ラーメン二郎 横浜関内店

Dscf2345

Dscf2341

ラーメン二郎 横浜関内店

横浜市中区長者町6-94

小らーめん 690円

味付け玉子 80円

噂のラーメン二郎にチャレンジしてきましたよ。

無謀でした。

完敗です。

小ですよ…おいらの頼んだのは…それでも無理。

「ごめんなさい、食べきれなくて」謝りましたですよ。

そしたら慣れたものなのか…大丈夫ですよ~快く許してくれました。

そう、この厨房で働くお兄さんがすっごく感じよくて。

二郎の本を出した芸能人ともめてたりってな話題もあったんで、めんどくさい店なんじゃないの?と偏見もって臨んだもので拍子抜け。

お高くとまってないところも人気の秘訣なのか。

Dscf2339

開店前から一時間半並びました。

噂にたがわぬ人気。

ラーメンも食べきれなかったおいらが言うのもおこがましいんですが、美味しいんですよ。

特にスープはいいなと思いましたですよ。

もうちょっと早く上の具が処理できれば食べきれるんだけどなぁ。

Dscf2344

ぶた、トッピング。

いわゆるチャーシューメンですが…写真見ただけでもお腹いっぱいになりそう。

おいらも最初はこれをと思ったのですが、あきらめました。

戦わずして完敗です。

まあ、我々の世代が頑張って行くお店ではないですよね。

若い人にお任せで。

そうそう…藤沢にもオープンすると言ってました。

だんだん西にさがってきた…低気圧…もとい、高気圧のようだ。

最近はあちらこちらで“もどき”なお店が出現してるようですが、チャレンジするなら元祖なお店で。

ラーメン二郎の食べログ⇒こちら

応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

壱源二代目 平塚店

Dscf1962

Dscf1965

壱源二代目 平塚店

平塚市平塚5-22-23

0463-26-7536

札幌味噌バターコーンラーメン 780円

焼き餃子 230円

「壱源ってどっかで聞いたことあんなぁ」食券を買いカウンターに座りながら考えた。

「そうだっ!ここじゃん!」

そうなんだよ…ここに家系とんこつラーメンの店があったんだ…すぐ辞めちゃったけど。

おいらもオープンしてすぐに行ってみたのだけど美味しくなくて逃げるように食べ残して出て行った嫌な思い出が蘇った。

失敗したか?

思ってた時に出てきたのが上の味噌ラーメン。

「完璧じゃねえか!」思わず口に出た。

このビジュアル…味噌好きにはたまりませんですよ。

うっまそーー勇んで箸をつける。

う~ん…普通だな。

普通ってよくわからんでしょ…よくみんな言うけれど…普通に美味しいとかって。

ここのは「美味しい」は付け加えない…普通。

ビジュアルでハードル上がっちゃったかなぁ。

これならぶっちゃけ500円の小林屋に行くわ。

餃子も230円だから頼むけど、なくてもいい(笑

結局千円払ったわけだもんな。

あんまりお得感もないし、特別美味しいわけでもない。

これが正直な感想です。

Dscf1961

娘の頼んだ赤からラーメン。

龍上海を思い出すがこれも特別喜んでなかった。

あそこは近くにスシローがあって商売が難しいんだよなぁ。

ここ数年でも何軒も変わってる。

生き延びるにはもう少し特徴が欲しいところかもね。

壱源二代目 平塚店のふるなび⇒こちら

応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋台 まみちゃん

Dsc04333

屋台まみちゃん

福岡県福岡市中央区天神2 福岡銀行本店昭和通り側

090-1921-0389

博多での夕食。

いろいろ考えました。

特にモリックさんは肉全般がダメな人。

ラーメン屋さんに行く?

