★友達のこと

友人に感謝

「おまえが出て行くのか、それとも俺が出て行こうか」

離婚話にまで発展しそうになったベイスターズ宜野湾キャンプの旅…行ってまいりました。

「こうなったらひとりで行くから」

自由気まま…一日中…朝から夕方までどっぷりベイスターズのそばにいてやる。

そう覚悟してツアー会社に申し込んだが、「一緒に行ってやんよ」と中学時代の友人オヤが助け舟。

だったらば~初沖縄となるオヤに観光をさせてあげようと行程を練り、実に楽しい旅となりました。

「よくぞ5日間もケンカもせずにな…楽しかったよ」オヤの言葉が嬉しかった。

頑張ってよかった。

実際オヤはスタジアムに野球観戦こそ行くが、ベイスターズのファンってわけではない。

キャンプに張り付くのは退屈なんじゃなかろうか…心配しながらの沖縄入りだったのだけれど、それも杞憂に終わるくらいのはしゃぎっぷり。

中学の頃から冷静なオヤだったのに「恥ずかしいとこ見せちゃったな」と言い出すくらい。

可愛い山﨑君と記念撮影

Dsc_0157

中畑監督からサインをもらい
Dsc_0181_3

観光をし

Dsc_0210

カチャーシーを踊り

Dsc_0290

沖縄料理も堪能し

Dsc_0396

終いにはファンすらためらう会費5千円のパーティーにも参加するのりのりっぷり

Dsc04263

空港に向かうゆいレールに乗る頃には「オレ帰らなくてもいいんだよなぁ」ってさ。

すっかり沖縄にもハマっていた。

沖縄病も今ならまだ軽症だからね、八重山や宮古に行っちゃったら重症になっちゃうよ(笑

「おかげさんで本当に楽しかったよ」言ってくれる友人に、その何倍も感謝してます。

ありがとう、オヤ。

また旅に出ようね。

そして君に嫁さんを世話してやりたいな…どうだろ…ばつあり子持ちでもいい?(笑

応援のワンクリックをお願いしまする⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

会津魂…か

あれから一年か…。

皆が冷静になりはじめ、わからなかった部分が明らかになりだした。

動画サイトなどでもテレビのニュースでは見られないような生々しいそして恐ろしい情景が映し出されている。

臨場感にあふれ、思わず「早く逃げて!」口に出てしまうほどだ。

おいら達は一年経ってそれを動画というカタチで見るわけだが、その悪夢を目の前で見てしまった方たちの心の傷は一年経とうが癒されるものではないだろう。

未だ避難生活をされてる方も多く、行方不明となってる方たちもいる。

少しずつ復興に向けて歩きだしている一方で、まだまだ動けない人もいるんだ。

遠く離れて暮らしてるおいら達はついつい過去の事象と頭の中から消えてしまいそうになることもあるが、決して忘れてはならないのがもちろんだ。

大学時代の友人矢木からひょいと電話がきた。

奥の友人と結婚し生まれ故郷の福島県会津若松で暮らしてる奴だ。

大嫌いな友人だが(笑)さすがにあの時は心配で何度も電話を掛けたっけな。

『おまえはいい…子供たちはどうなんだ?!』

「無事だから…生きてるから」ってさ。

そんな程度のやりとりだったが、まあ安心したものだ。

矢木は平気…あいつは運だけで生きてきた奴だから。

おいらも強運だけは誰にも負けないと思ってたがあいつにだけは叶わなかったな。

その矢木が「今度息子がそっちの大学に行くから頼むよ」って。

おぉぉぉぉーそうか。

良かったじゃねえか。

「福島大落ちたからそっちに行かせるわ」相変わらず負けず嫌いで、子供のことまでおいらに負けるのが悔しいらしい(笑

『まあいいよ、それより日々の生活はどうだ?』聞いてみると「平気平気。会津は何でもねえよ」ってさ。

『そうか。自慢の米や柿はどうだった?』にも「まったく被害はなかったよ」

『それなら良かった。』

「大熊町の方から会津に避難しにきてる人がいるくらいで、あとは何の変わりもねえよ」ってさ。

いつもの強気がさらに増したようだった。

『会津は強いんだな』

「なに言ってる」

おいら一瞬、白虎隊を思い出しちゃってね。

そう…会津は最後の最後まで幕府を守ろうと不利な戦いも甘んじて受けたんだった。

転んでも立ち上がるんだよなぁ…会津は…それが会津魂だ。

東北の人の強さはテレビで見て知っている。

それをあらためて身近な友人から知らされたような気がした。

まだまだ震災は続いてるんだ。

負けないで!

頑張れニッポン!

頑張れ東北!

