ぎをん 小森

Dscf0751


Dscf0748

ぎをん 小森

京都府京都市東山区祇園新橋元吉町61

075-561-0504

抹茶ババロアパフェ 1400円

しらたまあんみつ 1050円

しかしまあ、日本は景気がいいですなぁ。

パフェやあんみつに千円以上をポンと出す。

出したくって開店前から行列しとる。

せっかく京都に来たのだから…と、無理して出してるんですかね?

それとも何の疑いもなく平気で1500円ものお金をアイスに出してるんですかね?

「じゃあ、おまえは出してないのか」って?

出しました…開店前から並んで(笑

Dscf0754

白川沿いにあります京都を感じられる場所。

はんなりどすなぁ。

パフェはびっくりするほど美味しいわけじゃないけど半分は場所代だな。

お店のなかに入っても…

Dscf0745

廊下だけでも情緒を感じてしまいますわ。

こりゃ、女子にはたまらんでしょ。

夕方にはなればこの灯りも一段と雰囲気を増すでしょうよ。

よく考えられてます。

京都のお店は商いが上手ですわ。

さて本年もいよいよ本日が最後。

今年もた~くさん食べました。

なかなか更新が思うにままならなくて自分自身もいらいらいらいら。

こんな夏に訪れたお店を今頃紹介するありさまで…。

思い出しながらの更新ってのも変だよな。

しかしおいらもプータローじゃないんでね、これもまたしょうがない。

来年もこんなペースで紹介してまいりたいと思います。

来年もいっぱい食べて肥えましょうね。

みなさま、良いお年を!

ぎをん小森のホームページ⇒HP

応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祇園 かね正

Dscf0772

Dscf0771

祇園 かね正

京都府京都市東山区大和大路通四条上ル2丁目常盤町155-2

075-532-5830

きんし丼 1500円

まむし丼 1400円

まだまだあの事故が記憶にも生々しい祇園大和大路通り。

あの車が走った通りに北へ向かった路地にこちらの店があります。

お店はこの道に面しておらず、入り口はとてもわかりづらいです。

Dscf0765

そしてその路地を見つけ入り口までの細長い道を入っていくと行列です。

暑さのなか、こんな風通しの悪いところで待つのはちょっとまずいなと思ったのだけど、想像してたより待つ人数が少なかったので行列に加わりました。

これが…失敗だった。

どれだけていねいな仕事をされてるのか…ぜんぜんお店から客が出てこない。

列が進まない。

結局1時間15分ほど待ちました。

お盆の盛りくらっくらしてきましたです。

その間若いお兄さんが「お店に入っても待っていただくことになりますのでご承知ください」と数度伝えにまいります。

最後の方ははっきりもう無理ですとお断りしてましたね。

Dscf0768

お店に入れば…あぁ狭いわ。

こりゃ行列しますわな。

おいらは噂のきんし丼、友人は卵なんかいらないとまむし丼。

う~ん…おいらも卵いらんかったな(笑

だけれどもさ…友人の丼を見れば「そりゃちょっと寂しくね?」って絵。

国産のうなぎを使った1400円の丼ならそんなもんか。

うなぎ高騰のこの時期だからこんなに行列すんの?

おいらはうな新のうな重の方がいいなぁ…この値段出すなら。

旅の情報誌などにも必ずと言っていいほど載る有名なお店だからそりゃお客さんも来るだろうけど二度三度と足を運ぶって人はいるのかな?

いや、もちろん不味いって言ってるわけじゃないですよ。

だけれどもさこの暑さのなか1時間も2時間も並んで食べるほどのものじゃ…これが980円ってなら行列もわかる。

せめてさ…お店のなかは暇なんだからさ、焼いてるご主人以外のお兄さん二人がさ、外で並んでるお客さん達に冷たい水でも運んであげるくらいの配慮があってもいいんじゃね?

みんな熱中症になっちゃうよ。

嫌なら来なきゃいい…京都の店ってそうゆうとこが多いんだよ。

おいらは再び行くことはありませんね…ここには。

付きあわせた友人には申し訳ないって気持ち。

あ、もちろん悪い店じゃありませんよ…それだけは。

かね正さんの紹介サイト⇒こちら

応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶房老松

Dsc07389

Dsc02802

茶房老松 嵐山店

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町20

075-881-9033

晩柑 630円

廣川さんで食してる最中にカミナリ。

これはゲリラ豪雨が来るな…閉店時間となったウナギ屋にいるよりどこかゆっくりできるところで豪雨を凌ぎたい⇒旅記読んでね

だったらば目の前の老松さんへ!

