2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

大阪~博多~鹿児島の旅…甲子園

甲子園といえば、このダイエー。

Dsc04182

直接旅とは関係ないんですけどね、間もなく夏の甲子園大会も始まります。

ここ数年夏の甲子園で観戦してるおいらのお薦めをひとつ。

ダイエーの食品売り場で凍ったペットボトルを数本購入し球場入りしましょう。

暑くなればそのペットボトルを体や顔にあて涼をとります。

売り子さんから買うジュースではすぐにぬるくなっちゃうんでね…ダイエーのが安いし。

話がそれた。

Dsc04183

アルプス席のチケットを購入。

やっぱり学生たちと共に観戦しないとね。

Dsc04184

しかし、細川さんの後ろ姿には癒されるわぁ。

試合の方は第一試合の終了間際に入場し、第二試合の開始から観戦。

Dsc04189

小腹が空いたので甲子園名物のジャンボ焼き鳥などをいただきながら試合開始を待つ。

Dsc04190

これが美味いのだ!

トイレに行っていた細川さんも席に戻り第二試合もプレイボール。

ところが気になることが…

Dsc04195

一塁側の今治西高の応援席。

チアガールが華やかだが、なぜかポッカリと空間が。

応援のバスが渋滞に巻き込まれてるとか?

この想像が意外にも当たってたようで、このあと続々。

Dsc04207

あっという間に写真のようになりました。

これで選手たちも頑張れるだろう。

ってところだけど、おいら達にはもう時間です。

球場を後にしました。

いよいよ大阪へ向かいますよ…その前に細川さんがトイレです。


ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2014年7月30日 (水)

大阪~博多~鹿児島の旅…神戸

Dsc04171

神戸空港到着。

ドリンクサービスがないくらいで何の問題もない。

これで3800円は安いよ…スカイマークさん。

ファンになりそうよ。

Dsc04174

空港から三宮まではポートライナー。

空いてるなぁ…存続できるのかな…閑散としてる空港共々心配になっちゃう。

Dsc04175

三宮駅にて。

何待ち?

細川さんのトイレ待ち。

さっき神戸空港で行ってきたばっかりじゃん。

ここからは徒歩で異人館めぐり…いや、4人だからタクシーで行っちゃいましょうよ。

Dsc04176

風見鶏の家の前でど定番の記念撮影。

北野天満神社の階段を昇り神戸のハーバービューを臨む。

本当ならもっとゆっくり見せてあげたいんだけどね…予定詰まってますんで。

徒歩で三宮駅へ

Dsc04180

阪神電車で甲子園に向かう。

Dsc04181

到着。

甲子園の駅は今本格的な大改装をしてるのね。

そりゃそうだ…何万人もの乗客が乗降する駅だもの。

今までがひどすぎた。

Dsc04210

それにしてもきれいになったなぁ。

トイレもきれいになっていて、細川さん大喜び。

ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2014年7月29日 (火)

大阪~博多~鹿児島の旅…スカイマーク

成田からジェットスターに搭乗した経験はあるが、スカイマークは初めて。

正直、JALやANAに搭乗する時とは違った緊張感がある。

本当に乗れるんだろうか。

Dsc04124

自動発券機で搭乗券を出す。

Dsc04129

これが…ひとりひとりの分をやらなきゃいかんのよ(めんどい)

そして預ける荷物がある場合も、ここで荷物に貼るシールを発券する。

まあ、手間はかかるが概ねJAL搭乗時と同じ。

Dsc04131

案外すんなりと搭乗手続きも済み、保安検査場を通る。

さぁ、朝ごはんだ。

Dsc04132

岩下さんの大好きな立ち食い寿司。

Dsc04134

朝からこんなリッチなものを食べてますよ。

マグロづくし…ま~美味しそうだわ!

それにしても早め早めの行動って時間があまるわ。

Dsc04138

それでも旅の始まり…こんな時間も楽しいんだよね。

モリックさんは何年ぶりの飛行機って言ってたっけ?

細川さんも海外への旅が多く、国内旅行は久しぶり。

常連であった岩下さんもホッシートラベルは久しぶりで、どんな旅になるのかワクワクどきどき。

Dsc04140

さぁ、搭乗だ。

ようやくホッとした…とりあえず神戸までは行けるんだ。

Dsc04162

お天気がイマイチなんだよなぁ。

それでも海ほたるが見える。

さっそくトイレですか…細川さん。

ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2014年7月28日 (月)

大阪~博多~鹿児島の旅…出発

「予定よりちょっと早く着くかも」

モリックさんのこの言葉が妙に残ってたんだよなぁ。

その朝。

起床予定としてた時間よりも30分も前にメールの着信音。

続けざまに電話。

なにぃ~~??