しかしせっかくの博多…それで済ますにはもったいないな。

屋台の雰囲気味あわせてあげたい…屋台なら肉以外でも食べるものあるし。

ただ屋台選びは難しい。

悪い噂も聞くわけですよ。

地元客と観光客じゃ値段が違う…とかさ。

あっちこち調べて天神なら初心者にも優しいってな情報もあったんで中洲よりもこちら。

その中でもこの屋台なら“もつ鍋”が食べれんよってことで、それだけでまみちゃんをチョイス。

これが大当たり。

Dsc04317

まあこれ食べてよ~ってサービス(だったの?)で出てきたピリ辛の手羽先。

うまいわぁ~。

Dsc04319

Dsc04322

Dsc04329

Dsc04326

おいらが食べた数々。

もつ鍋は美味しかったなぁ…スープがいいわ。

これにご飯か麺を入れてあげるよって。

その他モリックさんや細川さんがいろいろいろいろ取って食べてましたが会計となって驚いた。

全部で8千円…え?8千円??

間違ってない?

こんだけ楽しんでひとり1600円?

申し訳ないくらいだわ。

ってね…楽しんでって書いたでしょ。

これが楽しいんだわ…まあ、沖縄のゆんたくと同じで同席した人たちの相性や性格にもよるんだろうけど、おいらの隣にいられた札幌から来られてたご夫婦…その向こう側には静岡から来られてたご夫婦(?)かわいい二人組。

なんだよ~みんなJ2に落っこちたプロサッカーチームを抱えた街から来てんじゃねえ。

だったら盛り上がろうよってさ。

最後はママさんのまみちゃんが写真撮らせて~~って全員集合。

Dsc04331

一応うちのメンバー以外はモザイク入れときますね。

もーさんは顔がでかいからほとんど出ちゃってるけど、まいいでしょ(笑

いやぁ~ここ近くにあったら必ずまた行くわ。

横光さんは新婚のかみさんを連れて行くって言ってた(うらやましい)

おいらも再び博多に行くようなことがあればまみちゃんの顔を見にいきます。

寡黙なご主人も頑張って。

長く続けてね。

素敵な思い出をありがとうございました…ごちそうさま。

まみちゃんの食べログ⇒こちら

応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

中村屋…再訪(何度目か)

20131104_133032

20131104_133011

中村屋

海老名市中央2-5-41

046-233-7278

特味噌らーめん 1050円

あじ玉らーめん 850円

ひっさびさ週末の訪問。

「あ、まだやってる(あたりまえ)」

小雨降る土曜日のお昼…行列もなく何だか拍子抜け。

もうこんなもんですか?

初めて中村屋に伺った頃は美味しいラーメンの代名詞みたいなお店だったよね。

ここと「なんつっ亭」。

美味しくて有名なラーメン屋さんがあちらこちらにできたことでファンも分散されてるのかしらね。

初めて中村屋で食した時にどんなこと書いたっけな。

あらためて読むこともしない(笑

スープ(醤油)は美味しいけれど、麺があんまり好きじゃないんだよな…そんなとこだったかな…と。

あ、あとチャーシューが美味いんだよなぁ。

それをのせたご飯とか…そんな印象が残ってるわ。

で、今回行ってみればなんと味噌らーめんがあった。

もちろん迷うことなくそれを。

感想は…あんまりってとこだな。

やっぱり中村屋は醤油のがいいや。

チャーシューは相変わらず美味しい…炙ってから出すやつもいいわ。

20131104_133027

ちょっとだけ食べたいと思ったおかかご飯。

ちょっとしょっぱいなぁ…味はいいんだけど。

奥は塩らーめんを美味しいと称賛しておりました。

中村さんはいまハワイのほうに行かれてるんだってね。

そういえば何度か訪れたけど彼に会ったことは一度もないわ。

なんつっ亭の古谷さんは何度かお見かけしたけれど。

20131104_132140

それでもお弟子さんたちもみな同じ天空落としをされ、かっこいいからいいか(笑

しっかしラーメンが千円かぁ…もう普通なのかそれが。

中村屋さんのホームページ⇒HP

応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一蘭 平塚店

20130704_231317


20130704_230549

一蘭 平塚店

平塚市四之宮5-25-1

0463-55-2877 

ラーメン 790円 

追加チャーシュー 3枚 150円

スマホでの写真で失礼。

業務終了の深夜…「ラーメンでも食べ行く?」で突然の訪問となりました。

平塚に一蘭ができた~と大騒ぎしてからどのくらい経ったか…それでもランチタイムやディナータイムには行く気が起きず。

だってさ…駐車場も入れないんでしょ?