自転車に飛び乗り老松さんへ着いた時にはどしゃ降り…ほんと間一髪ってとこでした。

Dsc07393_2 お店の前に自転車を放り出し店内へ。

意外や…静かな店内。

さっそく『夏柑糖を』頼むも「季節が終わってしまったんです」と。

それはない…だってまだこんなに暑いじゃん!

「グレープフルーツを用いた晩柑というものならありますが」

ほぉ~じゃあそれください。

Natsukan5_2 目玉の夏柑糖は夏みかんを用いたお菓子(写真は老松さんのHPから)

9月になるとそれはグレープフルーツのものになるそうです。

これがですね…まあ、美味い。

感動しますですよ…だったらば夏みかんの方も食べてみたいよなぁ。

これは食べさせてあげたい…ってことでお土産になりますかと聞けば大丈夫ですとのお答え(二枚目の写真)

お荷物になるようなら四条の大丸さんにも売ってますのでと教えてくれた。

ならば最終日に買ってから帰ろう。

ただし売り切れとなることが多いので予約しておいた方がよろしいとのアドバイス。

その通りにして買って帰りました。

冷やして食べた奥。

今まで食べたお土産の中でいちばん美味い!と感激してくれました。

来年からお中元はこれに決めたらしいです。

おいらもそれがよかろうと思います。

そのくらい美味しいです。

嵐山に行かれるようなことがあれば(もちろん夏ね)ぜひとも寄って一休みしてみてください。

おいらのこの文章がオーバーではないとわかってもらえると思いますよ。

しかし…京都は深いなぁ。

老松さんのホームページ⇒HP

応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫野和久傳ジェイアール京都伊勢丹B2F 老舗弁当コーナー

Dsc07623

Dsc07621

Dsc07622

紫野和久傳ジェイアール京都伊勢丹B2F 老舗弁当コーナー

075-342-5630

鯛ちらし 2625円

安い京都ツアーだったので新幹線は“こだま”、しかも半端な時間で…。

まあ、銭さえ出せば“ひかり”に変更することもできたし、そうすれば京都駅で夕飯を摂ってから帰途につけたのかもしれない。

だけんども…一生懸命安いツアーを探し出したのに、むざむざその手にのって結局は安くなかったとはしたくない。

だから中途半端な時間のこだまで帰ってまいりましたですよ。

それでも1100円出せば今まで乗ったこともない新幹線のグリーン車に変更できると聞き、その話だけは乗りました。

3時間以上乗るならば楽なグリーン車の方がいいべよってね。

どうせグリーン車に乗るならばそれにふさわしいお弁当を買って乗り込みましょうかってことで見つけたのが京都の有名店『紫野和久傳』から選択しました。

単刀直入に申しあげましょう。

『絶品です!』

こんだけ美味しい弁当のご飯を初めて食べました。

もちろん、おかずも見事なんですけどもね、鯛の出汁で炊かれたご飯が抜群でした。

一緒に食べたイノちゃんとも思わず顔を見合わせちゃったくらい。

確かにまあ値段が値段ですから、このくらいはと思いますけどもね、冷えてもこれだけ美味しいってのが素晴らしいわ。

もう箸が止まらなくてさ、あっという間に完食。

う~ん…もうちょっと楽しみたかったなぁ。

男子には少し物足りないかな(量的にね)

2個ずつ買っていけばいいか…って、弁当で5千円オーバーかよ…そりゃ無理だ。

Dsc02794 完全予約制ってわけじゃないけれど、確実に食べたいと思うのであれば予約しておいた方が安心。

いまホームページ見たら同じ鯛ちらしも二段弁当ってのがありました。

値段は4725円だって。

この値段で紫野和久傳のお料理がいただけるのはありがたい…みたいなコメントもあったのでお得なようですよ。

おいらには簡単に受け入れられない値段ですけども。

しかし…美味かったわぁ。

紫野和久傳さんのお弁当紹介ページ⇒HP

応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤオイソ四条大宮店

Dsc07609

Dsc07612

ヤオイソ四条大宮店

京都市下京区四条大宮東入ル立中町488

075-841-0353

ミニパフェセット 1155円

朝ごはんを食べすぎてお昼を食べに行く気にならない。

それでも鞍馬でお風呂なんぞを浴びてれば、だんだんとお腹もすいてくる。

お昼14時過ぎ…「お腹すいた~」

しかし、夜にはたっか~いお弁当を予約してしまってある。

帰りの新幹線で楽しむためのものだ。

それを…今がっつり食べてしまったのでは無駄にしてしまう。

小腹を満たす程度のもの…で、思い出した!