出てみればモリックさん「着きました」

うっそでしょーーーーーーーーーーーー!

まだ布団の中なんですけど!!!!

まあ、目覚ましが鳴れば10分で外に出られるくらいに万全の準備はできてはいたものの、二人を待たすことに(おいら悪いですか?)。

Dsc04117

駐車場に向かえば待ちかねてたような二人。

『早すぎでしょ~』

こりゃ早めのスタートとなるよ…岩下さんにも伝えなければ…最寄りのバス停に来る手筈となっている。

案の定30分も早いスタートに動揺しているようだ(笑

そりゃそうだ…朝なんて1分だって貴重だ…だから早すぎるんですってば!

無事合流し高速で羽田に向かう。

ところがここでおいらが道を間違うわけだ。

毎度、大黒ふ頭でとんでもない方に行っちゃうんだよなぁ。

湾岸線で行く予定が羽田線の方に…モリックさんが「あれ、湾岸で行かないの?」と言えば岩下さんが「いや、ホッシーさんのやることには必ず意味がありますから。何か考えてますよ、きっと」

ちょっとーやめてください、岩下さん。

ただ間違えただけですから。

それでも予定よりかなり早い時間、道路もすいすい…到着も当然早い。

Dsc04118

「いや、ホッシーさんが大黒ふ頭の方に入ってったとき寄ってくれるのかと思いましたよ。トイレ行きたくて…」と、細川さん。

え、あなたもトイレマン?

まじですかーーー!

羽田到着でいよいよ旅が始まる。

大阪~博多~鹿児島への旅。

別名トイレ探しの旅。

ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2014年7月27日 (日)

大阪~博多~鹿児島の旅…序章

それはほんの軽口から始まった。

「横光さんに会いに行くか」

Dscf2093

横光さんとは、つい先日まで同僚として働いてた人で、結婚を機に故郷の九州へ戻っていった写真の彼だ。

言い出しっぺのモリックさんも半分本気だったにしても一泊二日の気楽な旅のつもりだったろうと思う。

しかしそこはホッシートラベル、『せっかく行くのであれば二泊はしようよ』

メンバーにおいらがいたのが運の尽き。

岩下さんを誘う「横光さんに会いに行きません?」

いいですねぇ~はい、三人目。

旅は四人がちょうどいいのよ…ってことで、新顔の細川さんも巻き添え。

メンバーが揃ったところで、おいらも本気になる。

当初の予定はこうだ。

福岡空港までJALで行き、横光さんに会い博多で一泊したあとはレンタカーを借りて湯布院か別府辺りに一泊して帰ってこよう!

実は、いったんは別府のホテルを予約まで済ませてあったのだ。

その後も徹底的に調べ上げる。

JALで往復するのであれば航空券は3万5千円はするなぁ。

ホテル代二泊を足せばベースの旅行費が約5万円。

プラス食事代にお小遣い…お土産代…ってな計画。

いや、まだまだ…もっと面白くならないか。

そしてたどり着いたのが格安航空を使うこと。

Dsc04279_2

スカイマークやピーチを使えば飛行機代が往復で1万7千円で済む。

となれば、どう?大阪も加えちゃう?

どんどん話が派手になっていく。

「当初よりも安くなるなら…」全員が話に乗ってくる。

最終的な行程がスカイマークで神戸空港、電車で甲子園から大阪、関空からピーチを使い博多へ。博多からは高速バスを使い鹿児島まで。そして鹿児島から羽田に戻ってくるという壮大な計画だ。

こうなりゃとことん楽しみましょう!

ってなわけで、旅する好奇心の新作は西日本を股にかける旅。

普通の人であれば、しようとも思わない旅をしてまいりましたこと報告します。

そうそう…その前に新顔の細川さんの紹介を。

Dsc04381

どう見たっておいらより年下とは思えんわぁ~ってな風貌。

ほら、頭のてっぺんが光ってまぶしいでしょ(笑

この男がいろいろ奇跡を起こしてくれるんですわ。

もし細川さんが参加してなければ笑いの時間も半分になったんじゃなかろうか。

素晴らしいキャラ。

Dscf2162

さぁ、この男と共に大爆笑の旅を始めましょうか。

ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2014年7月26日 (土)

