | な、なんて旅だ »

最後のYELL

Securedownload「はい、お父さん」

昨夜帰宅したら娘がプリンをくれた。

メッセージが貼ってあって「今までありがとう」との気持ちだと。

家族それぞれにひとつひとつ…メッセージを貼り付けていた。

22年間への感謝の気持ちがプリンひとつかよ。

言うことなかれ。

なけなしの金で全員に買ってきたのですよ。

彼女も社会人となり来月からは給与をいただくことになる。

あっという間においらよりもお金持ちになるんだろうなぁ。

子育てが終わって子供たちが巣立っていく…寂しい?と聞かれれば…どうなんだろう。

嬉しい。

まあ、複雑。

おいらは「誰か百円くれないかなぁ」と呟いてる娘が好きだったから。

知らん顔してたけどね…おいらは。

だいたい他の誰かが手を差し伸べていたから(笑

オヤジは最後の最後…いよいよ困っていそうなとき。

じゃないとキリがない。

ってな娘も今日が卒業式。

奥もおいらも有休をとって武道館まで行くことにしました。

これも娘だけの卒業式じゃないってところもあるんで…自分たちにとっても卒業だからね…子供からの。

あっという間の4年間であったなぁ。

高校の卒業式でYELLの合唱を聴いてグッときて…それから4年。

本当に旅立ちの時がきた。

娘のエピソードでひとつだけ忘れられないこと。

高校3年の秋「受かったよ」とおいらの部屋に飛び込んできた。

彼女は学校推薦ではなく自己推薦にて大学を受験した。

なにゆえ学校推薦にしなかったのか…それはね、学校推薦だと入学しなければいけないから。

実はあの時、娘は大学進学をあきらめていた。

我が家が貧乏だから子供3人進学するのは無理だろうとの判断だったらしい。

ただ「合格した」証だけは欲しくての受験だったのだと。

「働きながら二部にでも通うよ」

これは親として切なかったねぇ。

なんとも言えない気分だった…「金のことは心配すんな」とも言えなかったし。

それでも何とか入学し4年間キャンパスライフを謳歌しこの日を迎えることができた。

それもこれも全て娘が自分の力で勝ち取ったもの。

友達にも彼女にも嫁さんにもしたくない性格(おいらにそっくり)の娘だけど、最後だからね…言っておくか。

君は我ら夫婦の最高傑作。

自慢の娘です。

おいらに生きた証があるとすれば、この娘だと思うわ。

今まで育ててくれてありがとう…言ってくれたけど、こちらこそ今まで楽しませてくれてありがとう。

卒業おめでとう。

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« バックアップはこまめに | トップページ | な、なんて旅だ »

▼子供のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/59346439

この記事へのトラックバック一覧です: 最後のYELL:

« バックアップはこまめに | トップページ | な、なんて旅だ »