ヤオイソのフルーツサンドがピッタリじゃね?

山を下りてきてヤオイソ烏丸店を目指せばお休み。

「なにやってんだよ~年中無休のはずじゃねえか!」前日にも予定外の夏休みって目に遇ってるんで怒りがこみあげる。

あきらめますか…イノちゃんの言葉にも「いや、本店があるからそっちに電話してみる」

してみれば、すぐに応答「あれれ」

今烏丸店の方にいるんですけどなぜかお休みしてますが…言ったら夏休みなんですよねぇって…本店の方はやってますんで。と。

またかよ…悔しいけどもうカラダがフルーツサンドを欲してる。

車を飛ばしてこちらの本店に伺いました。

階段を昇りカフェスペースへ。

Dsc07610 見つけたメニューがフルーツサンド&ミニパフェ&ミックスジュースの3種が楽しめるセット。

これが嬉しい…すべてが美味い。

イノちゃんも「これ、やばいっすね」って。

やばいってのがどうゆう意味かわからんが、きっと美味しさに感動したのだと思うよ…腹も減ってたし。

しかしこのサンドイッチのじゅわぁ~ってのジューシー感…見事でございますなぁ。

Dsc07613 おいらが遊んでいるあいだずっと働いてる奥にお土産としました。

1Fのショーケースの中には悩むほどのフルーツサンド各種。

めんどうなのでミックスにしちゃいましたけどもさ、桃やメロンなんかもいいですなぁ…夏はマンゴーも。

フルーツサンドを売る店は幾多あれど、好きであれば是非ともここのもお試しあれ。

お店は四条大宮駅の目の前です。

朝食のついてないプランでホテルに泊まる人なら朝食用に買っていくのもよろしいかと思いますよ。

ヤオイソさんのホームページ⇒HP

応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

進々堂三条河原町店

Dsc07481

Dsc07484

Dsc07476 進々堂三条河原町店

京都府京都市中京区中島74

075-241-1179

プレミアムブレックファースト 1580円

京都二日目のモーニングをこちらでとりました。

京都市内に数店舗を構えるパン屋さんの本店です。

京阪三条駅から橋を渡ってほどなくにあるロイヤルパークホテルの1Fに入っています。

そのホテルに宿泊したお客さんは皆こちらでモーニングをとるのかと思っていたらまったく別の店舗営業だとか。

そう言われれば店内からホテルに通じるところもないし、入り口もホテルのロビーとはまったく違うところだったな。

前日のイノダとはまったくの別物。

こちらは基本パン屋さんね。

うちの方でいえばサンマルクみたいな。

朝からパン食べ放題で、焼きたてのパンは美味しいし調子にのればお昼を食べれなくなるほど選んじゃうだろうと思いますよ。

サービスをおこなってるお姉さんも元気で明るくていい。

おいら達が選んだのはモーニングメニューの中でもいちばん高いやつ。

このハムがめちゃくちゃ美味しいからと聞いたので。

Dsc07479_2 ん~でも、ここはパンが食べれればいいと思う。

メニューには上の写真のほかコーヒーとオレンジジュースが。

パンとコーヒーで十分という方ならば600円ほどで朝食がとれます。

どうしても前日に行ったイノダと比べてしまいますが…いろんなパンを食べてみたければこちらの進々堂、京都らしさを味わいたければ老舗のイノダってところかな。

どちらも数店舗の支店展開をされているので都合のよいお店を選べばいいと思いますよ。

まあ、どっぷりと本物の京都気分を味わいたければ6千円出してくださいよ(笑

進々堂のホームページ⇒HP

応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶寮都路里 本店

Dsc07449

Dsc07451

茶寮都路里 本店

京都府京都市東山区四条通祇園町南側573-3

075-561-2257

涼菓 1050円

抹茶ミルク 630円

季節感なくて申し訳ないです(笑

9月に訪れたお店です。

本当は祇園のもう一軒のお店に伺ったんだけど営業時間終了ってな状況でしかたなく変更したのがこちら。

