« 咲き誇るラベンダーを | トップページ | 恩返し »

愛を積むひと

公開その日を待って観にいった。

ロケ地が美瑛だと聞いたので。

偶然にも夫婦で美瑛に出かける予定。

そして…そのストーリーも夫婦中心のものともなれば、これはもうぜひ観なくてはならない。

そう思ったから。

(感想文が遅くなりすぎた 笑)

常日頃、夫婦はどちらが先に逝くべきか…そんなことふと考えながら悲しくなったりするおいらだから、映画中ずっと泣きっぱなし。

妻の愛が当たり前となる夫と、そんな夫を心配でしょうがない妻。

この設定に弱いんだよなぁ。

映画は美しい丘のまち美瑛を映しながら淡々とすすんでいく。

唐突に訪れる事件や人間関係がアクセントとなるが、奥底にあるのは愛。

愛を積んでいくドラマです。

この映画はいろんな感想があると思います。

人によって受け方が違う。

それはね、今置かれてる自分の立場によって違うと思いますよ。

おいらは純粋に受け止めました。

それと樋口可南子の美しさと存在感に圧倒されました。

女優って凄いなって。

もちろん柄本明がいなければもっと単調なものになってるだろうから彼の存在はやっぱり絶大。

最後まで観てとても強く残ったのはこの映画の言いたいところは夫婦愛のみではないと言うこと。

いちばん現実的だったのは父娘の関係。

おいらもそうだから。

想いはあるけど素直に表現できない。

そんな姿が佐藤浩市にあったね。

これが痛いほどわかる。

想うからこそ素直になれない。

そんな人だっているんです。

愛のあり方は人それぞれ。

「こんな設定おかしい」「リアルじゃない」

そんなところに重きを置かないでさ、こんな家族や人間関係もあるんだな…で、いいと思います。

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

|

« 咲き誇るラベンダーを | トップページ | 恩返し »

☆観たこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/61907166

この記事へのトラックバック一覧です: 愛を積むひと:

« 咲き誇るラベンダーを | トップページ | 恩返し »