小宮先輩のこと

おっぱい星人

会社で残業中、一本の電話。

『よもやっ!』勘は当たる。

「おいっホッシー!今、樹勢にいる・・・出て来い」・・・小宮先輩だ。

『今、残業してんすよぉ・・・』

「そんなの知ってんよーーだから会社に電話してんだろっ!(その通り・・おみごと 児玉清風)」

さらに追い込みは続く・・・「とりあえず15分までやってこい・・・そのあと3分で風呂に入って30分にはこっちこい」

ひぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ

『猪俣さーん・・・やっぱ帰る!』

“樹勢”に着いたのが45分。

小宮先輩「おめえさ、風呂、5分入んなかった?」

きびしすぎぃ(>_<)

『それよりさぁ先輩、さっきの電話の時タッキー(上司)が話し聞いてて、一緒に飲みたいって言ってたよ』

「いいよぉ(拒否の方の・・・O氏がよく使う方のいいよ)あの人来ると恥ずかしいからさぁ」

ところが偶然とは恐ろしいもの・・・ちょっと外に出た瞬間、自転車でフラフラとタッキーが!

結局3人で小宮さんお気に入りのクラブへ・・・・。

そして・・・飲まないおいらが初めて見たタッキーの醜態。

彼は小宮先輩お気に入りの店2軒から出入り禁止をくらってるツワモノだ。

4人付いた女の子、すべてのおっぱいに関心をもつ・・・・「いいなぁ・・それ」とおっぱいを指さす。

急に立ち上がる・・・『なにしてんの?』見れば上から女の子たちの胸の谷間を見ている。

そこまでは序の口。

ここからメチャ悪オヤジぶりを大発揮。

いろんな理由を付けては女の子に触りだす・・・恥ずかしい。

「ねえ、ホッシーちゃん、あの人上司なんでしょ~何とかしてよ~」隣りに座ってた女の子が言う。

『ううん・・・小宮さんの上司』

「えっ?そうなの?ホッシーちゃんの上司じゃないの?」

『違うよ(-_-)』

「だってホッシーちゃんって小宮さんと同じ会社でしょ?」

『そうだよ』

「で、小宮さんの上司なんでしょ?だったらホッシーちゃんの上司でもあるんでしょ?」

『小宮さんの上司だけど、おいらの上司じゃない・・・断じてない』

.

タッキーの隣りで困ってる女の子・・・そのヒザに水をこぼす小宮先輩。

「わりぃ・・・向こう行って着がえてこい」

助け舟だったのかな?

小宮先輩は女の子にだけ優しいからなぁ・・・・。

ってなわけで、おいらの上司ではないが小宮さんの上司タッキーTacky

バツとして写真UP→

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ご祝儀!

ひさびさ先輩ネタ。224727401_202

おいらにささやかな祝い事。

『おいホッシー。祝ってやる。午後から会社休め』

「まじっすかぁ・・・いきなりっすかぁ・・・はぁ・・・」

どうしても今日じゃなきゃいけない・・・明日じゃダメ・・・今日じゃないとダメ。

なぜ明日はダメなのか・・・理由は簡単・・・今日がいいから。

『な・・・横浜行くべ・・・美味いもん食いに行くべ』(本人はまったく食べない)

「じゃあ、太田なわのれんでもいいですかぁ・・・牛鍋の店」

『うんうん・・・いいよ・・・どこでもいいからとにかく会社抜けるべぇ』

『ホッシーーータクシーで行こうよーん・・・歩くのやだよぉ』

「この時間混むじゃないですか・・・道・・・電車で行きましょうよ」

『しょーがねえなぁ・・・んじゃとりあえず平塚駅までな、な・・・・あっタクシーーー!』

もうつかまえてる・・・その後もタクシーの中『なあホッシーちゃん・・・このまま横浜まで行っちゃおうよぉ』

「ダメですって・・・ランチなんだから・・・間に合わないと困るでしょ」

駅に着き切符を買いホームに下りる。

『おーいホッシー!こっちこっち!』

「そこはグリーン車ですよ」

『いいじゃーん・・グリーンで行こうよん』

平日昼間・・ガラガラの電車・・・おいら達だけを乗せて走るグリーン車両・・・あぁ無駄だ。

『場所わかってんのかよ?』電車を降りたずねる先輩。

「はっきりわからないんですけど・・・伊勢佐木町歩いていけばわかりますよ」

『えぇーーー場所も知らねーの??   タクシー!!』

歩くの大っ嫌いな小宮先輩。

その後飲みまくる小宮先輩・・・連れまわされるおいら。

初めて行ったお店で付いた女の子と長崎に行く約束までしちゃって・・・その航空券の手配までさせられちゃって・・・・。

航空券2枚分で109000円支払い。

ランチが16000円。5555

帰りのタクシー代が10200円。

夕飯代が30000円。

その他飲み屋他に支払った金額が280000円。

おいらのお祝いと称し、湯水のごとく遣いまくった先輩なのでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