こたびの宿は…鹿児島

いちばん最後まで悩んだのが鹿児島。

シングル縛りの宿探し…最初は城山観光ホテルを予約しちゃったんですよ。

でも、シングルルームだとちょっと高い。

次に目をつけたのがサンロイヤルというリゾートホテル。

しかし、繁華街までが遠いなぁ。

天文館辺りで友人と会う約束してるんで、帰りはどうやって戻ればいいのか。

そんなことを考慮するとやっぱり天文館周辺がいいか。

最後に選んだのが霧桜の湯 ドーミーイン鹿児島。

Dscf2204

ドーミーインはどこも温泉付きで食事の評判もいい。

場所もいいしということで最後は迷いなく。

Dscf2189

窓からの景色は望むべくもないが、部屋は洗練されててきれい。

ベッドも広いし、ひとりで寝るにはもったいないくらい。

繁華街にありながら車も停められます。

Dscf2184

立体駐車場。

一泊千円です。

フロントが二階なので防犯上はどうなのって問題もあるようですが、普通に寝泊りされる方には何の問題もないでしょ。

Dscf2199

フロントの横に朝食会場。

Dscf2200

目の前で焼いてくれるオムレツなどお料理も豊富。

いろいろ楽しめて美味しかった。

温泉大浴場もあるし、夜食サービスもある。

これで一泊朝食付き7490円。

とても良いホテルだなと思うけれど、遅くにチェックインして深夜まで外で遊び、早朝チェックアウトする我々にはちょっともったいなかったかもしれない。

もっと寝るだけのホテルでよかったかもね。

実際は温泉にも行けなかったし。

ドーミーイン鹿児島のホームページ⇒HP

ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2014年7月25日 (金)

こたびの宿は…博多

とにかくシングルがご希望(何が目的なの?)。

ツインなら安く取れるのになぁ。

って、困ることもないね…大都会はビジネス用にシングルの供給が豊富。

しかも探せばある…安いホテル。

Dsc04311

天神駅より歩いて6~7分ってとこでしょうかね。

プラザホテルプルミエ。

Dsc04314

確かに前日利用した大阪のホテルに比べるとオシャレ感じゃ負けるけど、一泊朝食付いて4900円じゃ贅沢も言えんでしょ。

隣の声が聞こうちゃうなんてこともないし、絵の裏位に御札が貼ってあるなんて曰くがあるわけでもないし、寝るだけなら十分ですよ。

Dsc04312

フロントの対応もこの旅三泊のなかじゃ、いちばん温かみがありました。

(お騒がせしまして申し訳なかった…)

朝食会場は併設されてるカフェで。

Dscf2113

売り文句に「フレンチトーストが絶品」みたいにあったけど、それはまあそれなりでした。

Dscf2114

品数も大阪のホテルに比べればちょっと寂しいけれど、普段菓子パンで朝ごはん済ませちゃってる側からみればありがたみすら感じますですよ。

カレーライスもあるし(笑

プラザホテルは「天神」と名の付く方もあるのでお間違いなく。

プルミエの方が安上がりに済みます。

博多明太子の有名店「稚加榮」や「一風堂」の本店もご近所。

それ以外にも飲食店が多いので食べることには困ることはありませんよ。

男子ひとりの夜をなぐさめてくれるお店もたっくさんあります(笑

ってことで、ホテルライフを満喫したいなんて人以外ならおすすめです。

プラザホテルプルミエのホームページ⇒HP

ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2014年7月24日 (木)

こたびの宿は…大阪天王寺

翌朝には関空に向かわなければならない。

交通の便のいいところがいいな…ならば天王寺。

この駅ならJRの特急が関空に行ってる。

見つけたのがトラスティ大阪阿倍野。

Dsc04238

なんたって場所がいいよ。

話題のあべのハルカスの目の前。

天王寺駅には屋根のある歩道橋を渡れば行ける…雨に濡れることもない。

新しいホテルできれい…そしてオシャレ。

Dsc04249

フロントもシンプルだけでかっこいい。

今回は気をつかって寝るのは嫌だ~ってことでシングルルームをそれぞれに取った。

Dsc04247

ダブルベッドと言ってもいいほど広いし、部屋の作りもかっこいい。

どうなってんだよ~ここ…ドラマにも使えそう。

Dsc04250

朝食会場です。

ここもまたおしゃれでかっこいい。

まるでニューヨークはマンハッタンにいるよう(行ったことないから適当です)。

Dsc04252

メニューも十分な内容。

文句のつけようがない。

これでいくら?

