« 2017年4月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年10月

おごりと意地

自民党…勝ちすぎだろ

つまんね

元々わかってる結果なんでそんなことはどうでもいい

いちばんの興味は小池百合子か枝野幸男か

そこでしょ

Twitterでもさんざん言ったけど小池の「さらさらない」「排除する」に端を発したこの戦争

どうやら「私の靴を舐めなさい」と言った小池よりも「曲げられない。貫く」の枝野の方に国民の情が動いたようだ

都知事としても決められない無様な姿をさらしメッキが剥げかけてきたところへあの上から発言

そりゃさすがにアウトでしょ

気に入らない奴は排除する…は、有権者すらも排除したようだ

風を読むことのみでのしあがってきた小池が、世論を読み切れなかったか

いや、冷静な彼女であれば誰よりもこれはまずいとわかるはず

しかし、大の男がひざまずいて「なんとかお願いします」とすがりついてくるような毎日を過ごしているうちに勘違いしはじめたんだろうなぁ

愚かだな

小池百合子を見てておいらは関ケ原の石田三成を思い出す

圧倒的な有利な風を受けながら頭が高すぎた

周りの協力が絶対必要なところで「お願いします」と言えなかった

比べて歯を食いしばって屈辱に耐えた枝野

貫き通すってのはやっぱり人の心を撃つんだな

リベラルだの左だの右だの…実は有権者にとってそれほど重要じゃない

なんたって知らないんだから…ほとんどの人は

選挙は消去法

あの人にだけは入れたくないからこっちに入れる

政治家はそこを知った方がいいよ

秘書をいじめた、不倫した…能力よりもそんなところがだいたいの有権者のポイントなんだよ

なんならおいらを秘書にしませんか 笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おつかれさま、村田

村田が巨人に移籍した時には本気で彼を憎んだなぁ

見捨てられたという意識と、やっぱり巨人かよってひがみ

村田がエラーすれば大笑いしたし、チャンスにゲッツーを打てばバカにした

なにもかもその存在感の大きさから

村田がいなくなって辛い…とは口が裂けても言えなかった

言いたくなかった

しかし…

あの暗黒の時代に必死でチームの改革を訴えてたのは村田だけだったし、内川があっさりチームを見限った年、村田も出ることを悩んでいたが自分も一緒に出て行ったらこのチームがどうなってしまうのかと思いとどまってくれたんだった

いま思えばTBS時代の唯一のプロ野球選手だったのかもしれないなぁ

とうとう大好きだった巨人を去るか

ベイスターズへ復帰へと言ってるファンもいるがそれはない

村田がいなかったからこそ筒香が筒香になったし、宮崎も三塁手となれた

もちろんロペスもいて村田の居場所はベイにはない

チームを裏切った男だからって理由ではなく、村田にはもっと自分を生かせるところを選んでほしい

そしてね、現役を退くその時がきたら…チームに対する情熱を持ったままベイスターズに戻ってくればいい

彼はいい指導者になるよ

厳しさも優しさももってる

またいつかハマスタで会いたいね、村田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年12月 »