ぎをん 小森

Dscf0751


Dscf0748

ぎをん 小森

京都府京都市東山区祇園新橋元吉町61

075-561-0504

抹茶ババロアパフェ 1400円

しらたまあんみつ 1050円

しかしまあ、日本は景気がいいですなぁ。

パフェやあんみつに千円以上をポンと出す。

出したくって開店前から行列しとる。

せっかく京都に来たのだから…と、無理して出してるんですかね?

それとも何の疑いもなく平気で1500円ものお金をアイスに出してるんですかね?

「じゃあ、おまえは出してないのか」って?

出しました…開店前から並んで(笑

Dscf0754

白川沿いにあります京都を感じられる場所。

はんなりどすなぁ。

パフェはびっくりするほど美味しいわけじゃないけど半分は場所代だな。

お店のなかに入っても…

Dscf0745

廊下だけでも情緒を感じてしまいますわ。

こりゃ、女子にはたまらんでしょ。

夕方にはなればこの灯りも一段と雰囲気を増すでしょうよ。

よく考えられてます。

京都のお店は商いが上手ですわ。

さて本年もいよいよ本日が最後。

今年もた~くさん食べました。

なかなか更新が思うにままならなくて自分自身もいらいらいらいら。

こんな夏に訪れたお店を今頃紹介するありさまで…。

思い出しながらの更新ってのも変だよな。

しかしおいらもプータローじゃないんでね、これもまたしょうがない。

来年もこんなペースで紹介してまいりたいと思います。

来年もいっぱい食べて肥えましょうね。

みなさま、良いお年を!

ぎをん小森のホームページ⇒HP

応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

林屋茶園 そごう横浜10F店

Dsc09389

Dsc09387
Dsc09390

林屋茶園 そごう横浜10F店

横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店 10F

045-465-5992

新春パフェ 1100円

はんなりチーズケーキセット 1050円

とにかく紹介したお店がいっぱい溜まっちゃって…どこから紹介しよと思ってるところ、まだ行ってきたばかりの京はやしやさんを。

なぜかと言えばね…これをツイッターにつぶやいたら当のお店の方からコメントをいただいて…それがていねいなお礼で。

だったらばこっちでも湯気の立つうちにってことで。

さらにおいらの食べた新春パフェはお正月限定のメニューなんで通常ではいただけません。

だから早く教えてあげなきゃってことですわ。

それにしても先だってのダロワイヨもそうだけど、今やパフェの千円超えは当たり前ですか?

こんなもん千円も取るなら美味しくて当たり前でしょうよ。

値段相応ですよ…憎まれ口をたたきたいところですがね、この抹茶のアイスは絶品ですなぁ。

まろやかな口当たりに濃厚な抹茶の香り。

う~ん…次くることがあればこのアイスだけでいいやって思うほど美味しかった。

一方のチーズケーキセットですが、いっさいもらえなかったのでわかりません。

あんこが美味しそうであったけれども。

しかし、お正月の特別メニューなのか全てが千円超え。

なかなか気軽にってわけにはいきませんわね。

あぁ…箸休めの茶葉の佃煮。

これがちょうどいい加減な塩梅。

これをお土産で売ってました。

お茶の概念が変わってきますわ。

「それだけ嬉しそうにパフェ食べる男の人って他にいるのかな」奥の言葉ですが、どうやらとても幸せそうな顔をしてたようですわ。

いろいろ言ったけれども結論はそこです(笑

あ…正月限定の新春パフェですが昨日までのメニューなようですよ…遅いけど。

京はやしやさんのホームページ⇒HP

応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶房老松

Dsc07389

Dsc02802

茶房老松 嵐山店

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町20

075-881-9033

晩柑 630円

廣川さんで食してる最中にカミナリ。

これはゲリラ豪雨が来るな…閉店時間となったウナギ屋にいるよりどこかゆっくりできるところで豪雨を凌ぎたい⇒旅記読んでね

だったらば目の前の老松さんへ!

自転車に飛び乗り老松さんへ着いた時にはどしゃ降り…ほんと間一髪ってとこでした。

Dsc07393_2 お店の前に自転車を放り出し店内へ。

意外や…静かな店内。

さっそく『夏柑糖を』頼むも「季節が終わってしまったんです」と。

それはない…だってまだこんなに暑いじゃん!