納得いかん・・・。

『いやぁ~優秀賞に選ばれちゃってさ・・・表彰式に出なきゃいけねえのよ』

小宮先輩がはしゃいでいる。

何の話かといえば・・・我が社の安全標語コンクール。

毎年この時期行われます。

最優秀賞2点、優秀賞8点、佳作10点が選ばれ1年間会社のあちこちに貼られます。

で、で・・・何で納得できないのか・・そのワケは・・・。

先日会社の70周年イベントでの写真コンクールの折、小宮先輩が『なぁホッシーちゃん・・・俺の名前で出しといてよ~』と言っていたのを無視・・・おいらがグランプリを受賞しちゃったってなことがあったわけなんだけど、それからというもの『自分だけよ・・・』嫌味の言いっぱなし。

今回も締め切り日・・・「出してない人は一点でもいいので提出してください」と朝のミーティングで言われ、『ねえ、ホッシーちゃん・・俺の名前で書いといてよぉ』の小宮先輩。

前回のこともあるし(これ以上の嫌味はイヤだぜぇ~)仕方なく書いたわけですよ。

2点・・・ひとつは真面目なやつ・・・もう一点は【まずは体調管理から・・・二日酔いでの出社はやめよう】と先輩の名前で出しておきました(笑)

それがですねぇ・・・優秀賞・・・あっ!もちろん真面目な方ね。

しっかし納得いかないんだよねぇ・・・おごってもらうけど・・・賞金の30倍くらい。

今回はO氏や“えもんかけ、ボルトガル”の上山さんも選ばれてました・・・おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶーやん

ひさびさに小宮先輩ネタを・・・・。

小宮家では最近ミニブタというのを飼いはじめた。

名前は『ぶーやん』

以下酔った時の小宮先輩のお話し・・・

『ブタってのはよ、意外に頭がいいんだよ~犬なんかが遊ぶボールあんべ?あれをコロンと転がすとよフッとそっちの方を見るんだよ(ミニブタの真似をしながらボールを見るポーズをする)』

「へぇぇ~それで!それで?」(追いかけて持ってきちゃうわけ?)みんなが注目する。

『ん?それだけだけど?』

ガクッ・・・見るだけかよ。

んでね、小宮家にはもともと小型犬が3匹もいたわけ~

で、なにゆえ今回ブタなのか!

これは小宮家夫婦間の罰ゲームみたいなもので・・・

前の犬3匹も小宮さんが悪さした時に奥さんが勝手に買っちゃったものなんだよねぇ・・・。

要するに悪さすると犬が増えるわけ。

で、3匹の子犬だけじゃ懲りなかった小宮さんに業を煮やした奥さんが今回はブタにしちゃったってお話しなんだよねぇ。

毎朝4時半に犬3匹とブタ1匹を連れて散歩させられてる先輩の姿を想像すると、おっかしくてしょうがないんだよねぇ(笑)

それともうひとつの期待としては・・・次に小宮家にやってくる動物はなんなのかなぁ?ってDscf6624 こと♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

天変地異?

気前のいいことで知られる小宮先輩。

しかし、その一方で貰い物も大好き・・・「せこっ」と思わせる部分も持ってたりする。

先日も奥さんと二人での温泉旅行・・・その費用を会社の福利厚生で申請し、わずかばかりの旅行補助を受け取ってたり(笑)

おいらこの先輩にご馳走になった翌日には何らかの貢物を持っていくことが義務付けられている。

ある時はまんじゅうであったり、ある時はカップ麺であったり・・・・なんにしても数百円のものだ。

持っていけば・・・「おっ わりぃじゃねーかよー。またお返ししねえとな」とご機嫌になる。

さて・・・物語はここから・・・。

先日「酢イカ」を貢物として渡した・・・これを先輩、机のところに隠し持っていた。

おいら休憩時間などお茶を飲んだりする時に、ついついその「酢イカ」に手がのびる。

隣りのO君にも「食うか?」自分のもののように勧めたり。

それも数日経つと「あれ?あれれれ?ない・・・」となり、それから更に数日経った今朝。

『おいホッシーよ・・・ちょっと大事な話しがあるんだけどよ』小宮先輩が話しかけてくる。

「なんですか?」(なんだ・・・あらたまって・・・)

『おめえさ、俺の「酢イカ」食ってねえ?』

(やべぇ)「まさかぁ・・・おいらがあげたやつじゃないですか・・・それをわざわざ食べたりしませんよぉー」

『そうかぁ・・・誰だべな・・・ここに隠してあんのおめえしか知らねえはずなんだけどなぁ』

「夜勤の人とかが食べたんじゃないっすか?ほら小宮さんの机んとこ、漫画や新聞があったりで、まるで宝石箱みたいだから」

『本当だな?天変地異に誓うな?』

(へっ?なんでそんな変なものに誓わなきゃいけないの?それって天と地がひっくり返っちゃうような異変のことでしょ?)