だからまあ…この突然の深夜の訪問も好都合っていえば好都合。

20130704_230742

「空」って緑の字。

これが空いてる席です。

平日の深夜11時くらいの状況と理解してください。

自動券売機でチケットを購入しましてから席に着きます。

20130704_230825

席は隣の人とは仕切られてて、友達や家族と出かけても孤独感があります(笑

テーブルには追加注文の伝票があり、追加をしたい場合にもう一度券売機まで行く必要はなくなっています。

おいらはここでゆで玉子を追加してみました。

味に関してのコメントはやめましょうね。

博多ラーメンが好きか嫌いかなので。

おいらは屋台で食べた長浜ラーメンがなつかしく好きな味でありました。

チャーシューも薄いハムみたいで食べやすい。

ただし…高いね…ぶっちゃけちゃえば。

最初から替え玉ありきって感じだし。

誰に聞いても「少ない」と言いますよ。

おいらは深夜の訪問だったんでちょうどよかったんだけれども。

お得感でいえば断然お隣の小林屋さんの方がずっと上ですわ。

ってなリポートとなりました。

一蘭平塚店のホームページ⇒HP

応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かもめ食堂

Dsc09915

Dsc09906

かもめ食堂

新横浜ラーメン博物館

ミニ気仙沼ラーメン潮味 550円

Dsc09914

ドライカレー 320円

ひさしぶりにラー博へ。

おなじみ(毎回行く)龍上海の人気は健在でおいらも嬉しい。

50分ほど行列に並びまして大好きな辛みそラーメンをまず一杯。

そしてなんとびっくりな「初めてなんですよ」の鉄研会長をあっちこっちに案内し、さてもう一杯となった時に選んだお店がここ。

らーめん博物館ってのはさ、全国の人気店が呼ばれるところでしょ?

ここに来れば「あのラーメンが食べられる」ってのが売りだから。

この「かもめ食堂」みたいに架空のお店が入るってのは稀でしょうねぇ。

いや…架空のお店ってのは正しくないか。

Dsc09918

以前、気仙沼で人気の大衆食堂であったらしいですよ。

しかし残念ながら事情で閉店してしまい、かの大震災で残されていた店舗すらも消え去ってしまった。

それを無念に思った人気ラーメン店のご主人がこのらー博に復活させたって話らしいんですよ。

だからまあ…実際のお味かどうかはわからないところなんですがね。

そんな話であるならば是非行ってあげようよって気にもなるってもんじゃないですか。

だからかな…龍上海に負けず劣らずの大行列ができてました。

ラーメンは素朴な味わいで美味しいですよ。

麺もぷりぷりで美味しい。

ワンタンがまた輪をかけて美味しい。

おいらは塩味の方をいただきましたが、しょう油味の方がより素朴さを味わえるかも。

メンチカツなんてメニューもあり、興味を惹かれましたが二軒目ってこともあり断念。

会長とふたりドライカレーを半分こしましたが、これはまあ食べなくても良かったかな。

いつの日かこの店をプロデュースされた千葉さんが気仙沼のその地に「かもめ食堂」を復活させるかもしれませんね。

あ…話それるけど「かもめ食堂」で検索するとドラマや映画にもなったあのかもめ食堂がいっぱい出てきました。

だからなんだってこともないんだけど(笑

応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺家いろは 海老名ビナウォーク

Dsc02711

Dsc02707

麺家いろは 海老名ビナウォーク

海老名市中央1-18-1 ビナウォーク6番館 1F

046-232-9333

黒プレミアム 980円

一口餃子(6コ) 350円

奥とビナウォークに出かけ、どこでお昼にしようか。

考えてた時に奥がひとこと「こないだテレビでやってた達人のお店がビナにあるよね」

そんなんあったっけ…しばらく考えて…『あぁ黒いラーメンのお店か』

その達人のお店がビナウォークに二店舗。

味噌にも惹かれたけどもここは基本の富山ブラック。

行ってみましょうとなった。

味噌の方はぜんぜんお客さんがいなかったけれども、こちらはまあまあの入り。

テレビでやっても行列するほどではないのね…まあ、達人がいるわけじゃないからね。

まずは券売機でオーダー。

なんだか暑いなぁ…涼しいところへお願いしますと案内を頼む。

餃子は甘くて好きな味。

6コ入りでちょうどいいな。

Dsc02714 ラーメンがきた。

うわぁ~本当に黒い。

ところが見かけほど濃くなかったりする。

それどころかコクもない…んでしょっぱい。

これが達人の味?