「グレープフルーツを用いた晩柑というものならありますが」

ほぉ~じゃあそれください。

Natsukan5_2 目玉の夏柑糖は夏みかんを用いたお菓子(写真は老松さんのHPから)

9月になるとそれはグレープフルーツのものになるそうです。

これがですね…まあ、美味い。

感動しますですよ…だったらば夏みかんの方も食べてみたいよなぁ。

これは食べさせてあげたい…ってことでお土産になりますかと聞けば大丈夫ですとのお答え(二枚目の写真)

お荷物になるようなら四条の大丸さんにも売ってますのでと教えてくれた。

ならば最終日に買ってから帰ろう。

ただし売り切れとなることが多いので予約しておいた方がよろしいとのアドバイス。

その通りにして買って帰りました。

冷やして食べた奥。

今まで食べたお土産の中でいちばん美味い!と感激してくれました。

来年からお中元はこれに決めたらしいです。

おいらもそれがよかろうと思います。

そのくらい美味しいです。

嵐山に行かれるようなことがあれば(もちろん夏ね)ぜひとも寄って一休みしてみてください。

おいらのこの文章がオーバーではないとわかってもらえると思いますよ。

しかし…京都は深いなぁ。

老松さんのホームページ⇒HP

応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶寮都路里 本店

Dsc07449

Dsc07451

茶寮都路里 本店

京都府京都市東山区四条通祇園町南側573-3

075-561-2257

涼菓 1050円

抹茶ミルク 630円

季節感なくて申し訳ないです(笑

9月に訪れたお店です。

本当は祇園のもう一軒のお店に伺ったんだけど営業時間終了ってな状況でしかたなく変更したのがこちら。

暑い一日で…階段の上から長い行列。

ちょっとへこたれそうなところだったけれども『どうしても氷を飲みたい』その一心で並びました…女子に混じって(笑

ぶっちゃけ男は他にいませんでしたよ。

店内入れば本当にきれいで驚く。

いかにも京都が好きそうな女子のお店って感じ。

Dsc07445 座れば冷たいお茶。

配給って具合の量だね。

暑い日だったんでとても助かったけれども。

辻利のお茶ともなれば「もう一杯ください」と気軽に声を掛けるのもはばかれるわ。

Dsc07446 ふたりして氷をお願いしたけれども、逆に熱いお茶が一緒に運ばれてきた。

これがまた美味しい。

んでもって~この氷たちが美味しすぎる。

暑かったから点数が加点されたのかなぁ…にしても、笑顔になるくらいありがたかったです。

甘味以外にも軽くお食事なんかもできるそうです。

気に入れば1Fにある辻利さんでお土産を購入することもできる。

こちらもまたうっとりするくらい綺麗なお店だったわ。

さすがはその名を轟かせる名店でありますなぁ。

都路里さんのホームページ⇒HP

応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腰掛庵

Dsc02255

Dsc02250

Dsc02258

腰掛庵

山形県天童市北目1-6-11

023-654-8056

ふわふわきーんのかき氷 530~630円

わらび餅(麦茶付き) 480円 他

山形食べログの中でもダントツの評価。

であるならば、何としても行ってみたい。

仙台松島をあきらめてまでこちらのお店を優先してしまいました。

ってことでね、おいらの中ではかなりハードルが上っちゃってまして…勝手に期待しすぎただけなのにね。

カーナビを見ながらも「どこよどこよ」

どうしてこんなわかりづらいところにお店作ったわけ?

どうしてこんなわかりづらいところなのにこんなに車がイッパイなわけ?

Dsc02245 ありえないでしょ!

平日の10時半にお店に到着してるですよ?

だのに売り切れの商品がある。

んでもって…朝っぱらからかき氷食べようとウェイティングしてる。

どんだけの実力なんだ?

雰囲気満点の店舗で田舎の居間のような甘味処。

女子たちが満面の笑みで食しておられました。

しかし!

そんなに美味しいか?

いや…美味しい…確かに何を食べても平均点以上ではある。

だけれども…う~ん…ここに照準をあてて旅行程を組むほどかなぁと思う。

かき氷もわらび餅(安いね)も全国トップレベルってほどではないと感じましたですよ。

おいらもっと美味しいお店行ってきたもんよ~。

「山形を旅してたら思いがけず美味しい甘味処にあたった」的ならすっごく嬉しいと思うが、わざわざ行程曲げてまで出かければちょっと期待外れ…だな。

この良心的な値段でこのクォリティー…何を文句言うか!

