« 食べ過ぎです | トップページ | 赤湯温泉旅…前編 »

オレ、本当に何やってんだ…

側溝に落ちたのは二度目。

それだけでも十分ダメ人間。

前回はズボンや上着が泥だらけになり軽い打撲…そんなもんで済んだ。

しかし、二度目ともなればそんなもんじゃ許されないんだな。

前回とは比べようもない衝撃。

「顔をうったな」と口の周りに手をやれば…その手が真っ赤に。

「血だ」気を失いそうになる。

ふらふらと家まで戻り玄関の鏡を見て卒倒しそうなった。

犬が吠え、おじいちゃんが出てくる。

「何があったんだ!事故か?」

この顔見ればそうだろ。

「お願いだから大騒ぎしないで…そっとしといて」

しばらくマキロンをティッシュにつけて傷口を押さえる。

みるみる赤く染まるティッシュ。

「血が止まんねえよー」

それでも一時間半ほどそうしていればだいぶおさまってきた。

そこへ奥が帰宅。

「何その顔…どうしたの!」

う~ん…どうやらティッシュで押さえてて済むような傷じゃないらしい。

即座に救急に連絡し夜間診てくれる病院を確認「はい、市民病院行くよ」。

病院に連れて行かれ事の重大さに気づく。

「こりゃ明日会社行くのは無理だな」。

看護師さんが順番に様子を見にくる。

「あらぁ~」

なに?なんなのあらぁ~って…おいらどうなんの?

ドクターに呼ばれ上から照明があたるベッドに寝かされる。

まるで手術室じゃんか。

「傷口を洗浄しますからね…それから縫うかどうか決めましょう」

洗浄?

さっきうがいさせられただけでも飛び上がるほど痛かったのに。

「最初に麻酔射ちますよ…さすがにこれは痛いだろうな」

びびるんですけど。

何箇所かに針が刺さる…でも、傷の痛みに比べればそうでもないよ。

顔を隠しますからと布をあてられテープで固定される。

洗浄はそこまで痛みがなかった(麻酔が効いてるから当たり前か)。

「あぁ~二箇所ぱっくり切れてるね」

せっかく麻酔かけたんだから縫っておこうとなる。

ひえぇ~ぱっくり開いた唇に針を通すの?

「痛かったら言ってくださいね…あぁ、声出せないか…手をバタバタしてください」

怖い…本当に怖い。

そんなこんなで恐怖の時間は終わった。

「あさって形成外科の方で再診してください。顔だから形成です」

仕事は無理ですかね?と聞くおいらに「絶対ダメとも言いませんが、その顔じゃ周りの人もびっくりするでしょ。無理しないほうがいいですよ」と。

また休みか…会社行きたくねえなぁと思いすぎて年末のインフルエンザも今回も願いが叶っちゃってる(言い方おかしいだろ)

さすがにこれだけ休むとまずいよ。

少し気を引き締めて精進しますわ。

みなさん、ご迷惑をおかけします。

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« 食べ過ぎです | トップページ | 赤湯温泉旅…前編 »

▽自分のこと」カテゴリの記事

コメント

一報を受けてびっくりしました!
顔面強打でさぞかし、痛かったことでしょう!!
打ち所悪ければ、危なかったですよ。

ゆっくり静養して下さい。完治したらミーティングしましょ。

お大事に

投稿: 住職 | 2015年1月12日 (月) 19:49

もう…
読むだけで自分までキュンと痛みがきたよ(´・_・`)
よく家まで帰ったね。
奥様もおじいちゃまも びっくりしたでしょう…

生きてて良かった

投稿: めぐ | 2015年1月12日 (月) 23:06

住職殿

好事魔多しって言いますが、おいらの人生順調すぎたんでしょうかね。
昨年からまったく病院と縁が切れません。
我ながら自分が嫌になってきます。
ミーティングを楽しみに(そこかい)頑張って治します。

投稿: ホッシー | 2015年1月12日 (月) 23:44

めぐへ

もう付き合いも長いから、あなたの友人は普通じゃないってわかるでしょ(笑
まったくもって波風たちっぱなし。
もういい加減おいらを演じるのも疲れてきました。

投稿: ホッシー | 2015年1月12日 (月) 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/60962467

この記事へのトラックバック一覧です: オレ、本当に何やってんだ…:

« 食べ過ぎです | トップページ | 赤湯温泉旅…前編 »