早めの予約をしたので7千円でした。

天王寺は特別なにかの用事がないと宿泊先に使うことはないのかな?

もしこの地でって時には候補に挙げてください。

シングルルームをお望みなら文句なくオススメできます。

ホテルトラスティ大阪阿倍野のホームページ⇒HP

ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2014年7月22日 (火)

宮古島から本島へ…⑦

会長と野呂ちゃんがゆいレールを始発から終点まで楽しんでいる頃、おいら達はDFSギャラリア・沖縄へ。

36607

GODIVA。

例によってホテルのサービス品無料チョコレートをいただきに。

そしたらばとっても美味しそうなチョコレートを見つけてしまって…シンタローが旅の記念にと買ってくれました♪

このあとお土産やさんを一回りしているところへ、会長から終点から折り返しのゆいレールに乗りましたとメール。

駅で合流して国際通りへ。

37494

公設市場なぞを見てまわり、泡盛屋さんへ。

37186

同じ泡盛でも国際通りより市場通りの方がちょっとだけ安いんだよね。

同僚たちにお土産を購入。

国際通りをふらふらと歩き回り、大好きなオリオンビールを自分たちのために購入しておりましたよ。

船便(一週間くらいかかる)での送料が600円ちょっと聞いて感激してました。

38515

最後の食事はジャッキーステーキハウス。

ここは美味しくて安いんだ。

夕食が済めばもはや帰るのみ。

重い足取りにてゆいレールの駅に向かう。

38673

最終便に乗るためのゆいレールはガラガラ。

このあたりになると口数も少なるのは旅のお決まり。

那覇空港に着いた時には空港のお土産屋さんもシャッターが閉まる頃。

唯一開いていたコンビニでペットボトルのジュースとお菓子を購入。

飛行機を待つ時間も必然的に長くなる。

言葉を掛け合うこともない寂しい時間。

搭乗時間となり飛行機へ。

こうなればもうあきらめるしかない。

楽しみにしてたクラスJだね~と無理から声は出す。

おいらは旅の疲れからか…ぐっすり眠っちゃった。

40051

ランディングの瞬間に目が覚めた(笑

窓に目を向ければ羽田のターミナル。

あぁ~着いた。

無事着いてよかったじゃんか…そうなんだけど。

遅い時間で空港を見る理由もない…直ちに駐車場に向かい帰途に就く。

41036

最初に会長とお別れ。

お疲れさま~。

41288

続きまして野呂ちゃん、シンタローとお別れ。

なかなか寂しいもんですなぁ。

しかしまあ、今回は奥と一緒の帰り道で少し救われる。

「また、あのメンバーと旅したいな」次なる旅に思いを馳せていつもの道を家に向かった。

《完了》

何度も言うけれど今回の旅はホッシートラベル史上に残るほど印象に残った。

なんせ全ての予定・計画・予約・有給までもがパーになる覚悟を決めたほどだったからだ。

前日の葛藤。

当日朝の覚悟。

ゆ~らゆら揺れながらの宮古島へのランディング。

数ヶ月経った今でも忘れられず語り合うくらいだ。

ともあれ、ほぼ予定通り旅が進み楽しめた。

それ以上何も望むべくもない…ただただ感謝。

ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2014年7月21日 (月)

宮古島から本島へ…⑥

南部に向かうために高速へ。

その前に…移設で話題の普天間基地を高台から見ることができるんだって。

ちょっと寄ってみようか。

階段を昇り展望台に上がってみれば…

112811

噂のオスプレイたちじゃないですかー!

「すっげぇーいっぱいいる」

「飛べ 飛べ 飛んでくれ!」

離陸する瞬間を見たいのよ~言ってる隣で修学旅行の高校生に、いかに沖縄が戦争によって酷い目に遭ってきたのか、オスプレイがどれだけ危険な機体なのか…延々説明している。

基地は戦争をするためのもの?

戦争をさせないためでしょ?

沖縄の基地問題は簡単に済む問題じゃない。

基地で生活してる人たちも確実にいるわけで、それは嘉手納も含めてこの場所に来ればよくわかる。

高速に乗って斎場御嶽へ。

36159

初めて来た人はやっぱりお連れしないとね。

若い人たちも多いね…デートスポットみたい。

121709

最後のランチは海を見下ろすカフェ。

天気がわるくてイマイチだな。

このあとも初沖縄の人にはここってな場所…沖縄ワールド。

123114

ここのエイサーは迫力あって面白いんだけど、あんまり乗らないようなので早々に退散。

レンタカー会社で車を返却。

空港へ送ってもらってチェックイン…荷物をあずける。

123771

ここからがある意味メインイベントだとも言えるのは会長。

125887

これに会いたかったんだよねぇ。

このために本島を行程に入れたと言ってもいいくらい。

127128

なかなか見ないはしゃぎっぷり。

あちらこちらを写真に収めてる。

129093

車内でもいちばん前をキープ。

動画でレールの動きまで撮る。

おいらと奥は途中で下車し寄るところがあると言ったが、会長は終点まで乗りたいと。

終点まで行って戻ってくるゆいレールにおいら達が再び合流するということで約束する。

沖縄の楽しみ方も人それぞれね。

ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2014年7月20日 (日)

宮古島から本島へ…⑤

北谷のホテルに向かう。

その前に…恩納といえば万座毛…せっかく通るんで、その夕日。

104817

見てくださいよ~見事張り出した雲。

初めて来た時にホテルのベルマンが「沖縄は意外にきれいな夕日は見れないんですよ」と言ったのがなぐさめじゃなく、本当なんじゃないだろうかと思う。

そのぐらい出会うのが難しい沖縄の夕日。

ホテルチェックイン。

107068

このホテル、いろいろサービスしてくれるのはありがたいんだけど、それを管理できないフロント。

こんなサービス券ごときで1時間近くも無駄にした。

んじゃまあ、そのサービス券を使って露天風呂でも入ってきましょうかね。

本日の夕飯はホテル名物の屋台。

31888

金券を購入し、それを各屋台で購入のため使います。

ステージではエイサー演舞がされていたりと沖縄ムードを高めてくれます。

旅の思い出には悪くないと思いますよ。

その後はまたもやサービス券を使いましてウエルカムドリンク。

32981

バーにて好きなドリンクを一杯。

ドリンクバーになってましたよ。

明日は最終日…今日は山登りもしたことだし早めの就寝としましょうか。

長居せず部屋に戻る。

翌朝。

33959

賑わう朝食会場。

まるで大型温泉旅館みたい。

中国語で溢れている。

リゾート気分はないな…このホテルには。

朝のチェックアウト時間には大混雑が予想される。

おいらは前夜のうちにチェックアウトを済ましておいた…大正解だったな…まるでね、ディズニーランドのファストパスを貰うが如くの混雑。

チェックアウトを済ませ駐車場へ。

隣の車が笑えた。

35009

新車じゃないですか~それを!

会長の指差す先には長い擦り傷が…走行には支障はないだろうけど、これはカッチョ悪いな(余計なお世話)。

ホテルを出て最初に向かったのが多く残る城跡のなかでも景色がいちばんとイノちゃんが勧める勝連城跡。

なが~く細い階段を昇りきりますればそこには絶景が。

110080

あの海のなかを走り抜ける道が海中道路だな。

海中といってもトンネルじゃないのよん…間違わないでね(本気でそう思ってる人もいるらしい 笑)

せまい階段を下りてくる時には向こうの空から機体が。

「あ、オスプレイだ!」会長が叫ぶ「俺が見つけたんだ!」。

普通に飛んでんだなぁ…沖縄では。

111822

上から見ていた海中道路に来てみた。

時間があれば橋を渡って離島にも寄ってみたかったがそれは次への宿題としましょうか。

このあとは高速に乗って南部に行ってみる。

ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2014年7月19日 (土)

宮古島から本島へ…④

会長たちが本島でのメインイベントとした美ら海水族館も、正直おいら達にはいまひとつトキメカない。

昨年行ったばかりだし、この4ヶ月後に子供達とも来ることになっている。

『3人で行ってきて…どこかで時間つぶして待ってるから』

奥とふたりで行ってみたかったカフェへ。

ところが休み…やばい…またやっちゃった。

だったら瀬底島のお気に入りのカフェは?

