2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • にほんブログ村

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月15日 (月)

こたびの宿は…沖縄恩納村

20389

カフーリゾートフチャクコンド・ホテル。

最初に言っちゃいますが、ここはスゥバラスィートです。

おいら達は4人ひと部屋で宿泊させてもらったのでめちゃくちゃリーズナブルな料金で二泊。

もう、リゾート気分満喫させてもらえました。

4人ひと部屋ってことで、ひとりあたり一泊朝食付きで6000円くらい。

確かに見た目は分譲マンションみたいですよ…外観はね。

16473

部屋のドア。

エレベーターを降りるといったん外の通路に出てからこちらへ。

これ、やっぱりマンションとして造ったのだろうか?

部屋に入るとそれをさらに感じられる。

まずはリビング。

16944

食事ができるテーブルなどもあってね…すっごく広いです。

窓の外は海です。

この写真の左側に小さいながらキッチンもある。

17228

17357

寝室がふたつ…だから4人でも十分。

17468

お風呂も洗面所ももったいないくらい広い。

フロントに行けば吹き抜けで天井が高くリゾート感を味わえる。

16028

スタッフも皆にこやかで親切。

初心者の娘の運転をも褒めてくれました(笑

朝食は我々のような格安プランはワンプレートモーニング。

と言っても寂しいものではありませんよ⇒参照

もちろん、高いプランを選択すればリゾート感たっぷりのバイキングをいただけます。

ちなみにここは食事のレベルも高い。

ランチ⇒参照

ディナー⇒参照

また、週末には三線ライブなどドリンクの料金で楽しめます。

アクティブティも充実。

たとえば天気が悪くてホテルの外に出たくないという日でも一日飽きずに楽しめます。

我々はシーサー作りと三線教室を体験させてもらいました。

ひじょうにコストパフォーマンスに優れたリゾートホテル…また利用したいとおすすめできるそれでした。

カフーリゾートフチャクコンド・ホテルのホームページ⇒HP

ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2014年12月11日 (木)

大阪~博多~鹿児島の旅…帰宅

そうそう…今回の鹿児島ドライブはすべて岩下さんの運転によるものでした。

お疲れ様でした。

おかげさまで楽させてもらっちゃった。

Dscf2211

見てよ~

この後部座席のふたり。

恍惚とした表情で…昇天しちゃってるじゃん…手を握り合って。

愛し合ってるの?

Dscf2263

レンタカーを返して鹿児島空港に到着。

やっぱり帰りは荷物も多いね。

Dscf2268

チェックインして揚げたてのさつま揚げを購入。

これが美味しいんだ。

そして、これが鹿児島での最後のご馳走であり、夕食になりました。

なぜかこのあとはお腹空かなかったなぁ。

いつものように少し遅れてスカイマークが離陸。

Dscf2276

夕暮れが迫っている桜島ともお別れ。

憂う間もなく羽田空港に到着しました。

Dscf2288

たった三日前にウキウキしながら空港に向かった通路を「明日から仕事かぁ」ってな気持ちで戻ってきた。

毎度のことながらこの時間がいちばん嫌だ。

おいらの運転で明太子が届いているだろう岩下家へ。

Dscf2293

お土産の振り分けも大変だ(笑

岩下さんを除いた3人でさらに我が家へ。

ふたりが細川さんの車に乗ったところで旅も終了しました。

今回の旅は「横光さんに会いに行ってみっか」とほんの軽口から出て、おいらが勝手に肉付けをしてしまい大げさなものになってしまったけど、皆さんよくぞお付き合いいただけました。

特に初参加の細川さんは最高のキャラで、あなたがいなければ笑いの時間も半分になってたんじゃなかろうかって存在感でした。

「また行きましょうよ」言ってくれて良かったです。

モリックさんも岩下さんもホントにおつかれさま。

そして、福岡で迎えてくれた横光さん、鹿児島で迎えてくれたみさ…お二人にも感謝します。

また、横光さんへのメッセージに協力してくれた会社の仲間たちにもありがとうと言いたいです。

Dsc04392


また、楽しい旅をいたしましょう♪

【完】

ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2014年12月10日 (水)

大阪~博多~鹿児島の旅…指宿から知覧

毎朝早いお目覚めで(笑

Dscf2202

さすがにモリックさんもお疲れのようですな。

しか~し…泣いても笑っても今日が最終日。

元気に出発しましょう!

