« 老い | トップページ | 一緒にいて楽しい人 »

また繰り返す悲劇…何度も何度も

2年前…スタジアムが涙にくれた。

選手生命を真っ赤なユニフォームで終えようとしたかつてのベイスターズのスター石井琢朗が試合終了後ライトスタンドに向かって歩き始めたその時だった。

「駆け抜けるスタジアム君の勇姿」敵となってしまった彼だったけど、ベイファンは温かくその姿を見つめた。

琢ちゃんもね、思わず涙を流していたな。

おいらは思ったなぁ。

広島ファンには申し訳ないけど、琢ちゃんの心はこのスタジアムにあるんだなぁと。

そりゃそうだ…ベイファンは日本一あたたかい…選手を愛してる。

本当はこのチームで最後を迎えたかった…本音は死ぬまで語ることはないだろうが、おいらはあの涙はそう語ってると勝手に思い込んだ。

さて、

歴史は繰り返す…か。

16年間ベイスターズ一筋に生きてきた男にチームは引導を渡した。

なんて冷たいんだ。

金城は不遇だったなぁ…いいことなんか何もなかった。

チームとして考えれば本当についてない野球人生だっただろう。

数年前彼が初めてFAの権利を得たとき、中日が欲しがった。

「うそだろ~ベイスターズに残ってくれよ」ファンの気持ちを受け入れて金城はチームを去ることをしなかった。

だのに、その後もチームはひどい状態を続け…残ったことが良かったのかどうだったのか。

その金城を退団に追い込みやがった…DeNAって会社は。

「君を一軍に置いておくより将来有望な若手にその枠を与えたいんだ」ってことだろ。

どうして?

どうして…若手の台頭で本人があきらめつくまでやらせてあげないの?

AKBの篠田も言ってたべよ。

譲られなきゃ登ってこれない人はAKBにいらないって。

どの世界だって同じじゃん。

金城に若手の壁になってもらえばよかったんだ。

なんで無理やり壁を崩すんだ。

DeNAはどんなチームを目指してるの?

アメリカのようなドライなチーム?

それは誰が望んでるの?

ファンが?

おいらはこの二年間、忙しい時間を割いてスタジアムに通いました。

ファンが増えた増えたと声高に叫んでるようだけどさ、もうすっかり火が消えそうだよ。

金城が全てってわけじゃないけどさ、おいらの応援したいベイスターズに金城は不可欠だったんだよ。

ファンはそう思ってるよ。

理解できないの…バカ池田!

地獄に堕ちやがれ!

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« 老い | トップページ | 一緒にいて楽しい人 »

●ベイスターズのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/60594063

この記事へのトラックバック一覧です: また繰り返す悲劇…何度も何度も:

« 老い | トップページ | 一緒にいて楽しい人 »