暑い一日で…階段の上から長い行列。

ちょっとへこたれそうなところだったけれども『どうしても氷を飲みたい』その一心で並びました…女子に混じって(笑

ぶっちゃけ男は他にいませんでしたよ。

店内入れば本当にきれいで驚く。

いかにも京都が好きそうな女子のお店って感じ。

Dsc07445 座れば冷たいお茶。

配給って具合の量だね。

暑い日だったんでとても助かったけれども。

辻利のお茶ともなれば「もう一杯ください」と気軽に声を掛けるのもはばかれるわ。

Dsc07446 ふたりして氷をお願いしたけれども、逆に熱いお茶が一緒に運ばれてきた。

これがまた美味しい。

んでもって~この氷たちが美味しすぎる。

暑かったから点数が加点されたのかなぁ…にしても、笑顔になるくらいありがたかったです。

甘味以外にも軽くお食事なんかもできるそうです。

気に入れば1Fにある辻利さんでお土産を購入することもできる。

こちらもまたうっとりするくらい綺麗なお店だったわ。

さすがはその名を轟かせる名店でありますなぁ。

都路里さんのホームページ⇒HP

応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うなぎ屋 廣川

Dsc07381

Dsc07377

Dsc07382_2 うなぎ屋 廣川

京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町44-1

075-871-5226

うなぎ丼 2000円

吸いもの 300円

Dsc07373 このお店に行くのであれば確実に予約して伺いましょう。

なんだかね…おいらはお料理のことよりも1時間以上ほったらかしにされたことだけが強烈な印象として残っちゃって。

入店した時には5~6人ほどが入り口待合の椅子に腰かけてたんで、「これだけの人気店、このくらいは覚悟のうえ」ってな気持ちでおいら達も座りました。

ところが待っても待っても順番がこない。

ってかね…後から来る人来る人が先に案内されていく。

どうゆうことだ?思ってるあいだに1時間が経ってました。

なんだこの店。

おいら達は地元民じゃないんですよ。

観光客なんですよ!

京都での1時間がどれだけ貴重なものか…わかってもらえないんですかね。

ひとこと「予約が入っておりますので1時間以上待ってもらうようになりますが」言ってくれればさ、もちろん出ていきますよ。

勝手に5~6人程度の待ちと思いこんだ客のおいらが悪いんですかね?

結局案内されたのは最後から二組目。

「肝焼きを」も「売り切れです」

だろうね。

食べ終わる頃にはおいら達ともう一組のお客さんだけで、なんだか居づらい。

外の天気が荒れそうな雰囲気だったけど、ここでの雨宿りは迷惑そうだと即退店しました。

肝心のうなぎの方は…忘れちゃった。

美味しかったっけな。

「最初に確認しなかったあなたが悪いんでしょ」ってか?

まあ…そうですね。

後悔しとります。

元々行きたかったお店が夏休みで臨時休業…仕方なく選んだお店だもの…しょうがない。

もちろん人気のお店でその理由は随所に見られます(フォローしとかなくっちゃ)

廣川さんのホームページ⇒HP

応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イノダコーヒ 本店

Dsc07270

Dsc07266

イノダコーヒ 本店

京都府京都市中京区堺町通三条下ル道祐町140

075-221-0507

京の朝食 1200円

京都旅行でホテルに朝食を付けなかったのは、どうしても行ってみたいモーニングのお店が3軒あったから。

そのうちの1軒が言わずと知れたイノダコーヒ。

コーヒの後ろの「-」を忘れてんぞ…思われる方もおりましょうがイノダコーヒが正しい。

正しいか正しくないか知らんがイノダはそう標記する。

それはそうと…「京都で朝食って言えば南禅寺前の瓢亭の朝粥だろ~」言われる方。

あなたどんな生活されてんですか?

朝食に6千円も払うってんじゃ神様は許したってうちの娘が許しませんよ?

まあ…年末ジャンボが当たればおいらだって行きますよ…そりゃ行ってみたいわけですから…なんなら希望される皆さん全員お連れしますが?

そんな与太話はおいといて…現実的なイノダさんですよ。

朝食に1200円はどうですか?

ホテルで朝食を摂ればもっとよい値段を取られるでしょ?

おいらは東京大丸にあるイノダの支店でコーヒーとスパゲッティで1600円を払った覚えがあるんで、この1200円が安く感じちゃいました。

Dsc07265_2 これにオレンジジュースが付きます。

んでもってね…このグラスのイノダのマークが可愛いでしょ。

このマークはシュガーの袋にまで付くんですよねぇ。

あらためて言いますけどね…いちばん上の写真…コーヒーの。

ミルク入れる前のブラックの状態のがきれいに写るのに~思われる方。

イノダさんは砂糖もミルクも最初から入ってきてコーヒとなりますよ。

おいらも普段は砂糖を入れませんがここのコーヒーは入れて美味しい…なんでだろ?

催眠術かな。

残念なのは喫煙可能な店内。

ついついおやじのテーブルをにらみつけちゃったりしますわ。

朝からそんなに競って煙りあげてんじゃねえよ!

時期のいい時に伺えるのであれば外のお庭の席の方がいいかもしれませんね。

Dsc07272 お店の入り口近くにはイノダの雑貨コーナー。

あのイノダのマークの入ったカップやらコップがた~くさん売ってますんでお気に入りを探してください。

スタバグッズを集めている連れのイノちゃんも心惹かれたようだけど、これからあっちこち出かける朝だったので思いとどまりました。

イノダさんのホームページ⇒HP

応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川辰

Dsc00683

Dsc00685

天ぷら 川辰

京都府京都市南区久世川原町65

075-921-0865

ランチコース 2625円

京都は桂川のほとりにあります一軒家の天ぷらやさんです。

Dsc00707

ご主人…桂川の駅がいちばん近いと仰ってましたが、これがなかなか…辿り着くに苦労するかと思いますよ。

「へっ?ここ??」ってなところにあります。

だからこそ…静かでとても落ち着きます。

よく言われる“隠れ家なんとか”になるんじゃないでしょうかね。

『お写真…撮ってもよろしいですか?』聞けば「撮っていただくほどのものじゃありませんが」

職人さんらしく朴とつとされてますが、カウンター越しに京都のお話をひとつふたつとしていただけます。

いいですね…ここ。

五都物語第二位です。

おいら的には先日の蛙吉さんと、どちらを一位にしようか迷ったほどの印象でした。

ランチは完全予約制となります…そしてメニューはランチのコース一点のみ。

Dsc00674 カウンターとお座敷があるようですが、おいらは迷わずカウンターを選ばせてもらいました。

座ろうとして気づく…『シャーベット??』

いきなり?…大根おろしでした(笑

「みなさんそう驚かれます」ご主人。

カウンターの上には季節のお野菜…名物のさつまいもも当然ありますが…これがなぜかコースには含まれておりませんでした。

コースは先付から。

Dsc00681

続いて鯛のお造り。

で、ここからが天ぷら…京都の天ぷらは関東と違ってごま油を使わないので胃にこない。

海老~ワカサギと続いてヤングコーン、花菜、タコ…箸休めのサラダが出ましてかぼちゃ。

して…

Dsc00698

レア感たっぷりな小柱。

いやぁ~うまかった…のけぞっちゃいました。

「天ぷらは以上となりますが何か別にご注文があれば…」言っていただいたので当然

Dsc00702

さつまいもを一本まるまる揚げます。

これがまた美味い!

2本揚げていただきましてね…6人でわけました(ちょうどいいかも)

野呂ちゃんは「ホタテをもうひとつ食べたかった」言ってました…おいらは実は“かぼちゃ”が絶品と思いましたよ。

かぼちゃって天ぷらにするのがいちばん美味しいのじゃないだろうか…思いました。

Dsc00709 〆には小さなかき揚げ丼。

みそ汁も漬物までも完璧。

ランチコース2625円はお見事でございました。

京都で天ぷら?言う方もおられるでしょうが、食わず嫌いは損をしますぜってほどの良いお店でした。

ごちそうさまでした。

川辰さんの紹介サイト⇒こちら

どちらかひとつクリックしてねんにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)