調べたら定休日…いや、この情報が間違ってるかもしれない…一縷の望みをかけて走る。

も、やはり休み。

どっかないかなぁ…道路脇の小さな看板を頼りに偶然見つけたカフェへ。

20131009_153417

ここがなかなかのいい雰囲気。

海を眺めながらぼけぇ~っとする…これだなぁ…沖縄のカフェは。

約束の時間まではもう少しあるな。

だったらば中途半端な散策をした備瀬のふくぎ並木の冒険といこうじゃないか。

車を飛ばす。

93066

親切なお兄さんに自転車を借りまして探検がはじまった。

しばらく走ると、前からずっと気になってるお店(宿)発見。

94721

子供達と来る時にはここを予約しようかと思ってるんだ。

おそるおそる中に入り元気なねぇねぇにいろいろ教えてもらう。

ここは場所もいいし、のんびりするにはもってこいだ。

再びふく木の中をサイクリング。

93304

お迎えの時間は決まってるのだけれど、時間を忘れてしまいそうな場所だ。

フクギ並木を抜けると…うみぃーーー

95156

遠くに伊江島が見える絶好のロケーション。

水がびっくりするくらい澄んでてね、水道水みたい。

海面に顔をつけなくても十分お魚たちが見える。

水族館よりもずっと楽しい。

101915

自転車で戻りながら振り返って一枚。

ここも忘れられない場所になりそうだ。

本島に行かれる方はぜひ探検してみてください。

自転車を返すとさっきのにぃにぃが「なんかいい顔して帰ってきた」って言った。

来た時とぜんぜん違うよって。

そうなんですよ…そんな顔にしてくれる場所なんだ…ここは。

103415

水族館を楽しんだ3人をお迎え。

子供のように楽しんだようだよ…よかったよかった。

103868

駐車場に向かう空に二重の虹。

「おれが見つけたんだ」会長が叫ぶ。

大爆笑。

今日もたっくさん遊んだ。

さぁ~て、ホテルに向かいますか。

ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2014年7月14日 (月)

宮古島から本島へ…③

着いたのは大石林山

88243

800円ほどの入山料を払いましてバスで登山口まで参ります。

って…いかにも登山のような口ぶりですがそんな厳しいものじゃない。

88738

あくまで観光地です。

油断してるときつい上り坂と戦うことになりますがね。

奇岩であったり髪が生える場所…もとい神が宿る場所であったり、途中名所を覗きながら頂上を目指します。

口数は少なくなりますわね…どうしたって(笑

89946_2

ようやく上りが終わってほっとしてる二人。

彼らが何を見ているのかと言えば…

90330

先ほどいた本島最北端、辺戸岬です。

沖縄には神聖な場所が多いのだけれど、ここも神が宿りてってな場所ですな。

頑張った人だけが観れる絶景です。

暑いのでそうそう退散をはじめまして、名護に戻ります。

お昼ご飯はいつもの店…パーラーわかば。

91367_2

今回お母さんは気合が入ってたなぁ。

いつものようにコーヒーを持ってきてくれて沖縄の生活を紙芝居形式で。

じっくりと説明されました。

20131009_124355_3

会長はいつものようにオリオンビールとおつまみ少々。

よねちゃんからの「酒禁止」メールもどこ吹く風。

92245

今回壁にかかってた百歳になるおばぁのお言葉。

「今日だけは怒るな 心配するな」

今日だけは…。

ありがたいお言葉…胸にしまっておきたいね。

92819_5

お馴染み名護のがじゅまるを見学してから、いよいよ会長たちが楽しみにしてた美ら海水族館へ。

ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2014年7月11日 (金)

宮古島から本島へ…②

本島北部での朝。

宮古で渋い朝ごはんをいただいてたんで、ホテルのバイキングが新鮮だ。

28258

デザートにアイスクリームまで…沖縄の朝だ。

それにしてもこのオクマビーチ…いいホテルだなぁ。

本来は夜遅くチェックインして朝早くチェックアウトして旅立つ…そんな使い方はもったいないようなホテルだ。

28748_2

ここのホテルマンは素晴らしい。

そしてこの彼女は抜群の可愛さだった…「それではみなさん、威張ったポーズでぇ~」ってね。

ホテルをオクマにしたのは目的がさらに北だったから。

一度行ってみたかった辺戸岬。

88056

オキナワン最北端の地だ。

83701

最北端への白い一本径。

海が見えるにつれ、ワクワクしてくる。

84636

85348

青い海に白い波しぶき。

日本海の荒々しさ。

あれに見えるは与論島だよね?

って…見えなかったんだけどね、見える日もあるらしいですよ。

87364_2

右の方に目をやればごつごつした岩の連なり。

この辺りはこのように岩が隆起して立ち上がったような場所のようだ。

それをこれから実感しにいく。

山形の山寺、栃木の那須岳…ホッシートラベルに苦労は付き物。

85729

これからそんなきっつい冒険が待ってるとは、今の時点この人たちは知る由もない。

ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »