« 2017年12月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

悲劇 思い出が消えた

旅が大好き

美味しいもの

憧れの乗り物

感動の景色

それらを写真に収めるのも大好き

今はスマホのカメラ機能が充実していてそれで撮るのが主流となっている

されど…やっぱり写真はカメラで撮りたい

それも一眼レフで

でもこの一眼レフは重くて四日間の旅ともなれば重さが肩に食い込んでくる

真夏の汗をかいた洋服に食い込む重さは「捨ててやろうか」っつーなくらいの苦渋だ

それでも旅が終われば撮った写真で振り返りいろいろ思い出しながらフォトブックを作ったりこうしてブログに記録として残したりするのも楽しい

だからこそ荷物覚悟で重い一眼レフを持って歩く

だのに…その思い出が消えた

おいらは一眼レフと邪魔にならないコンパクトデジカメを使い分けている

どちらにもそれぞれSDカードは入っていたのだがWi-Fiでスマホに飛ばせるカードを買ったものだからそれを二機のカメラに出し入れして使っていた

これがいけなかった

帰ってきて写真を整理しようとカメラからSDカードを抜こうと思ったらない

どちらのカメラにもない

旅の終盤、あとは新幹線で帰るだけとなった時に荷物になる一眼レフをバッグ奥にしまおうとSDカードを抜いた時に消えたようだ

もちろん悪いのはおいら

場所はレンタカーの後部座席

う~ん…どこに置いたのかなぁ

即座タイムズカーレンタルに電話しそのこと伝えたが数分後「探したけどありませんね」

そこにしかないのになぁ

まあ、必死で探すことなんてしないよね…忙しいだろうし…ないと答えればそれで終わるもの

感動の甲子園100回記念大会も赴きあった伊根の舟屋も美しかった天橋立も消えた

ま、おいらの記憶のなかには残っているけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全席指定で当日発売に

大会16日間で100万人の観衆を飲み込んだ夏の甲子園大会

尋常じゃない人気

記念大会だから?

テレビで煽ったから?

チケットサイトでのチケットの高騰

高校生で金儲けすんじゃねえよ!

気持ちわりいな

もはや運営もほったらかしにしてる場合じゃなくなってんじゃねえの?

決勝の日、チケットは外野席までも朝のうちに完売

しかもせっかく手に入れたチケットも自由席であれば良席で観戦したいと早朝から並ぶ

いや、席どりをする

14時試合開始でありながら朝6時から席どり

あの暑さのなか何時間あの場所にいるのよ

とにかく入れればいいとするおいら達でさえ試合開始一時間半前から席で暑さに耐えた

通路側にいる人たちはさぞかし辛く苦しかったべえな

思ってるところへ試合開始時間にあわせて入場してくる人たち

当然席なんかない

それをスタッフに訴え、言われたスタッフが空席のある列の通路側に座ってる人に「座れないお客さんがいるので奥へ詰めてください」と

はなから真ん中にいたおいら達には関係ないことだけれど、試合開始何時間も前から席どりしてた人にそれは酷なんじゃねえの?

後からきた人たちなんて仲間一緒に座ることないでしょ…あきらめなよ

バラバラに座ればいいじゃん

そう感じたわ

来年からは炎天下で長時間の席どりをしなくていいように全席指定席

転売できないように通し券の廃止、すべてを当日券に

誰だってそう思うところだろ…やれよ高野連

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメラを止めるな!

奥とふたりでレイトショーを観に行くのが好き

なんだか夜遅くまで満喫し一日を長く楽しめたようなお得感があるから

ま、そんなことはどうでもいい

話題の映画を観てきた

どこを語ってもネタバレになりそうで内容については何も言えない 笑

言えるのは「とにかく面白い」ってこと

序盤、思ってたのと違う…思うかも

そんな人はいないと思うが、ここで席を立ってしまったら一生後悔(おおげさ)することになりますよ

最初に抱えた疑問をひとつひとつ晴らしてくれます

最後は爽快な気分で映画館を後にできるでしょう

この作品を考えた人は天才だなぁ

話し外れるけど、この映画はどこでも観れるわけではない

うちの周辺ではいちばん近いところで海老名

平塚以外の映画館ってあんまり行かないのだけれど今回の海老名のTOHOシネマは座席がすべてスペシャルシートって感じで居心地がいい

横幅も広く取ってあり前後の高低もきっちりあるからどこの席でも問題ない

ハマスタもこのくらい余裕があればなぁ…無理か

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変態随一

会社のY君

おいらの顔を見るたびに「イヴァンカイヴァンカ」と言葉を繰り返す

なにかと言えば以前来日したトランプ大統領

その少し前に姿を見せてくれたトランプさんの娘イヴァンカさんのこと

Mig

まあ~お美しい

Y君は我が社のホープである若手

まだまだ新婚さん気分の残るアツアツで赤ちゃんも生まれたばかりの幸せの絶頂で…あるはず

それが何故か会社では変態と言われている

〇〇〇が制服着て歩いてるくらいスケベ…とも

このイヴァンカさんが来日しその容姿を見せた頃はY君とこの話題で持ち切り

「旦那さんになりたいくらいだな」

誰かが言えばこのY君

「いやいや、旦那じゃダメでしょ。捨てられたらそれまで。自分はイヴァンカ自身になりたいっすよ。そうすれば好きな時に好きなところを…」これ以上は書けないわ

道徳上

にしても、やはり彼は変態だ…いや、変態随一だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年9月 »