まずは指宿にて定番の砂風呂。

Dscf2215

浴衣に着替えて向かいます。

20140328_101037

心地よい砂の重み…そして少し熱めの温度。

黙ってればここで寝入っちゃいそうだ。

20140328_10103711

この、安らかなお顔。

「それでは皆様、故人と最後のお別れとなります」アナウンスが入りそう。

このあとは、ヘルシーランドへ「たまて箱温泉」と移りまして開聞岳を見ながらの入浴。

ここは以前にも来たことがあるが、その時にはのんびりできなかったのでリベンジ。

しかも今回は開聞さんが見える方(日によって男湯と女湯が変わる)なので念願叶った感じ。

再び車に乗り最後の観光地知覧へ。

Dscf2227

途中、開聞岳をバックに記念撮影。

ここは映画「おとこたちの大和」の冒頭、鈴木京香がバスに乗って走り去るシーンで出てくる場所。

8年前、友人ともここで撮ったっけ。

知覧に到着後、行ってみたかったお店に向かうも悲しいくらいの行列。

これはダメだ。

写真は当時特攻隊員たちが憩いの場所としてた富屋食堂。

Dscf2231

この場所はただの記念スポットとなってるのだが、この路地を入ったところに富屋食堂の流れを汲むお店がある。

そこでうどんとおいなりさんをいただきまして特攻記念館へ。

Dscf2255

前回来た時にはボロボロ泣いてしまい友人をびっくりさせてしまった。

あの語り部の方のお話は悲しくて辛くて…。

20140328_132432

それにしてもこの時期の知覧は桜が美しい。

そういえば映画「君のためにこそ死ににいく」でも、この桜が映し出されていたっけ。

いい時期に来れたな。

さて…すべての行程をこなしたところで帰途につきますか。

ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2014年12月 9日 (火)

大阪~博多~鹿児島の旅…霧島から桜島

温泉を出立したおいら達が最初に目指したのが霧島神宮。

Dscf2147

桜の季節で良かった。

赤い橋に清楚なピンクがよく似合う。

Dscf2151

霧島神宮の本殿をきれいに消した記念写真♪

ご朱印(スタンプラリーじゃないよ)をいただき意気揚々後にする。

続いては高千穂牧場へ。

ここのソフトクリームは抜群に美味い!

以前鹿児島の友人が働くドルフィンポートでごちそうになったことがあった。

Dscf2158_2

モリックさんのおごり。

ここではおいらが薦めるざるチーズも購入…ホテルに戻って食べようと♪

でもこう見るとザリの顔色はまだ冴えないなぁ。

それにしても桜島はでかい。

Dscf2162

この写真は霧島をバックに高千穂牧場を歩く3人。

おいらのいちばんのお気に入り写真。

旅行後つくったフォトブックの表紙にもした写真です。

この日は桜島の噴煙もすごくて、車のフロントガラスはすぐに灰だらけ。

Dscf2182

ちょっと外に出ると口のなかジャリジャリ。

砂食ってるような気分。

ここで暮らすのは本当たいへんだろうなぁと実感する。

鹿児島の繁華街に渡るフェリー乗り場まで走る走る(思ってたより桜島はでかい)。

途中見つけた桜島の観光名所は…

Dsc04349_2

長渕剛のオールナイトコンサート跡。

「叫びの肖像」

これを見たかったんだよなぁ…てか、本当はあの日にこの会場にいたかった。

話はそれるけど次は富士山の麓でオールナイトをやるらしいね。

どうしよう…この歳でオールはきつい…剛はもっときついだろうけど。

フェリー乗り場でちょっとモタモタしたものの、無事に乗船。

20140327_181933

ちょうど夕日の時間で渡ってくるフェリーもまた素敵だった。

ホテルにチェックインした後、すぐに友人の働く山形屋へ。

Dscf2190

その途中、大阪で靴を買ったザリが鹿児島では帽子を購入。

かっこいいですよ。

Dscf2191

山形屋に到着し友人の働くフロアへ…大声で名前を叫ぶおいらはちょいとひんしゅく(笑

仕事終わりを待って先にお土産購入のために鹿児島中央駅に向かった三人の後を追う。

合流し黒豚のとんかつ屋さんへ。

20140327_224227

そして再びホテル近くに戻りお茶タイム。

深夜まで再会をなつかしみ、ここにてお別れ。

女手ひとつで子供ふたりを成人させた友人を称えつつホテルに戻る。

また「8年後だな(笑)」

それまで元気で頑張れよ。

(てか、今度はこっちに遊びに来い)

ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2014年12月 6日 (土)

大阪~博多~鹿児島の旅…鹿児島へ

博多の朝。

Dscf2115

時間に正確なメンバーはゆっくりモーニングタイム。

今日はこれから鹿児島に向かうんだ。

Dscf2118

天神のバスセンターから高速バスに乗って行く。

Dscf2121

博多とおりもんをお土産に購入。

これがなかなか美味しいんだわ。

我々は博多から鹿児島空港まで格安もいいとこの料金で乗車する。

2枚だけ驚くような金額で販売してたんだ…それを購入してあったのさ。

Dscf2122

おいら的にはよくぞ見つけたもんだと自分を褒めてやりたいくらいだが、このバスでザリが大変なことになる。

20140327_101528

途中サービスエリアでトイレ休憩。

ザリがなんとなく元気なさげ。

思えばこの時から調子悪かったのか。

鹿児島空港でバスを降りたおいら達はそこからレンタカーを借りる。

明日の飛行機搭乗までの相棒だ。

まずは霧島温泉の旅行人山荘へ。

ここで昼食付きの日帰り温泉を予約してある。

ところがザリが寝不足とバス酔でリタイア。

一時間ほど睡眠をとることになった。

Dscf2140

我々はポスターにもなってる人気の露天風呂へ。

これは確かに気持ちがいいね。

あっという間の一時間が過ぎる。

「だいぶ良くなりました」ザリも合流した。

Dscf2143

おいらはひとり格安のデコポンを購入してたのだが、それもメンバーも見つけて買い占め。

芋けんぴも買い占めてるって図。

途中で寄ったドライブインのお土産売り場でも野菜を買う人が。

Dscf2145

そんなわざわざ重いものを(笑

霧島高原の野菜ってところに価値を見出したんでしょうかね。

このあとは霧島神宮へ。

2014年12月 5日 (金)

大阪~博多~鹿児島の旅…博多満喫

スマホも無事見つかったところでお出かけ。

天神駅から西鉄に乗り大宰府天満宮に向かう。

Dscf2110

久しぶりの対面に仲良しの二人は楽しげ。

それにしても天神駅は観光客には難しすぎる。

バス乗り場がビルの3Fなんて…田舎者には察しもつかないよ。

駅を降りてのんびりと参道へ…お土産屋さんも賑やかで。

Dscf2096

ザリはピンクの店へ。

キティちゃんグッズを真剣に見つめる。

Dscf2099

岩下さんは大宰府名物の梅ケ枝餅を購入し、みんなに振舞ってくれた。

この梅ケ枝餅を売る店がそれこそ売るほど並んでるんだけど、人間の心理として行列してるところで買っちゃうね。

20140326_170620

格式ある大宰府天満宮。

人間、生涯勉強だからね…いくつになっても縁が切れる場所じゃない。

博多唯一の観光で何枚か写真も撮ったんだけど、なぜかすべての写真に横光さんがど~んと中央に立ってました。

周りの人よりも顔が大きく写ってるのは誰よりも前に出ているから…?

天神駅に戻り夕飯へ。

いろいろ考えたんだけど、博多といえばやっぱり屋台でしょってことで天神のお店へ。

中州よりも良心的だと聞いたんで。

Dsc04328

狭い屋台に身を寄せ合って座り思い思いの時を過ごす。

今夜初めて会った皆さんとも楽しげに語り合い。

名古屋からと北海道からの御夫婦だったかな。

最後はお店のママさんでもあるまみちゃんを囲んで全員で記念撮影。

Dsc04331

安くて美味しい屋台…思い出に残る一夜でした。

屋台を後にした我々は中州で博多の夜を満喫する…予定だったのだけれども、横光さんがもう一軒お付き合いしてくれってことで居酒屋さんへ。

いろいろ不満も溜まってるのね…でも君は新婚さんでしょ。

幸せ絶頂じゃない。

Dsc04337

そんな横光さんもバスでご帰宅。

遠く離れてしまったけど、お元気でご活躍を。

また会いましょう!

