« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

競艇

おいらもいろいろ博打したが、競艇もまた魅力あるなぁ

先日のアメトークの影響をうけて平和島競艇場へ遊びに行ってきた

Dsc_0778

Dsc_0779

迫力あんなぁ

そしてマークをターンするときのかっこよさ

競輪や競馬は、確かに道中の駆け引きもあるけど、勝負は最終周だったり4コーナーを廻って直線に入ってからだったりする。

勝負どころまではドキドキしながらその時を待つ。

ところが競艇はスタートから最初のマークをターンしたところで大方勝敗が決する。

だからそのターンが終わって自分の買った選手が先頭にいなければ残りの数分間ただぼんやりと眺めるだけ。

だったら自分の買った選手が先頭でターンしたら?

ところがこれもなかなか安心しきれないところがある。

2・3着争いしてる時なんざぁターンする毎にドキドキよ。

「やばい、並ばれた!」そう見えるわけ…だけれどもマークまわってくるとやっぱり前にいたりして…このドキドキ感は言葉に言い表せられない。

こりゃハマるだろうなぁ…ハマる人は。

おいらは昨日7レース買って5レース的中しました。

Dsc_0783

Dsc_0794

賭け金が少ないから驚くような儲けにはならなかったけれど、妹の宿泊代くらいは浮いた。

これもおいらの甲斐性だな。

いやぁ~面白かった。

それから平和島には本場の他に「平和島劇場」なる場外舟券場がある。

Dsc_0795_2

施設もきれいで家族連れなんかもけっこういた。

レストランや近くには日帰り温泉なんかもあるし、一日楽しめそうだ

思うけどね…これがなかなかひどい場所だ

Dsc_0796

全国で開催されてる8場の舟券全部買えるんですよ…ここ。

ひどいでしょ?

根こそぎ取っちゃおうってところだよ。

こんなところにいたらお金がいくらあっても足らないよ~。

でも、楽しい一日でした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとりの夜

いつ以来だろうか…ひとりの夜

子供たちが家を出て、奥とふたりの生活。

その奥が旅行で一晩家を空ける。

もちろん下にはおじいちゃんとおばあちゃんがいるので家に一人きりと言うわけではないが、2階においらひとりきり。

ひょっとして初めてのことじゃないかな。

なんとなくワクワクして、ぜんぜん寂しさなど感じることもないが不思議な空気。

物音はそぼ降る雨の音と、おいらが故意に出した音だけ。

それだけの世界。

いや、悪くないですな…一日や二日なら。

奥からのLINEで妹と楽しい夜を過ごしているとの報告が来れば、それもまたおいらも幸せでいい夜です。

どなた様も楽しい夜を♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失言

確かにおいらの道楽っぷりは尋常じゃないかもしれない

かと言って、あの失言はなかった…。

年が明けても友人たちとの旅の計画が続く。

それに対しなにひとつ文句を言わない奥。

となればついついそんな発言も出ちゃうでしょ。

「お母さんもさ、かおちゃん(妹)と温泉でも行ってくればいいのに…おいらが旅行代もってあげるから」

これに対し息子が高校受験である妹の都合がわからないって返事。

これが昨年晩秋あたりの話。

だからさ、すっかり忘れてたわけよ…おいらとしてみれば。

ってか、忘れてたってよりも「気は使ったよ」ってことで消滅した話だったけよ…おいらの中では。

だのにここへきて「かおちゃんとハワイアンズに行くことになった」と。

「出してくれるんだよね?費用」

マジかぁ~もうおいらの予算のなかから削除されてんよ…そんな話。

昨年暮れには妹から「ハワイアンズのお礼」と称しレシューのシュークリームの差し入れ。

さらには今年きた年賀状には「ハワイアンズ楽しみにしてまーす」とコメント付き。

もう…後戻りはできない。

ここに至れば「行ってこい」と言うしかないわな。

痛いなぁ…いや、楽しんでおいで…おいら泣いてるから…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

大晦日から年越し新年と仕事だったおいらは正月気分を味わうひまもなかったが、おじいちゃんの誕生日である2日はいい時間…優しい時間でした。

子供たちが集まってきてくれてね、一緒に誕生日パーティをしてくれました。

各々がプレゼントを用意してきてくれて、おじいちゃんそれを身につけながら何度も涙ぐんでた。

幸せそうだったな。

プレゼントってさ、中身がなにかはあまり重要じゃないんだよね。

少なくともプレゼントを選んでる時間はその人のことを考えてるでしょ。

それこそがありがたいんですよ。

今年も穏やかな一年でありますように…

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »