2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 30周年のディズニーランドへ…5 | トップページ | こたびの宿は…西表島 »

2013年7月22日 (月)

こたびの宿は…竹富島

初の八重山、初の竹富島で戸惑う。

なにを基準に宿を選べばいいのか。

八重山でもメインの石垣島であれば選択肢も広いが小さな島である竹富島ではそれも多くない。

まず最初に「のはら荘」という民宿に電話をしてみた。

一泊二食ついて5千円程度ならたいがいのことは我慢できる…そんな思いから。

ところが…「4pmまでに来れますかねぇ。来れなければお断りしたいんだけど」と。

おいら達は石垣空港に15時10分到着予定。

そこから離島ターミナルまではバスで45分…そこからさらに船に乗り10分と考えれば無理だ。

「そこをなんとか」とお願いしても「夫婦ふたりでやってるもんでね」とにべもない。

しゃーない…他をあたりましょ。

民宿はみんなそうなのかな…ってことで民宿とは一線を画す今回の宿「やど家たけのこ」に予約を入れれば、離島ターミナルから電話をもらえれば港まで迎えに行くから心配ないさぁ~ってことで、こちらにお世話になることとしました。

Dsc01412

ほぼ時間通りに離島ターミナルに到着し乗船券購入後、宿に電話。

「なんかすっごくぶっきらぼうでしたよ」電話したシンタローがつぶやく。

『沖縄の男はみんなそんなもの…心配ないさぁ~』

竹富港に着き宿の看板を掲げる兄さんの元へ…いやぁ~想像以上にぶっきらぼう。

この人本当に宿の人?

宿に着いたらお姉さんがお出迎え…こちらは笑顔。

なんかほっとする。

Dsc01409

部屋に通されひと段落。

お部屋は和室でこじんまりだけど二人なら十分。

お風呂もそれなりだし、トイレもウォシュレット付きで風呂とは別だから助かる。

冷房に扇風機…テレビ。

十分でしょ。

お散歩のあとご自慢の夕食。

Dsc01450

Dsc01453

Dsc01455

なかなかでしょ?

島の名産車エビに石垣牛の陶板焼きまで出てくんのよ。

お料理の味付けもなかなかいい。

さすがは島でも人気店であるそば処竹の子が経営してるだけのことはある。

ただね、

お料理を作ってくれてるお母さんが出身こそ沖縄本島であるものの、かの大震災までは千葉に住んでたというかた。

まかないをしてくれてる笑顔の可愛いお姉さんも徳島出身でこの春からここでお手伝いをしてるって方。

なんだ…離島に来て千葉と徳島の人とお話ししてるのか…おいらは。

ちょっと味気ない…BEGINのことやその他離島のことを教えてあげたりして(なんでやねん)お話しに花が咲き…気づけば夕日の時間!

ちょっと出かけてくると食堂を後にしました。

翌朝のごはんは8時から。

その前に散歩をしていたおいら達は道に迷い(これも楽しかった)8時に遅れそう。

さすればすぐに携帯に電話あり…「お食事は8時からなんですけど」ぶっきらぼうに。

わかってますが…辿り着けないんです。

Dsc01567

Dsc01570

朝の食事メニューも豪華。

デザートで出たのとは別にお土産用のサーターアンダギーまでと心づくし。

これで10500円です。

竹富島に泊まってゆんたくもないのは寂しい…言われる方にはご不満でしょうが、この値段でこれだけのお食事が出れば十分じゃないでしょうかね。

ふすま一枚隣の声が聞こえるなんてことなくプライベートも守られるし。

離島に行きたい…でもプライベートは欲しいという方はこちらの宿もご一考。

そうそう…ぶっきらぼうなお兄さんね。

港まで送ってくれた車のなかで少し話しましたですよ。

九州から遊びに来て、手伝ってくれないかと言われここで働いているんだと。

港に着いて荷物を受け取り『じゃ、頑張ってね』息子のようなお兄さんに言えば「あ、はい」って最初で最後の笑顔を見せてくれました。

なんか…救われた(笑

やど家たけのこのホームページ⇒HP

ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

« 30周年のディズニーランドへ…5 | トップページ | こたびの宿は…西表島 »

宿 記」カテゴリの記事

コメント

ブログ運営者様へ

当社は沖縄八重山でウエブ事業を運営しております、ミルフォードじゃぱんの藤崎と申します。
個人の方や会社で発信している八重山諸島の関連ブログを集め、カテゴリー別に情報を発信する新しい形の情報サイトとして今夏「ナビ!ちゃお八重山」のサイトをオープンいたしました。

この度、八重山諸島に関連する素敵な写真や、観光される方々に、参考にしていただきたい情報を掲載している
ブログ運営者様のブログを、ぜひ「ナビ!ちゃお八重山」で紹介させていただきたくご連絡いたしました。

記事は

①ブログのタイトル(一部 文字追加加工などさせて頂く場合もございます)
②画像1点
③ブログの記事を一部抜粋して紹介
④「ブログを見る」で記事元へのリンク

上記4点を掲載させていただき、ぜひブログを紹介させていただければと存じます。

「ナビ!ちゃお八重山」 http://okinawa-nabi.com/yaeyama/
ブログ紹介 例 http://okinawa-nabi.com/yaeyama/?p=1771

突然のご連絡で恐縮ですが、ご了承いただけるようでしたら、お返事をいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

運営会社 ミルフォードじゃぱん
担当 藤崎雅夫
住所 沖縄県八重山郡竹富町上原870-234
mail : lemmiwinks7799@gmail.com

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124378/57842148

この記事へのトラックバック一覧です: こたびの宿は…竹富島:

« 30周年のディズニーランドへ…5 | トップページ | こたびの宿は…西表島 »