« JR東海の仕打ち | トップページ | ほぉ~あの原監督と… »

絞彩苑 種田さん

素敵なお店を紹介しましょう。

京都に出かける前にはそれこそテレビで放映される京都情報を見逃さないように…と。

そのなかで日本テレビで定期的に放映される「心の都へスペシャル 千円の都 美の旅人~京都」。

このなかで紹介されているタイトルのお店に奥がどうしても行ってみたいと言った。

絞彩苑 種田さんのホームページ⇒HP

おいらも出かける前にこちらの店の情報をネットで調べてみたが、正直営業されてるのかなぁ?

ってもの。

実際出向く前にも奥に(やってるのかやってないのか)電話してごらんと確認させたくらい。

お店の場所も、観光客がなかなか行かない周辺。

気が向かないんだよなぁ…思いながらナビを片手に奥を連れて行く。

Dsc03925

この辺りだよなぁと立ち止まる。

いや、やってないよ…電気もついてない…恐る恐るドアを開けてみれば店舗の左側よりご主人らしき方が。

「あ、すみません。電気つけますね」って…商売っけないなぁ。

ところがそこに明かりがついてみれば美しき鹿の子絞りの商品の数々。

着物が大好きな奥の目も釘付け。

Dsc03922

我々のような興味本位の観光客にも誠意を持って対応してくださるご主人。

Dsc03923

鹿の子絞りについても丁寧に説明してくださいました。

「テレビで観たんですよ」と言えば『あれ、私なんですよ』と。

わかってますよ~これだけのイケメンなかなかいませんもの。

その後は京都の紅葉の話や皇太子殿下にご購入いただいた時のお話、最後にはベイスターズやベルマーレの話まで気さくに話してくださいました。

とても商売っけのない素敵なご主人…記念に写真を一枚パチリ(後ろにはパリコレにも出品されたという鹿の子絞りのドレスが)。

Dsc03924

関東で催しものがあれば連絡をいただける約束をいたしましてお店を後にしました。

「来てよかったです」言葉を残して。

そうそう…おいらも帯揚げってわけにもいかないので小物を購入してまいりました。

Dsc_0645

小さな小銭入れ。

ちゃんと鹿の子絞りでしょ。

鹿の子絞りとは鹿の子供の模様に似てるからだそうで、ひとつひとつの模様に4重に糸を巻いてから染め上げる手間のかかるものです。

こんなに小さな小物にも職人の手間がかかってるんだなぁと思えば愛しささえ覚える。

ひとつは娘にあげたのだけど、さてもうひとつはどうしましょ(笑

赤は皇太子殿下も購入された色だとか(愛子さまにかな?)

場所は五条大橋からは歩いて10分くらいでしょうか。

なかなかついでにって所ではないけれど、和装が好きな方であれば行ってみて損はないと思いますよ。

きっと気さくなイケメンご主人が歓迎してくださいます。

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« JR東海の仕打ち | トップページ | ほぉ~あの原監督と… »

☆観たこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/60733303

この記事へのトラックバック一覧です: 絞彩苑 種田さん:

« JR東海の仕打ち | トップページ | ほぉ~あの原監督と… »