言われれば…おっしゃる通りです。

良いお店です(どっちやねん)

ごめんなさい…あんまり印象に残ってない(笑

あ、おしぼりがとても可愛かった。

高評価の食べログです⇒こちら

応援ありがとうございますにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新杵

西行饅頭120円  虎子饅頭110円Dsc00372

豆大福130円  栗蒸し羊羹Dsc00373_2

新杵

中郡大磯町大磯1107

0463-61-0461

Dsc00355 大磯は古い建物のまま商売をされているところが多い。

その中でも特に注目してしまうお店…場所も気を引くところにあります。

会社のYさんが「うちの妹がここに嫁に来てるんだ」と教えてくれて更に気になるお店となりました。

なかなか行く機会がないくてねぇ…Yさんも「行かなくていいよ」と素っ気なかったんでさ(笑

建物からは予想もしてなかった自動ドアから入ってみれば「ごゆっくりお選びください」と声がかかる。

Dsc00358 正直もっとひなびた店内かと思ったのだけれど、従業員さんも多く左側隅を見れば予約注文であろうお包がけっこうな数並んでいる。

客足も途切れることなくひっきりなし。

電話もだ。

なんだよ~Yさん、すっごい人気店じゃないの。

おいらは上の写真の4点を買って半分ずつ食べました。

甘さがすっきりしてて上品…すっごく美味しい。

お世辞じゃないよ。

この辺りの和菓子屋さんの中でもおいらのトップワンですわ。

おいらは豆大福を、奥は西行饅頭を秀逸と評価しました。

栗羊羹も美味しかったなぁ。

お店の前は道路をはさんで昨日紹介したハンバーガー屋さん。

駐車場は店の前に2台分。

お届け物に使いたいところですがねぇ…賞味期限はなんたってほとんどのもの当日。

地方発送もできない。

そうゆう意味では使いづらいかも。

未体験の方、ぜひ一度ご賞味ください。

新杵さんの紹介サイト⇒こちら

どれかひとつクリックしてねんにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピネキ 木村ピーナッツ

Dsc00046_2

Dsc00047

Dsc00038 ピネキ 木村ピーナッツ

千葉県館山市下真倉236-3

0470-23-4823

ピーナッツソフトクリーム 350円

館山にある小さなピーナッツ屋さんですよ。

おそらくは…普通であれば一生縁のないであろうお店だった。

先日とんねるずの番組で紹介されなければ。

おいらは今とんねるずの番組がいちばん好きなんですよ。

そして旅先が館山のちょっと手前である岩井温泉であるともなれば行かないわけにはいかないじゃないですか。

タカさんがこのソフトの権利まで買いたいと言ったソフトクリーム。

どんだけ美味しいんだろうか?

旅館をチェックアウトしてその足で南下…定休日なしとなってたけど臨時休業に当たることの多いおいらだけに「本当お願いします!」そんな想い。

営業中の看板を見た時には嬉しかったですわ。

さっそく店内に入り奥は落花生他のお土産選び。

おいらはとにもかくにもソフトクリーム。

これがねぇ。

おいら的に絶品でした。

濃厚でなめらか…そして味はピーナッツの渋皮の苦みまである本格派。

これはまじで美味いっす。

帰りの車の中…アクララインででコーヒーを飲むまで1時間近くピーナッツを食べたような後味が残りました。

奥も食べたあと「これは美味しい」とソフトクリームこそ送れないけどピーナッツのアイスクリームであれば送れるとのことで妹に送ってました。

Dsc00051 落花生も新豆でおいらもお土産に数点購入。

自分用に購入したゆで落花生も粒がしっかりしていてすっごく美味しかったですわ。

ノリさんがソフトクリームそっちのけで食べてたアーモンド小魚も販売されてましたよ(笑

もう一度行くとはなかなか叶わんでしょうがね…大好きなとんねるずにも触れられたようで楽しかったです。

「ペレはいりましたぁ~」

ちなみにこの送ったアイス…アクアラインのお土産コーナーに置いてありました。

木村ピーナッツさんのホームページ⇒HP(音楽が鳴るよ…気を付けて)

どれかひとつクリックしてねんにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

紫野和久傳 堺町店

Dsc08715

Dsc08716

紫野和久傳 堺町店

京都府京都市中京区堺町通御池下ル丸木材木町679-20

075-223-3600

ほうじ茶金時のソルベ 735円

グレープフルーツのワインゼリーと一口れんこん餅 945円

京都の住所ってのはさ、関東の人間にはちょっと難しいね。

しかも…上ルだの下ルだのってナビや地図検索には反応してくれないし。

二条城の拝観を終えてどこかでお茶を。

選んだのがこちらのお店。

歩いてもすぐだから…ってことだったんだけどもさ、わかんね。

場所がわかんね。

暑いしさぁ~のど渇いてくるしで途中挫折しそうでしたがお店に電話を掛け場所を聞いて辿り着きましたですよ。

だもんでね…注文の写真はすっかり夏してますでしょ…年も押し詰まってきた頃になんなんですが(笑

Dsc08713まずはお茶。

これが命の水の如く…ありがたかったです。

豆菓子付きで…これも京都の特徴ですか?