頑張れ福島!

少しだけ頑張れ、矢木!!

応援してください⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節便

鹿児島の友達。

こやつがなかなか愛想がない。

メールしても10日後の返信だったりすることもしばしば。

「返信遅くなってごめんね~」来たってさ『あれ?おいらメールしたっけ?』送信フォルダを調べなおしちゃうくらい。

しかしこんな友人だが季節に一度くらい“ごあいさつメール”が来たりする

「元気にしてる?」

いつもであれば『元気だよ。そっちはどう?』くらいの便りになるが

ちょっとばかり心が弱っている時なタイミングで来たりすればこのいつもと変わらないごあいさつメールが百倍嬉しかったりする。

『元気じゃねえよ』憎まれ口を返したりするが、その裏側に『あんたに会いたいよ』との思いが入っちゃったりもしてるかも。

いつも元気なこの人だから…元気わけてくれよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0泊温泉旅行

昨年のクリスマスイブをドラマチックに演出してくれた友人シブちゃん。

今年はイブはダメなんで少し早目のクリスマス。

お互いが持つ旅行土産がクリスマスプレゼントか。

しかしまあ、シブちゃん・・・相変わらずのわがまま出不精。

車の中にかかる長渕剛はドライブのBGMとしては不適当と指摘。

Dsc02805 しかもおいらがわざわざ西湘に出て見せてあげようと思ったキラキラ海さえ「車の中から見た」とPAに停めたにもかかわらず出てこようともしない。

「寒いから・・・」

『寒い時期だからこそこれだけきれいな海なんだ』

言うとようやくデブが・・・もとい出不精が車から出てくる。

おいらはね・・同行者をあっちこっち連れまわすので有名なんよ?

だけど今回だけは出不精プログラム。

Dsc02808 箱根仙石原近くの姥子温泉にあるホテルグリーンプラザ箱根

こちらが提供してるのがランチに日帰り温泉が付いたプラン。

以前宿泊させてもらった時の夕食がわりと良かったと記憶してる。

数年前にお茶した時のケーキも美味しかったな。

Dsc02821 ってことでまずはランチ。

限定20食の和弁当か洋食のミニコースを選択できる。

おいら達は少しずつシェアしようと和と洋を。

ランチとしては値段もいいんでね・・・お料理もしっかりしたものを提供していただきました。

デザートまでいただいたあとにお風呂をもらって帰る・・・は、少しあわただしい。

って方にぴったりの今回のコース。

Dsc02834 宿泊と同じようにお部屋を使わせてもらえます。

タオルも浴衣も当然使えます。

お茶やお茶うけのお菓子なども用意されており、本当に温泉旅行へ来たような味わいが体験できる。

部屋を使える時間は最長5時間。

お風呂に入ってミヤネ屋を観ながらお昼寝・・・夕暮れから再びお風呂入ってのんびり休憩して部屋を出る。

そんな使い方ができますよ。

Dsc02838 グリーンプラザのお風呂は内湯と露天風呂。

露天からは富士山がうかがえます。

どっちかというと女子の湯の方が真正面に見えるらしい。

お湯は箱根にしては軽い印象だな。

いやぁ~ほんとのんびり過ごせましたです。

旅館もこんな風に使えんのね・・・ちょっとはまりそう。

帰りは乙女峠から御殿場に出て東名で帰ってきた。

Dsc02850 途中御殿場の街の夜景があまりにきれいなんで車を停めた。

灯りはきれいに写らなかったけど、ぼんやりと闇の中に浮かぶ富士山がこれまた見事であったな。

ま、出不精のシブちゃんは出てきやしないけど・・・。

あっちこち歩き回るのが苦手と言う人にはこんな過ごし方もありますね。

これはこれでありと思います。

あ・・そうそう・・・プレゼント交換みたいになったお土産交換会。

シブちゃんはなぜか持ってきたお土産をそのまま持って帰りました(笑

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いのちゃん

『昨日マンションが売れたんだけど、ン百万の損失・・・かわいそうと思ったら夕飯でもご馳走してやってよ』

数少ない友人たちにメールしてみる。

これに即答えてくれたのが“いのちゃん”

扱いが難しいけっこうメンドーな子。

そしてまたおいらがそれに輪をかけてメンドーな奴。

対立したこともあったけどなぜか気が合う・・・なぜか会いたくなる・・・なぜか会えば大笑いできる相手。

おいらよりもずっと年下なのに年収もあっておしゃれで優しい奴。

「場所は任せます。どこに何時に迎えにいけばいいですか?」とメールをくれる。

それにしても今回はノリがいい。

『今日は中華を食べに行こう。コーヒーの店と2軒いい店を教えてあげるよ』返事する。

迎えにきてくれた車の中でちょっとぼやく。

実は彼・・・この4月から出向というなの転勤とあいなった。

誰も知らない場所で初めての仕事・・・ストレスはたまるいっぽうで馴染みの誰かと時間を共にしたかった。

そんな時にどんぴしゃのタイミングでおいらからメールがきたんだという。

新卒でなにもわからず先輩から叱られるのとは違うプレッシャー。

この年なので怒られるなんてことはないのだけれど、何も言われないプレッシャーは上のプレッシャーよりもきついのだろう。

「今日だけは!」

美味しいものたべて笑って愚痴って・・・

なんだ結局おいらが付き合ったのか(笑

行ったお店は本厚木にある慶福楼カフェ鈴木

両方ともエラク気にいってくれて・・・またひとりで来てみると言ってました。

それにしても慶福楼のお料理とカフェ鈴木のコーヒー&チーズケーキ&雰囲気はおいらの中でも格別です。

日々是の方に何度も載せることはないけど大好きなお店10本の指に入るおいらの中の名店ですわ。

いのちゃんもおいらがバイクの免許を取るのを楽しみにしてくれた。

一緒にバイクを買いましょう・・・と。

彼も最近はデジイチを購入し写真に目覚めている。

近場で撮影ツーリングとシャレましょうか。

ランキング挑戦中⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅、すんで・・・

朝会って、「二日間お願いします」と形式的なあいさつはするけれども特に改まってってなことでもなく、久しぶりな対面にも肩肘張ることもない。

Dsc00275 “こいつとももう30年来の付き合いか・・・”白髪の混じる友人を見ながら思ったりする。

『ふたりで旅するなんていつ以来だ?』

「いつ以来かなぁ・・・」

これもどうでもいいこと・・・思いだそうとしたりもしない(笑

『どうよ、景気は?』くらいの話はするけれど、仕事の話もその程度。

まったく違う職種で話したって聞いたってわかりゃあしない。

だから仕事の話もしない。

Dsc00053 「あの頃さ、青春18きっぷがあったら日本一周してたかもな」友人談。

そうだな・・・金なんかなかったけどよく出かけたっけ。

チャーシューメン食べてるおいらのチャーシューを「嫌いなの?」と取りやがって!

あの頃はラーメンをチャーシューメンにグレードアップするだけだって清水の舞台から飛び降りるくらいの決断が必要だったのに(笑

ふたりで車窓を眺めながら昔話をする。

美味いもの食べて、温泉に浸かる。

Dsc00227 「俺、晴れ男なんだよ」自慢する友人がキラキラとした白銀の世界を創りだしたのか。

4度目の米沢だったけど、今回がいちばんきれいなこの町だったよ。

駅まで送ってくれたホテルのお兄さんも「この時期にこれだけ明るい景色はめったに見ていただくことができないんですよ」言ってたな。

すげぇな・・おまえ。

会社の仲間との旅もすっごく楽しいけれど、旧友との旅もまた格別だ。

もちろん家族との旅も捨てがたい。

Dsc00192 言いたいのは『旅はいい』ってことだな(笑

| | コメント (3) | トラックバック (0)

休めないって・・・

高校時代の仲良し3人で旅に出ようよ・・・で、始まった話し。

残念ながらひとりは5日前になって「やっぱり休めない」となりました。

まあ、半分はダメだろうと思っていたのでそれほど落胆してるわけじゃないけど・・・それにしたってたった一日、有給とることすらできんのかよ~

残念な職場だなぁ。

「たった一日、有給も取れないでなんの人生かっ!」

有給消化率の高いお気楽会社に勤めるおいらはそう思う(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

悠々自適

おいらも大概道楽者だけどさ、昨日久し振りに会った友人のその道楽さには呆れた。

ホドってもんがあんべよ・・・ホドってもんが。

先日、来年1月の旧友旅行に誘おうかとメール・・・「今、北海道にいるんだよねぇ」と返ってきた。

相変わらず自由でいいね・・・君は(おいらが言うか)

この人もおいら同様、外国は行かないんだよね・・・なぜだか。

ところが“ふ”っとどこかに行っちゃう・・・そのクセは前からあった。

時計や皮製品が好きなのは昔からおいらも一緒だったけど、なにせ相手は独身・・・弾はいくらでもある。

東京や横浜のショッピング街やアンティークショップなどをよく廻ったもんだった。

ここんとこなかなか会うこともなかったが、昨日久し振りに平塚の湯乃蔵ガーデンで待ち合わせた。

おいらのが先に駐車場に到着・・・彼のくるのを待っていたが・・・来た・・・白いベンツ。

こっちはヴィッツ・・・名前は似てるがえらい違いだぜぇ。

風呂に入りながら近況を話し合う。

某業界に勤める彼・・・有名なあの人やこの人のマル秘話も面白い。

『そういえばこないだ北海道に行ってたべ?』と旅行の話を切り出せば「うんうんうん、来月は沖縄に行くんだぁ」って。

『マジでぇーーー道楽もんだなぁ・・・前も行ってたべ』に「うんうん、今度で今年7回目」

へっ?!今年6回も沖縄行ってんの??

「ハマっちゃってさぁ・・・いいトコだよ~本当は住みたいんだけどさぁ、さすがに仕事がない」

なるほどね。

マイルもたっぷり持ってるとのこと・・・いいなぁひとりもんは。

風呂あがりに気づいた。

ロッカーから乱暴に取り出し手につけた時計・・・ちょっとーそれ、ロレックスじゃん!

おいらに先を越されてから時計道楽もロレックスだけは避けてた彼・・・「上野のアメ横で(パチモノを)5000円で買いました」って。

うそこけ・・・どんだけ道楽してんだよ~

それでも700円の日帰り施設がことのほか気にいったようで・・・「今度ひとりで来てみよっと」言ってましたわ。

悠々自適って定年退職して年金などで自由に生きてる人達にあてはめる言葉かと思ったけど、この彼もマジ悠々自適に値すんわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旧友

子供の頃から友達・・・まあ、高校の時の友達。

社会人になればなかなか会うこともできなくなってくるけれど、毎日緊張を強いられる生活を過ごしていると「ふ」と会いたくなってくる。

それが旧友。

そりゃさ、年収の事やその他諸々気になる部分(相手のね)はあるけれども顔を合わせれば子どもの頃の顔に戻って利害関係なく時間を過ごせる。

このブログにもたびたび登場のクロ。

「ホッシーはいいね。旅行ができて。」

彼はなかなかに厳しい会社におり、旅行のために休日をとるってことができない。

『行こうよ、旅行』

「行きたいけど無理だよ。直前にならないと休めるかどうかわからない」

そこよ・・・計画の立てようがない。

ここでもうひとりの友人のタケ登場

『クロがさ旅したいって言うんだよ。でもさギリギリまで行けるかどうかわからない。だから一応計画をして、もしダメだったらタケとおいらの二人旅ってことでどう?』

「お!いいね!久々に3人で行こうよ~~計画してよ・・・日にちあけとくよ」

これがいい。

旧友っていい。

なんだかグッとくる。

『じゃ、クロにはそう言っておくよ』

これをクロに伝える。

返ってきたメール・・・「行きたいけど行けるかどうかギリギリまでわからない」

だからいいんだってば~それで(笑

もしこれが実現すれば最高だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やがて大きな花も咲く

バツ2の友人。

女手ひとつで二人の子供を抱え頑張ってる。

昼も夜も働いて・・・睡眠時間をけずって・・・それこそ身をけずって子育てに励んでる。

友達とはいえ、おいらは「頑張れ~体壊すなよ~」言葉を掛けることしかできない。

う~ん・・無念だがやむを得ん。

本当は会うたんびに福沢さんの5~6枚を渡し、子供に美味しいもんでも食べさせてやんな・・・なんてことしてえなぁ・・・んでも自分ちの子供にさえ美味しいもん食べさせてやれないからなぁ・・・。

その友人の愚痴。

愚痴はいくらでも言いなってところ・・・弱音だってそりゃ出るわね。

ところが今日の愚痴・・・「結婚したいなぁ(おいらと?笑)」

『おいおい、まだしたいのかよ~』とおいら。

「したいよ。安定した生活がほしい。そうすれば子供と一緒にいられるもん」

そうだね・・・それはわかる。

たださ、2度の結婚・・・ダメになった原因は?

相手の経済力を欲する・・・そこから始まる結婚は失敗すんじゃねえの?

相手に何かを求めて結婚するのはダメなんだよ。

結婚はね、相手と一緒にいたい・・・そして、相手のために何かをしてあげたいって気持ち。

「してもらいたい」じゃなくて「してあげたい」

お互いが「してあげたい」と思いながら生活して初めて成り立つんだろうと思うよ。

最初から相手に何かを求めちゃダメ。

それは再びの不幸の始まりです。

結婚は縁だからね・・・欲しちゃダメ・・・欲しなきゃ縁も出会いもない・・・そのあたりちょっと難しいけどもさ。

今は踏ん張り時。

花の咲かない寒い日は下へ下へと根を伸ばせ・・・って言葉もあんべ。

前回と違って、おいらが心から祝福できる花を咲かせてくださいよ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)