« 母の入院に接し | トップページ | 格安航空会社 »

もはや殺人だな

日が経つにつれ詳細がわかってきた韓国船沈没事故。

携帯電話に残された当時の記録(動画)。

「とにかくその場所にいろ」船内アナウンスを信じて助けを待った。

かわいそうに…見捨てられてるとも知らずに。

半分は未知への恐怖と半分は沈むはずがないという大人たちへの信頼。

「死ぬ前にママへひとこと言いたかったな」という言葉もそれほど緊迫したものに感じられないな(動画が映ってる時点では)

本物の恐怖はあの動画が途切れたあとだろう。

そしてその頃、あの船長はパンツ姿で救助艇に乗り込んでいった。

子供たちが取り残された船内でお互いを励ましあっている頃。

どうしてああまで「そのままでいなさい」とアナウンスしたのだろう。

救助艇が限られてるから?

パニックになって乗組員ら自分たちがその船に乗れなくなるから?

そうなんでしょ。

なにはともあれ自分が助かることがいちばんでしょ。

そんな船に乗せられたのも運命といえばそうなんだけど、残された親としてはたまらないだろう。

自分の子供があの場所にいたらと思うと涙が出てくる。

子供だもん。

信じるよ…大人の言葉を。

今のおいらであれば何とかして外の様子を見に行こうと知恵も働くが、高校生の自分であればとりあえずは仲間と一緒にいた方がと思うだろうな。

今後真相が究明されるにしても子供たちは戻ってこない。

それでも無責任な大人たちを徹底的に追及してもらいたい。

あの国のトップにいるヒステリックなおばさんもだ。

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« 母の入院に接し | トップページ | 格安航空会社 »

●ニュースなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/59563818

この記事へのトラックバック一覧です: もはや殺人だな:

« 母の入院に接し | トップページ | 格安航空会社 »