「誓います!」・・・『そっか・・それじゃ信じるべぇ』

あ~ぁ・・・変なものとはいえウソついちゃった・・・ま、いっか・・・【天地神明】じゃないから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

出たぁ~~~~!

昨夜の話し・・・友人にフラレタおいらはヤケになって残業。

そしてそれは、夜8時・・・労役(ヲイヲイ)を終え、会社の大きなお風呂に入り、あとは帰宅するだけ・・の至福のひととき・・・この瞬間におこった!

ガラガラぁーーー更衣室のドアが激しい音をあげ開く。

『おーーい、ホッシーーいんだろっ!?』

(うゎぁ~小宮さんの声じゃん・・・なんでいるのよぉ・・・なんだよぉ・・・しかもあの感じじゃ相当飲んでるじゃん)

ガラガラぁーーー(続いてお風呂のドアまで開けたようだ)

『ホッシーーーいるのわかってんだよ!下駄箱におめえの靴がおいてあんだよ・・・おい、ホッシーーーー!!』

(やべぇ・・どうしよ・・隠れるとこねーよぉ・・・ロッカーの中に!・・・いや無理だよぉ・・・)

足音が近づいてくる・・・・ざっざっざっざっ。

「来たっ!」・・・『おっ・・やっぱいんじゃねーか・・おめえが残業してたのはわかってんだよ・・タクシー待たせてあんだ・・今日もやっぞっ・・さぁやっぞっ・・行くべ』

「今日はちょっと・・・・」

『なにぃーーー?聞こえねえなぁ・・・早くしろよ』

タクシーに乗り込む・・・『運転手さん、こいつまだメシ食ってねえから、とりあえず一十九に行ってやってよ』

運転手さんにおいらの腹ペコ状態を説明する必要があったのかどうかわからんですが、とにかくメシを食わしてくれるらしい・・・(はぁ・・いきなりクラブかと思ってた・・・助かった)

あいかわらず自分は何も食べない・・・ただひたすら注文しおいらが食す。

“牡蠣のグラタン”を食べてるそばから“生牡蠣”を2人前注文する。

1人前を店員さんに『おまえ食べろ』断られると『んじゃホッシーお前が食え』

牡蠣9個は拷問っすから・・・。

その後・・・スナック・・・パブへ・・・。

いつも行くお店の女の子からおいらの携帯へ連絡がはいる・・・『ちょっとぉ・・うちにも来てよねぇ~』

この女の子・・・小宮先輩の○○なのに、なぜかおいらの電話番号を知っているのだ。

なぜなら・・・小宮さんはお財布持っててもお金は入れない人、携帯電話は持ってても持ち歩かない人だから・・・このあたりのゴタゴタに巻き込まれたくないよぉ・・・。

それでも昨夜はおいらに会う前のお酒が効いたのか、11時過ぎにはご就寝(あるお店で)解放されたのでした~助かった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

いただきもの・・・続

GOLFCLUB 先日のいただきもの・・・ゴルフショップに取りにいってまいりました♪

小宮先輩・・・行けば大歓迎されるわけです。

そりゃ、そーでしょうよ・・・買って!といわれればイヤって言わない人・・・ショップじゃモテますですよ。

GOLFBAG ←見てくださいよぉ~~この色。

確かにタイガーウッズあたりがこのカラー持っててもサマになるとは思いますよ。

しかし・・・おっさんがこの色じゃ・・・センスのわるい成金おっさんみたいじゃん。

で、店長が「小宮さん・・・いいパターがあるんだよぉ」と薦める・・・・4万円ですわ・・・『ん・・じゃ、それもらうよ』

お姉さんが「小宮さん・・・春物の新作セーター見てって!」・・・・『ん・・じゃ、それもらうよ』

言われるままっす・・・クラブ+バッグで31万円・・・さらにはパターとセーターにボール・靴下などでこの日さらに6万円。

これがすべて今おいらの部屋にあります。

その後・・・焼肉屋・・・寿司屋・・・クラブ3軒・・・いくら遣ったんだか・・・。

そんな小宮先輩が今回電話で会社の厚生施設の温泉に予約をしている。

それこそ一泊二食付きで1万円くらいのリーズナブル料金。

奥さんと二人で行くんだって・・・奥さんと行っても会社に申請すると一人分6千円戻ってくる。

この6千円がかなりうれしいんだと・・・・この人の金銭感覚・・・ほんとわからんっす。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いただきもの・・・

前出の小宮先輩。

この先輩の話は半分信じてもらえてないと思います(笑)

競輪で500万円儲かっただの、一晩で200万円やられちゃっただの、女房が実家に帰るのにお菓子でも買ってってやれと10万円渡すだの、おいらと二人で一晩で15万円も飲んだり食べたりしちゃうだの・・・。

おいらが誰かのブログを読んで、こんな人がいるって聞いてもやっぱりネタだべって思っちゃうだろう。

しかし・・・実在する人物なんすよねぇ・・・これが。

彼に関してはほぼ100%ノンフィクションです。

今回のお話は・・・・

小宮先輩『おめえさ、ゴルフやめちゃったの?』

おいら「そんなことないっすけどねぇ・・・金かかるじゃないっすか」

小宮先輩『また始めればいいじゃん』

おいら「う~ん・・・でもクラブももう5年近く触ってないし、まだ使えるのかな?」

小宮先輩『それなんだけどよ・・こないだ○○(行きつけのゴルフショップ)からゴルフクラブ買ってくれないかって頼まれたから買ってやったんだよ・・・だけど今の(ゴルフクラブ)気にいってるし慣れてるの使った方がいいからよ、しばらく店で預かってくれって○○に置いてあんだよ・・・お前、それ取りに行って使え』

おいら「えーーーいくらだったんすか?」

小宮先輩『27(万円)くらいかな・・・あ、バッグも買わされたから31(万円)だ・・・練習場行って汚してこい』

おまえ「まじっすか?傷とかついちゃうじゃないっすか」

小宮先輩『別にいいよ・・・俺いらねーから・・・おまえが使え・・・レンタルさせててやんよ』

これって・・・いただけると解釈してもよろしいですよね?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

小宮氏語録

世話になりっぱなしの小宮先輩ですが、昨日もたいへんゴチになってしまいました。

とにかくご馳走するのが大好き(なのか?)

本人はぜんぜん食べません・・・飲んでるだけ・・・へべれけって状態まで飲みます。

この先輩・・・なぜかうちの娘の心配をとてもしてくれます。

「あんまり根をつめさせちゃダメだぞ」これが口癖です。

昨日も3軒目の行きつけのクラブで“あたりめ”が出たとき、おいらが「先輩、“あたりめ”食べますか?」と聞いたところ、『おめえ(おいら)の娘が今この時間にも勉強してるのかと思うと、“あたりめ”も食う気にならねえよ・・・・』(笑)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

カ ラ オ ケ

今日は先輩・小宮氏が「おい、美味いもん食い行くぞ」

おいら『先輩・・・おいら今日は会社さぼって(半休)、横浜に行ってこようかと思ってるんです・・・だから無理っす』

小宮氏「ちょーどいいじゃんか・・・5時過ぎまでに戻ってこい」

そっこーーーで横浜行って帰ってきました・・・で、会社まで先輩をお迎え。

寿司屋、割烹料理屋さんを梯子(いくら遣ったんだか・・・)とうぜんいつも行くクラブのおねーちゃんも来てたわけで、そのまま彼女のお店に。

あ~ぁ・・・また先輩のお説教を受けるのか・・・いつまで経っても中学の野球部のまんま、なんだよなぁ・・・。

今夜はいちばんステージ側・・・カラオケ特等席じゃん。

おいらに付いた女の子が「最近失恋して、切ないんだよねぇ・・・」などと話す。

『そんな時は千春(松山)の歌じゃん』 「うんうん歌ってください」 『そっか・・そこまで言うか・・・そこまでおいらの歌を聴きたいか・・・おいら、本当は歌いたくないんだぞ?・・・でも、そこまで聴きたいって言うなら歌ってやってもいいけどねぇ・・・そこまで言うならばだよ』

ってことで、先輩のお説教そっちのけ・・・今日は歌に逃げました。

そういえば先日も「カラオケでも行く?」って話していた女子たちに割り込み。

『おいらもさぁ、行ってやってもいいけど(誘われてもいない)人の歌聴いてるのが苦手なんだよねぇ』

「え?自分は歌うんですよね?」

『もちろんそうだよ・・・だからおいらの歌をずっと聴いててくれるってなら行ってやってもいいけどね・・・もちろんワリカンな』

「さいあく・・・ですね?!」

そんな会話をしたばっかだった・・・やっぱ素人はダメだな・・・その点、こうゆうお店のおねーさんは気持ちよく歌わせてくれんねぇーーーワリカンにはしてくれないけど(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)