平塚の方にも来てね。

Dsc04341

横光さんのバスを見送った足でそのまま中州の屋台街を見学するも、ちょっと疲れたねってことでホテルに向かう。

そして天神駅を通り抜けようとした時あの忌まわしい事件は起きた。

おいらの左横をすっと通り抜けようとしたビジネスマン風の男。

この人が前を歩くザリにタックルするように襲いかかった。

一瞬「あ、細川さん終わった」思った時その彼は前のめりに倒れていった。

なんだ、段差につまづいただけだったのか。

しかし…人間ってのは儚いものだ。

一生懸命倒れまいと踏ん張ったが重力には逆らえなかった…それをスローモーションのように見ていたおいらだった。

博多の夜は更けてゆく…。

ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2014年12月 2日 (火)

大阪~博多~鹿児島の旅…博多到着

あれだけ土砂降りだった雨も福岡空港に着く頃にはやんでいた。

Dsc04300

どうやら博多は我々を歓迎してくれてるようで…。

「横光は『歓迎』って横断幕持って待ってるんだろうな」モリックさんがつぶやく。

「ほら、大きな顔であそこに立ってますよ」と岩下さん。

Dsc04302

さすがに横断幕は持ってなかったが、とびきりの笑顔で歓迎してくれた。

「ずっと飛行機見てましたよ~」到着が大幅に遅れた我々を待ちくたびれていたようだ。

地下鉄に乗って赤坂駅へ。

Dsc04308

ランチは以前にもお世話になったことのある博多料亭稚加榮。

ここは明太子が食べ放題…夜は高いが昼間はめっちゃお得なランチセットがある。

Yokomitsu

岩下さんはチューブに入った明太子を「おかわりー」やな客だねぇ。

久しぶりの対面の横光さんとの話にも花が咲く。

「おぉぉ…苦労してんだねぇ」って新婚で幸せ絶頂じゃん!

稚加榮の横には明太子の販売店。

Dsc04310

ここで家族や友人、会社の同僚たちにたっくさんの明太子を購入。

帰る頃には着いてるだろうと岩下家へ発送。

横光さんも気前よく会社の仲間たちへと3個買ってくれました。

おいらは家族はもちろん明日向かう鹿児島の友人にひと箱…これがのちのちの事件の引き金となった。

Dsc04312

ホテルにチェックイン。

おいらは稚加榮で鹿児島の友人用に購入した明太子を冷凍していただけるように頼み預けた。

とりあえず部屋に荷物を置きに行き、さっそく唯一の観光スポットへってところで事件発生。

「おいらの携帯がない」

ほら、始まった。

部屋に戻って探す探す探す…ない。

岩下さんがすぐに稚加榮へ電話連絡してくれる「スマホの忘れ物なかったでしょうか」。

ない。

いったん全員でおいらの部屋に戻りどこに置いてきたのかを考える。

いや…あの店にはないよ…だってスマホの地図見ながらホテルまで来たんだから。

「あーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!」

もしや?

冷凍しといてと預けた明太子の紙袋のなかに…まさかなぁ?

「いやそれでしょ」岩下さんが叫ぶ。

とにかくフロントへ。

「さっき預けた明太子の中にスマホが入ってないでしょうか」

あわてて探しに行ってくれるお姉さん。

戻ってきて「キンキンに冷えておりました」ギャグってくれた…あぁ助かった…生きてるし。

部屋に戻り皆に詫びる。

「カンベンしてくださいよ」とモリックさん…ごめんなさい。

どこかカフェでコーヒーでも飲みながらやろうとしてた会社同僚へのお土産抽選会。

Dscf2084

もうここでやっちゃえ。

Dscf2093

横光さんも用意してくれた明太子3箱の抽選終了。

さぁ~時間押してます…観光に行きましょう!

ランキング挑戦中(いっこ押してもらうと喜びますよ)⇒にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフィフオヤジへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »