« 来てよかったでしょ | トップページ | シナモンロール »

とかげの尻尾切り

戊辰戦争での責任の所在。

会津藩総大将の松平容保は外様だからとわけのわからん理由をつけられ死罪を逃れた。

家老筆頭の西郷頼母も帝からのお印を後世に残すためと逃亡。

二番目三番目の田中土佐や神保蔵之介も最後を見届けることなく戦中死。

よってその下にいた萱野権兵衛が賊軍会津の全責任を持って切腹自害した。

敗れれば誰かが責任を負わなければならない。

誰かが…。

残り数試合ともなったベイスターズだが来年の指揮をまたもや中畑清が執ることと相成ったらしい。

今年ベイスターズは強くなったとの理由からファンも概ね歓迎ムード。

会社も金さえ巻き上げれればモラルなぞ関係なしのモバゲーだけに成績よりも集客が増えたことが全てと言っている。

なんだ…このチーム。

要するに弱くてもスタンドに客が入ればいいと断言してるわけだ。

強くなったと言ってる人たちはどこを見て言ってるのか。

去年は打撃好調、投手陣ボロボロの5位。

今年は投手陣好調、打撃陣ボロボロの5位。

CS争いをしたと言ってる人もいるが現在だって3位とは7ゲームも離れてるじゃねえか。

どこで争ったって言ってんだよ…広島ファンだって阪神ファンだって誰もベイスターズを意識したもんはいないぜ?

おまけに今年は12球団最下位の守備率。

あきらかに昨年より弱くなってるべよ。

打てないにしても何とか点を取る工夫をしようとすればまだしも、無死でランナーが出ればバカの一つ覚えの送りバント、一死ともなれば強行ゲッツー。

何度見たか…この拙攻を。

中畑が入った当時は足を絡ませて少ないチャンスで得点するって掲げてなかった?

強打者が揃ったからそんなの必要がないって言うわけ?

強くなった弱くなったはファンの捉え方ひとつ。

強くなったというファンが多いことは確かだが弱くなったと言ってるファンだっている。

しかし…チーム発足当時の約束3年でCS進出ができなかったのは事実だし、「来年CSに行けなかったら私はクビです」と自ら言った中畑清も一年の猶予をもらいながらまたも約束を破った。

敗戦の責任を誰かが取らなきゃいけないべ。

誰が?

萱野権兵衛か。

またしても辞意をちらつかせていたツートップの高田・中畑は無罪放免。

責任はその下にいたコーチ陣になすりつけていくようだ。

こんな汚い球団をファンは許すのか。

おいらは理解できない!

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« 来てよかったでしょ | トップページ | シナモンロール »

●ベイスターズのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/60414350

この記事へのトラックバック一覧です: とかげの尻尾切り:

« 来てよかったでしょ | トップページ | シナモンロール »