お忙しそうでね…なかなか注文したものが出てこなくてさ…それよりさ、お客さんが帰ったテーブルも片づけられないんじゃ老舗の看板に傷がつくってなもんだなぁ。

かっちょわるい。

お味はソルベの方は美味しかったですね~言ってました、奥が(笑

グレープフルーツの方はこの値段じゃちょっと高いかな。

Dsc08718 そうそうこんなお餅も付いてました。

これが印象に残ってない。

何しに行ってんだか。

京都の高級料理屋さんである和久傳さんにちょっとだけ触れられた。

まあ、それだけでもありがたいですかね。

居心地は良いですよ~“おもたせ”を販売してるお店の2階です。

和久傳さんのホームページ⇒HP

どれかひとつクリックしてねんにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中村軒

Dsc08533

Dsc08541

Dsc08544 中村軒

京都市西京区桂浅原町61

075-381-2650

あんみつ 630円

かき氷 すだち 735円

桂川のほとり、桂離宮の目の前にあります。

おしゃれっ気まるでなし…京都の歴史にすっかり馴染んでしまっているようなそんなお店です。

9月と言えど京都の暑さにちょこっと参ってる時でしたんでね、この柑橘系のかき氷に飛びついちゃいました。

いいでしょ…すだちのかき氷。

以前紹介させてもらった先斗町の氷やさんのような特別なものじゃないんだけど、おいしかったですね~かきこんじゃいました。

奥の頼んだあんみつもとても涼しげで非常に満足できるものだったそうですよ。

京都らしくおしつけのサービスなんかもないですが、いいお店ですねぇ。

飾り気のないところがとても居心地いいです。

Dsc08535 中村軒の名代ともいえる麦手餅。

ひとつだけいただきました。

あんこも上品でぼちぼちです。

鎌倉にも確か麦田餅ってのがあったなぁ。

このお店は四季折々にメニューも変えられていて、おいらが行った時には夏のメニューであったが今はもう秋のそれとなってるようで、メニューには栗やぎんなんを使ったお菓子が紹介されています。

京都どすなぁ・・・。

阪急桂駅からは歩けば10分ほどですかね。

駐車場は店の裏側にあります…警備員さんが立ってます。

桂離宮への観光をされた時など是非立ち寄ってみてください。

中村軒さんのホームページ⇒HP

どれかひとつクリックしてねんにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶寮 宝泉

Dsc08430

Dsc08423

茶寮 宝泉

京都府京都市左京区下鴨西高木町25

075-712-1270

わらび餅 950円

お抹茶セット 840円

今日から少し京都グルメを…

以前友人からお土産でいただいた丹波の黒豆。

それがこのお店のものだった。

京都駅の新幹線の改札の中にあるよ…ってんで調べたところ、囲碁の黒石みたいなわらび餅がチョー有名だということが判明。

しか~し残念ながら京都駅の中にあるお店にはそのわらび餅はない。

本店まで出向かなければお目にかかれないんだとか…ならば行くか。

どうやって?

これがまた不便なところにあんじゃんよ~。

大人気のお店らしいが皆さんここまでどうやって行かれてるの?

下鴨神社に参拝し、その足で頑張って歩くか。

ん~~下鴨神社は3月に行ったばかりなんだよなぁ。

であれば、わざわざこのお店に行くためだけに下鴨まで行くのか…そのあとの行程に影響も出んなぁ。

しからば仕方ねえ…奥の手だ…今日の行程をレンタカーでこなそう…そのついでにこの店に行こうか。

そんな場所にありました。

Dsc08446京都らしい趣のある玄関をくぐりお店へ。

案内された部屋は日本庭園が開ける日本間。

あぁ~京都にいるんだな…実感せずにいられない。

ここは女子には人気出ちゃう…もし黙ってここに案内できれば男子ぃ…株があがるわ。

Dsc08425ざぶとんに腰掛けまったりしていればお茶が出てまいります。

一緒に付いてくるのがお土産でもいただいた黒豆。

なんだか嬉しくなるね。

お抹茶セットを注文すれば上の写真のように和菓子を盆にのせ「どれにいたしましょう」と見せてくれます。

美しいその様に楊枝をいれるのもはばかれるくらい。

わらび餅も独特な食感で美味しかったですよ。

遠いからかな…行列ができてたりもせず、ほどほどな客入り。

お味もさることながら、流れてる風に京都をどっぷりと感じられ幸福感に満ち足りてきます。

おすすめです♪

茶寮宝泉さんのホームページです⇒HP

どれかひとつクリックしてねんにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへにほんブログ村 グルメブログ 神奈川・横浜食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