う~ん…おいらは好きじゃないなぁ…麺にコシもないし。

Dsc02709 奥の塩ラーメン。

これは見かけも美味しそうね。

奥の感想も「美味しかったよ」でした。

まあ、ラーメン食べるたびの感想だけれども基本こうゆうラーメンが好きじゃないんね。

なんの参考にもなりませんでしょうよ(笑

麺家いろはさんのホームページ⇒HP

どちらかひとつクリックしてねんにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 波 WAVE

Dsc01305

Dsc01311

Dsc01317 麺屋 波 WAVE

鎌倉市由比ガ浜2-22-2

0467-23-6080

カレーつけ麺 並盛 880円

中井貴一が小泉今日子と最後の恋をしたドラマ。

あのドラマの中では日々是で紹介してみたお店がいくつか舞台となっていたな。

おいらのブログを参考にしたんだべ(笑

そのドラマに出演していた坂口憲二がバラエティ番組「もしもツアーズ」のゲストとして訪れたのがこちらの店。

主演の中井貴一がカウンターの隅っこで待っているっておまけ付きだった。

絶賛してたんでいつか行ってみよと思ってたのも意外に早くチャンスが来た。

日帰り小旅行の帰りに同僚6人でお邪魔。

肉アレルギーのモリックさんがいるんでお店選びも慎重に。

ここなら麺のトッピングとして鶏肉のチャーシューとスープの中に鶏肉の煮たものが入っているだけ。

それならば取って誰かにあげればすむ(いつもそうしてきた)と思ったんだけどね…このスープの中にひき肉が。

モリックさんにはかわいそうなことをしてしまった。

最初に訊けばよかったね。

麺とトッピングされた鎌倉野菜をタレなしで食べてました。

ただし!

このスープに入ったひき肉が美味い。

申し訳ないけど美味い。

Dsc01313 そして麺が終われば、続いて出てくるはご飯とダシ。

スープの中にご飯を入れ出汁を加えてお茶漬けとしていただく。

これがまた美味しい。

カレー自体が美味しいんだね。

野菜もチャーシューも美味しいし…これにデザートのアイスまでが出て880円はお得。

ラーメンもカレーも好きって方なら楽しめると思いますよ~♪

マイナス点を挙げるとすれば…駐車場がないこと。

以前はあった道路をはさんで反対側にあったコインパーキングが閉鎖され近くにはコンビニの駐車場しかない。

このコンビニの駐車場がコンビニの駐車場でありながら有料で15分200円。

1時間停めると800円の駐車料金がかかってしまう。

厳しいな。

もっと駅の方に停めて歩いてくればいいんだろうけどさ。

メニューはこのつけ麺とカレーライスに鎌倉ナポリタンなるものが壁に貼られておりました。

どちらかひとつクリックしてねんにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無鉄砲つけ麺 無心

Dsc00770

Dsc00777

Dsc00778 無鉄砲つけ麺 無心

奈良県奈良市中町323-1

0742-51-7272

豚骨つけ麺(小) 750円

餃子 400円

五都物語飲食店ランキング9店舗中8位がここ。

先のスマート珈琲とここだけが無投票。

同じ無投票でどうしてこちらが8位かといえば…「ラーメン屋も美味しかったけどね」とコメントがあったから(笑

思い起こせば…昨年奈良を訪れた時にも夕飯としたものがこの無鉄砲チェーンの豚の骨だったなぁ。

なんで奈良は麺ばっかなんだ。

って言うのもさぁ…見つからないんだよねぇ…手ごろな値段で美味しいお店ってのが。

志津香って釜飯やさんに惹かれたんだけど昨年も今年も定休日の火曜日に当たってる。

金さえ出せばなぁ…奈良もいいお店があるんだけど。

それに、できればいろんなジャンルを…って選んだ結果、ラーメンの日がない。

ならば奈良じゃ行列でも有名な無鉄砲グループってことになったんですわ。

おいら達がうかがった時もお店は満員。

食券を購入し待合室で空くのを待った。

Dsc00773 つけ麺ってのは何であんなに量が多いんだろうね。

メンバーはそれを知らなかったのか…普通盛り。

おいらは小を…そのぶん餃子。

ここの餃子は美味しい。

つけ麺も間違いなく美味しいんですわ…あとはこのつけ麺ってものが好きか嫌いかだな。

おいらはやっぱりラーメンの方が好きだ。

それだけだな。

接客も細かい気配りまでされてて、それも人気の理由ですね。

チャーシューや煮玉子も食べごたえあって美味しいですよ。

場所は…説明できないけれども車がないと厳しいところ…だと思います(笑

無鉄砲グループのホームページ⇒HP

どちらかひとつクリックしてねんにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下前商店

Dsc00277

Dsc00279

下前商店

横浜市中区元町1-54-1

045-662-6588

ラーメン 630円

カレーライススモールサイズ 360円

うちのおじいちゃんは昔伊勢佐木町に住んでおりました。

おばあちゃんが亡くなったあとはひとり暮らしでいたので父は横浜に行くたびおいらを連れてその家に寄りました。

おじいちゃんはおいら達が行くと喜んで裏のラーメン屋さんから出前を取ってくれた。

そのお店の名前は玉泉亭といったな。

おいらはいつもここのチャーシャー麺を頼んでいました。

それが楽しみだった。

おじいちゃんはいつもワンタンだった。

机の前に座りいつも本を読んでいるようなおじいちゃんだった。

おいらの曾おじいちゃんにあたる人はとてもやり手で刑務所で刑期を終えた人を使っては横浜発展のために尽力されたそうです。

そうしてそれなりの財産を蓄えた。

その財産を一代で全て遣いきったのがこの伊勢佐木町のおじいさんだった。

結局仕事をしないまま一生を終え、最後まで優雅であった…お金の遣い方も粋であったなぁ。

その父を見て育ったおいらの父の世代兄弟4人は隔世遺伝であったのか皆やり手でそれぞれがまた少ないながらも財産を築いていった。

その子たちも頑張り屋。

おいらを除いてね…伊勢佐木町のおじいちゃんの遺伝子をがっつり受け継いだのが親戚中でおいらだけだったんだな。

光栄です(笑

あ…下前商店でしょ?

つまりはそんななつかしさが蘇ってくるような昔ながらのラーメンでした。

少し甘めのスープに赤いチャーシュー。

カレーは辛すぎて味の批評の対象にならんね…このカレーを食べたらラーメンの味がどうのって判断ができなくなりますわ。

それと若いご主人…厨房がきれいですねぇ。

ラーメン屋さんであそこまできれいにしとくのは大変だと思う。

でもね…もう少しお客さんをもてなすって気持ちがあってもいいと感じた。

ラーメンを提供したあとは何をされてるのかあっちこっちでバタンバタンと大きな音をたてて…そのたびびっくりして飛び上がるようだった。

スープが終わり次第終了とあったので最初は18時に…二度目は17時に…行ってみたけど閉店してた。

だから聞いたですよ…『いつも何時ごろまでやってるんですか?』と。

そしたら「5時には閉めますね」って。

夕方17には売り切れてしまうお店を経営されてるあなたは立派だと思いますが17時や18時に来て残念な思いで帰っていくお客さんがいるとは考えないのだろうか?

おいらであれば…『17時には売り切れちゃうんですよねぇ…』と申し訳なさそうに言うわ。

まあ、おいら的にはそんなに美味しいラーメンでもないし店主の方とも合わない感じなので再び行くことはしません。

なつかしい思い出をありがとうございました。

どれかひとつクリックしてねんにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